close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2021年2月16日

介護する:成年後見制度

認知症が進むと、財産管理が困難になり、悪徳商法などの被害者となる犯罪も多発しています。

このため、認知症高齢者を含め、判断能力が不十分な方の自己決定権を尊重し、支援する制度として、「成年後見制度」が創設されています。

成年後見制度には、家庭裁判所が成年後見人等を選任する「法定後見」とあらかじめ本人が任意後見人を選ぶ「任意後見」があります。

「法定後見」は、本人の判断能力に応じて、「後見」「保佐」「補助」があり、また、「任意後見」は、本人に十分な判断能力があるうちに、任意後見受任者と契約を結び、判断能力が不十分な状況になったときに備える制度です。

詳しくは、お近くの地域包括支援センターにご相談ください。

キャラクター挿絵(ポン太さん)花

メニュー

 

お問い合わせ

保健福祉部長寿介護課 介護予防係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2431

ファックス番号:089-935-8075

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ