close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2021年12月1日

夏の感染症流行状況(2013年)

県内の発生状況 2013年第51週(12月16日から12月22日)現在

咽頭結膜熱(プール熱)

第51週の咽頭結膜熱の患者報告は65人(定点当たり1.8人)で、第50週の39人(定点当たり1.1人)から増加しました。

引き続き松山市保健所で多発し、今治保健所や中予保健所でも増加傾向がみられます。

全国でも第46週(11月中旬)以降増加が続いており、注意が必要です。

感染経路は、咳やくしゃみなどの飛沫感染と、ウイルスが付着したタオル、ドアノブ等を介した接触感染が中心で、保育園等の集団生活で感染が広がることがあります。

感染予防として、液体せっけんを用いた手洗いを励行し、タオルやコップの共用は避けましょう。

図 咽頭結膜熱の週別発生動向(過去5年間との比較)

図 咽頭結膜熱の保健所別発生動向

[ページトップへ]

手足口病

手足口病の患者報告数は、第51週19人(定点当たり0.5人)で、第50週9人(0.2人)から微増しました。

松山市保健所と今治保健所を中心に、各地で散発が続いています。

本疾患は、コクサッキーウイルスA16(CA16)、CA10、エンテロウイルス71(EV71)などのエンテロウイルスが主な原因となり、基本的に予後が良好な疾患です。しかし、EV71は急性髄膜炎や急性脳炎などの中枢神経合併症の発生率が他のウイルスより高いことが知られており、注意が必要です。(手足口病に関するQ&A 厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)

図 手足口病の週別発生動向(過去5年間との比較)

図 手足口病の保健所別発生動向

[ページトップへ]

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナの患者報告数は、第51週10人(定点当たり0.3人)で、第50週2人(定点当たり0.1人)から微増しました。

今治保健所、宇和島保健所を除く各地で散発しています。

図 ヘルパンギーナの週別発生動向(過去5年間との比較)

図 ヘルパンギーナの保健所別発生動向

[ページトップへ]

参考

咽頭結膜熱、手足口病、ヘルパンギーナに関するホームページ

[一つ前に戻る]

[感染症情報センターに戻る]

お問い合わせ

保健福祉部衛生環境研究所

〒791-0211 東温市見奈良1545番地4

電話番号:089-948-9678

ファックス番号:089-948-9677

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ