close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 県概要 > 組織案内 > 愛媛県の組織と主な仕事 > 長寿介護課 > 令和3年度愛媛県高齢者福祉施設等における新型コロナウイルス感染症検査費用補助金について

ここから本文です。

更新日:2021年4月19日

令和3年度愛媛県高齢者福祉施設等における新型コロナウイルス感染症検査費用補助金について

補助金の内容

県では、高齢者福祉施設・事業所、障がい福祉施設・事業所及び救護施設等が施設への新規入所者や、研修や冠婚葬祭などのやむを得ない事情により感染拡大地域を訪問した職員に対して自主的に行う検査費用について、一定額の支援を行います。

補助金の対象者

本事業による補助を受けることのできるのは、以下の1~3のいずれかに該当する利用者や職員等に対し自主検査を行った施設等(Q&A掲載施設)を運営する法人です。

  1. 入所系施設等に新規入所する利用者(障がい福祉施設・事業所、救護施設に限る。高齢者施設・事業所については、所在の市町が補助を実施しておりますので、そちらにご確認ください。) 
  2. 業務に関連する資格試験受験又は研修受講、冠婚葬祭、その他のやむを得ない理由により、愛媛県と緊急事態措置の実施区域とを往来した職員等
  3. その他県が必要と認める利用者及び職員

3月15日(月)~4月18日(日)の期間に限り、「3その他県が必要と認める利用者及び職員」として、以下の2つを認めることとします。

  •  やむを得ない理由により、本人又は同居者(帰省中の家族を含む)が、感染が懸念される地域(※)と往来した職員

※令和3年2月末時点の緊急事態宣言対象地域(10都道府県:東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、岐阜県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県)

  • 県外から転勤又は就職した職員

上記に加え、3月25日(木)~当面の間、「3その他県が必要と認める利用者及び職員」として、次に掲げる者を認めます。

  • 対象期間中に感染拡大防止のため、施設等が検査が必要だと判断した職員

※詳しくは、実施要綱第3条、Q&Aをご確認ください。

本補助金の対象経費

令和4年3月31日までに行った感染拡大防止に必要な自主検査(PCR検査又は抗原検査であって、行政検査によらないもの。)費用。

本補助金の補助額

自主検査一件につき、次に掲げる額のうち、最も少ない額を検査ごとに算定し、その合計額とする。(千円以下切り捨て)

  1. 検査費用の実費
  2. 検査1件当たりの基準額 抗原検査:3,000円 PCR検査:5,000円(別途、県が定める場合はその金額)

参考)自費検査を提供する検査機関一覧

自費検査を提供する検査機関一覧(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)

関係資料

令和3年3月末までに実施した検査は以下の様式で申請してください。

 ※令和3年3月末までに実施した検査の申請は4月30日が締め切りですので、早めにご提出ください。(交付要綱第3条のとおり) 

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部長寿介護課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2430

ファックス番号:089-935-8075

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ