文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 結婚・子育て支援 > ひとり親家庭 > 平成30年7月豪雨災害により被害を受けられた方に対する母子父子寡婦福祉資金貸付金の支払猶予について

ここから本文です。

更新日:2018年7月12日

平成30年7月豪雨災害により被害を受けられた方に対する母子父子寡婦福祉資金貸付金の支払猶予について

平成30年7月の西日本豪雨により被災された皆様には、心よりお見舞い申しあげます。

今回の被害により、母子父子寡婦福祉資金貸付金の償還を行うことが著しく困難になった場合は、申請書を提出いただくことにより、償還金の支払を猶予できる場合があります。

なお、猶予期間は最長1年で、被災証明書の提出が必要となります。

また、連帯借主が償還できる場合は、この限りではありません。

県子育て支援課または貸付の手続きをされた市福祉事務所、県地方局地域福祉課までご相談ください。

お問い合わせ

保健福祉部子育て支援課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2410

ファックス番号:089-912-2409

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ