close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 高齢者福祉 > サービス事業者 > 令和3年度ICT機器導入促進事業費補助金について

ここから本文です。

更新日:2021年6月14日

令和3年度ICT機器導入促進事業費補助金について

愛媛県では、介護分野における生産性向上が、職場環境の改善や人材確保の観点から、重要な課題であることを踏まえ、介護記録や記録に基づく事業所内での情報共有、介護報酬請求業務等、介護業務の効率化につながるICT導入を支援するため、ICT機器を導入する県内の介護サービス事業者に対し、経費の一部を補助します。

補助対象者

愛媛県内に所在する介護サービス事業者を運営又は開設する者(介護サービス事業者の指定又は認可を受けた者)

補助対象機器

次の(1)又は(2)の要件を満たし、かつ、(3)の要件を満たすICT機器

(1)ソフトウェアに係る要件

記録業務、情報共有業務(事業所内外の情報連携含む。)、請求業務について、転記等の付随業務が発生することのないよう一貫したサービスを提供するソフトフェア(以下「介護ソフト」という。)であって、次の1から3までのいずれにも該当するものであること。

  1. A居宅介護支援事業所、訪問介護事業所等(居宅介護支援事業所や介護予防支援事業所の介護支援専門員が作成する居宅サービス計画や介護予防サービス計画に基づきサービス提供をするものに限る。)が、介護ソフトを導入する場合は、「居宅介護支援事業所と訪問介護などのサービス提供事業所間における情報連携の標準仕様」(令和2年3月26日改正)(PDF:1,548KB)に準じたものを導入する場合に限るものであること。
  2. B導入する介護ソフトについて、日中のサポート体制を常設していることが確認できる製品であること。
  3. C研究開発品ではなく、企業が保証する商用の製品であること。

(2)ハードウェアに係る要件

介護ソフトをインストールしたタブレット端末、スマートフォン、インカム等のハードウェアであること。ただし、業務に限定して使用するものに限ります。

(3)個人情報保護に係る要件

個人情報保護の観点から、十分なセキュリティ対策を講じているものであること。

(注)ハードウェアのみを補助対象とする場合、既に介護ソフトによって記録業務等が一気通貫であることが必要となります。

補助率、補助対象経費等

(1)補助率:次の要件のいずれかを満たす場合は4分の3、それ以外は2分の1

  • CSV連携の標準仕様を実装した介護ソフトを活用して科学的介護情報システム(LIFE)にデータ提供している又は提供を予定している。
  • 事業所内・事業所館で居宅サービス計画書等のデータ連携を行っている又は行うことを予定している。

(2)補助限度額(事業所の職員数に応じた金額)

  • 1名以上10名以下の場合・・・・・・1,000,000円
  • 11名以上20名以下の場合・・・・・1,600,000円
  • 21名以上30名以下の場合・・・・・2,000,000円
  • 31名以上・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2,600,000円

(3)対象経費:次に掲げる購入費、リース又はレンタル等に要する費用

タブレット端末・スマートフォン・インカム等ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク機器の購入・設置、クラウドサービス、保守・サポート、導入設定、導入研修、セキュリティ対策、ICT導入に関する他の事業者からの照会等に応じた場合の経費

(4)ICT導入計画一計画につき一回の補助

要綱、様式等

補助金の申請

申請書等は、個々の事業所ではなく、法人単位で御提出ください。

(1)申請書受付期間(公募期間)

令和3年6月14日(月曜日)から令和3年7月30日(金曜日)まで(当日の消印有効)

(2)提出先(持参又は郵送にてご提出ください)

〒790-8570松山市一番町4-4-2

愛媛県保健福祉部生きがい推進局長寿介護課長寿政策係

電話:089-912-2446、FAX:089-935-8075

(3)提出書類

留意事項

  • 他の補助金等との重複交付はできません。
  • 「高齢者施設等におけるオンラインでの面会の実施について」(令和2年5月15日厚生労働省老健局総務課認知症施策推進室ほか3課事務連絡)において、本補助金により既に導入されたタブレット端末等ハードウェアをオンライン面会に使用しても差し支えないこととされているが、本補助金は、介護分野の生産性向上のため、介護ソフト等の導入により介護記録・情報共有・報酬請求等の業務効率化を図ることを目的としていることから、交付要綱に規定する要件等を満たすことなく、専らオンライン面会に使用することのみを目的として、新規にタブレット端末等ハードウェアを導入する場合は、本補助金の交付対象となりません。
  • 申請内容を審査し、申請受付期間後に交付を決定します。※先着順ではありません。
  • 予算の範囲内で交付を決定しますので、全ての要望にお応えできないこともあります。
  • 県の交付決定前に要した経費は、補助対象としません。
  • 厚生労働省において令和3年度より科学的介護情報システム「LIFE」の運用を開始していることから、本事業によりICTを導入した事業所におかれては、LIFEによる情報収集に御協力をお願いします。なお、LIFEの登録状況確認のため、交付申請書(又は実績報告書)の提出の際に併せてLIFEの利用登録がわかる「登録画面」等の打ち出しの提出をお願いします。

相談・支援について

県では、ICT普及促進に向けた事業者向けセミナーや、ICT機器を導入する事業所に最適なシステム環境整備に関する相談・支援を次のとおり実施しております。

導入効果報告(令和2年度分)

(1)導入効果報告について

厚生労働省より、従前のExcelでの提出からWEBアンケートに回答する方式に変更になった旨、連絡がありましたので、下記URLから入力の上、ご提出をお願いします。

(注)令和元年度分については、提出は必須ではありませんが、可能な限り報告をお願いします。

  • 提出期限:令和3年5月31日

(留意事項)

  • 回答の目安は15分~30分程度です。
  • 入力内容の一時保存ができないため、中断した場合は再度はじめからの入力となります。

(2)今後のICT化の推進方策の検討のため、従業者アンケート調査(無記名・任意)にご協力をお願いします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部長寿介護課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2432

ファックス番号:089-935-8075

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ