close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 結婚・子育て支援 > ひとり親家庭 > 平成26年12月1日から児童扶養手当と公的年金等との差額分が受給できるようになります

ここから本文です。

更新日:2014年10月30日

平成26年12月1日から児童扶養手当と公的年金等との差額分が受給できるようになります

児童扶養手当と公的年金等との併給制限の見直しについて

これまで公的年金等を受給できる場合は、児童扶養手当は受給できませんでしたが、平成26年12月以降は年金額が児童扶養手当額を下回るときは、その差額分の手当を受給できるようになります。

手当の申請

平成26年12月1日以降から申請ができますが、事前に申請手続きを行うこともできますので、詳しくはお住まいの市町にお問い合わせください。

【経過措置】

今回の改正により、平成26年12月1日において児童扶養手当の支給要件に該当する方が、平成27年3月31日までに申請手続きをした場合は、平成26年12月分までさかのぼって手当の受給が可能になるなどの経過措置が設けられています。この期間を過ぎると、手当の支給は申請した日の属する月の翌月からの支給となりますので、ご注意ください。

手当の最初の支払月

児童扶養手当の支払は、毎年4月、8月、12月に、その前月分までの手当が支払われるため、最初の支払月は平成27年4月になります。

 

※制度改正の詳細は、下記リンク先をご参照ください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部子育て支援課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2410

ファックス番号:089-912-2409

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ