close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2015年7月28日

臓器移植について

臓器移植とは?

臓器移植とは、重い病気や事故などにより臓器の機能が低下し、移植でしか治療できない方と死後に臓器を提供してもいいという方を結ぶ医療です。

第三者の善意による臓器の提供がなければ成り立たない医療です。

日本で臓器の提供を待っている方は、およそ13,000人です。それに対して移植を受けられる方は、年間およそ300人です。

脳死ってなに?

脳死とは、頭部外傷や脳卒中などによって、呼吸などを調節している脳幹を含めて脳全体の機能が失われ、二度と回復しない状態をいいます。

脳機能を喪失しても、人工呼吸器等により心臓の搏動を一時的に維持することは可能ですが、通常は、このような治療を行ってもやがて(多くは数日後)心臓も停止してしまいます。

全死亡者のうち、脳死になるのは1%未満だと言われています。

脳死と植物状態の違い

脳死と植物状態の違い図脳、小脳、脳幹の各機能図

提供できる臓器

脳死からの提供は肺、心臓、肝臓、小腸。脳死又は心停止五の提供は、眼球、脾臓、腎臓の図

臓器移植支援センターとは?

愛媛県における臓器移植の推進体制を整備するため、平成10年4月に愛媛県立衛生環境研究所内に設置した県の組織です。センターには県の移植コーディネーターを専任で配置しているほか、臓器移植に関する検査なども実施しています。

臓器移植に関する照会や相談をはじめ、講演等の依頼などについても、お気軽にご相談ください。

移植を受けたい方へ

臓器の移植を受けたい方は、公益社団法人日本臓器移植ネットワークに登録する必要があります。通院している透析施設から移植施設に申し出て、ブロックセンターを通じて登録します。登録には、移植した場合の組織の適合性から移植の優先順位を決めるため、血液検査が必要となります。愛媛県では、県の組織である臓器移植支援センターで検査を行っています。また、センターには、県の移植コーディネーターが配置されていますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

保健福祉部医療対策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2445

ファックス番号:089-921-8004

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ