close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 高齢者福祉 > 法令・計画等 > 療養病床の再編成について

ここから本文です。

更新日:2021年1月19日

療養病床の再編成について

療養病床の再編成

病院、診療所の病床(入院用のベッド)のうち、医学的な管理のもとに療養を行う療養病床については、医療保険の適用となる医療療養病床と、介護保険の適用となる介護療養病床(=介護療養型医療施設)があります。

国は、医療構造改革の一環として、介護療養型医療施設(介護療養病床)を順次、介護保険施設等に転換のうえ、平成29年度末に廃止することとしていましたが、「地域包括ケアシステムの強化のための介護保険法等の一部を改正する法律(平成29年法律第52号)により、主な転換先の介護保険施設として「介護医療院」が創設されるとともに、令和5年度末(令和6年3月31日)まで廃止期限が延長されています。

療養病床の再編成に関する相談窓口

施設転換関係・転換助成関係

愛媛県保健福祉部生きがい推進局

長寿介護課介護事業者係

電話番号:089-912-2432

医療法関係

愛媛県保健福祉部社会福祉医療局

医療対策課医療機関係

電話番号:089-912-2384

療養病床転換の助成制度について

療養病床転換ハンドブック

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部長寿介護課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2430

ファックス番号:089-935-8075

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ