close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2021年1月6日

会員であるご家族の方からのメッセージ紹介2

認知症高齢者及び家族の思い

会員であるご家族の方からのメッセージ紹介

花キャラクター挿絵(カワウソママ)

[2]Kさん(女性)

現在、86歳の実父は要介護度3で老人保健施設のお世話になっています。

そして、特別養護老人ホームへの入所を待ちながら、施設の職員さんの適切な介護で、平穏な日々を送っています。

9年前、交通事故で頭部内出血の治療を受け、その後認知症と診断されました。

父の退院後、私は仕事を辞め、在宅で父を介護しましたが、認知症の理解のなかった私は、外出しようとする父を説得しようとしたり、夜大声を出すとたしなめたりして、父も余計に混乱し、夜昼なく外出したり、服や障子を破ったりしました。

とうとう、一ヶ月で主人は胃を悪くし、息子は学校から帰ると部屋に直行となりました。

近所の、認知症のご家族のおられる方から、病院の認知症相談室を紹介していただき、入院となりました。

病院の方々の患者さんへの接し方を目の当たりにし、父を混乱させていた原因が自分であったと気付いたのです。

家族が介護するのが一番と考えていたのは私の思い上がりでした。

イライラした私の心の鏡が父の行動でした。

今、私はホームヘルパーをしています。

自分の親を介護しないで、よその人を‥‥と、当初は自分を責めたりもしました。

自分が認知症になった時、どうして欲しいかを考えたとき、子供たちに仕事を辞めてまで、在宅で看て欲しくはありません。

だから、父もそう思ってくれていると思っています。

今年の正月、父が絵馬に「ありがとう、○○子」と書いてくれました。

穏やかに施設で暮らす父の笑顔に元気をもらっています。

花

お問い合わせ

保健福祉部長寿介護課 介護予防係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2431

ファックス番号:089-935-8075

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ