close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 感染症情報 > 愛媛県感染症情報センター > トピックス > インフルエンザ情報(2009/2010シーズン)

ここから本文です。

更新日:2021年12月1日

インフルエンザ情報(2009/2010シーズン)

県内の発生状況 平成22年第14週から第34週(4月5日から8月29日)の動向

新型インフルエンザの最初の流行、いわゆる第1波は3月に沈静化しました(第1波の疫学的特徴へのリンク)。その後、県内では散発的な発生にとどまり、第34週現在、新型、季節性ともに新たな流行はありません。

平成22年第14週から第34週(4月5日から8月29日)に、定点から報告のあった患者数は、24人(定点当たり0.39人)でした。例年、4月から6月に発生していたB型インフルエンザの小流行もなく、1999/2000シーズン以降(9シーズン平均定点当たり16.52人)では、最も低い発生レベルでした。保健所別の定点当たり報告数は、四国中央地区 1.60人、松山地区 0.86人、八幡浜地区 0.57人、松山市 0.24人、西条地区 0.20人で、今治地区と宇和島地区からの報告はありませんでした。年齢階級別の報告数は、10歳未満が16人、10歳代が5人、30歳代が3人でした。

第15週から第19週(4月12日から5月16日)にかけて、県内各地で散発的な発生が続き、インフルエンザ様疾患による学級閉鎖の報告も1件ありました。その後、定点からの患者報告はなく、発生の拡大は見られませんでした。

第29週(7月19日から7月25日)以降、西条地区、四国中央地区で少数例の報告が続き、第33週(8月16日から8月22日)に四国中央地区で採取された患者検体から、インフルエンザウイルスA香港型が検出されました。

図-愛媛県の週別インフルエンザ患者発生状況(過去5シーズンとの比較)

平成22年第35週以降の動向はこちらをご覧ください(2010/2011シーズンへのリンク)

[一つ前に戻る]

[感染症情報センターに戻る]

お問い合わせ

保健福祉部衛生環境研究所

〒791-0211 東温市見奈良1545番地4

電話番号:089-948-9678

ファックス番号:089-948-9677

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ