close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2019年2月1日

腎臓移植について

腎臓移植の現状

全国で腎不全による透析患者は約31万9千人(平成26年末現在)、1年間に約5千人の割合で増加しています。
腎不全の唯一の根治療法は腎臓移植であり、多くの患者さんがこれを待ち望んでいます。
これに対し、国内での腎臓移植は、1年間に約1,500件に過ぎず、腎不全患者の希望に応えることが難しい状況にあります。

腎臓移植の方法

死体腎移植

健康な腎臓をお持ちの方が死亡されたとき、ご家族の同意を得た上で、その2個の腎臓の提供を受け、2人の腎不全患者に移植します。

腎臓は、脳死からでも心臓停止後でも提供できます。

生体腎移植

患者の親、兄弟などの1人から、その生存中に片方の腎臓をもらって移植を行います。

お問い合わせ

保健福祉部医療対策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2445

ファックス番号:089-921-8004

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ