close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2021年7月14日

医師確保奨学金制度

医師確保奨学金制度は、愛媛県の医療機関に勤務する医師を確保することを目的とした制度です。
「将来、皆さんに愛媛県の地域医療を担っていただきたい」という願いから実施しており、一定期間、県内公立医療機関等に勤務した場合に奨学金の返還を免除します。医学生、研修医の皆さん、将来、愛媛県で一緒に働きませんか。

愛媛県地域医療医師確保短期奨学金貸与制度

全国大学の医学生及び研修医の皆様を対象とした短期の奨学金制度です。
ご希望に応じて、2年間から4年間の貸与期間が選択できます。

本県では、内科、小児科、外科、整形外科、産婦人科及び総合診療に従事する医師が求められており、
その中でも特に求められている「産科」については、「特定診療科」として設定しています。

愛媛の地域医療の担い手となる意欲ある方の応募をお待ちしています

令和3年度募集人数

特定診療科枠:3名

一般枠:若干名

貸与対象者

将来、愛媛県内の医療機関で一定期間、医師の業務に従事する意志のある次の方

(1)全国の大学医学部医学科3年生~6年生(令和3年4月1日時点)

(2)初期臨床研修医(令和3年4月1日時点)

(3)後期(専門)研修医(令和3年4月1日時点)

貸与期間

貸与対象者に記載する(1)から(3)の期間(初期研修は2年以内、専門研修は3年以内)のうち、連続する2年間から4年間

貸与額

特定診療科枠:月額20万円

一般枠:月額10万円

  • 特定診療科枠の場合は、特定診療科の医師として、知事が指定する医療機関に勤務した場合、貸与額の全額が返還免除されます。
  • 貸与期間と同期間、知事が指定する医療機関に勤務した場合、貸与額の全額が返還免除されます。

受付期限

令和3年3月1日(月曜日)から令和4年2月28日(月曜日)必着

その他

応募者に対して面接を実施する予定です。(面接場所:愛媛県庁)

(面接日時、場所等は、申請された方に対し、別途連絡します。)

各種ファイルダウンロード

募集チラシ(PDF:794KB)

短期奨学金募集要項(令和3年度版)(PDF:250KB)

短期奨学金申請書様式(ワード:33KB)

短期奨学金制度のしおり(令和3年度版)(PDF:389KB)

奨学基金条例(PDF:128KB)

奨学基金条例施行規則(PDF:190KB)

奨学基金条例施行規則様式(PDF:230KB)

愛媛県地域医療医師確保奨学金貸与制度

愛媛大学医学部医学科「地域特別枠(推薦B)」入学生を対象とした奨学金制度です。
入学試験(出願等)に関しては、愛媛大学医学部までお問合せください。

対象及び貸与人数

愛媛大学医学部医学科

「地域特別枠(推薦B)」入学生(愛媛県枠)20人

貸与期間

大学在学期間(6年間を限度とします。)

貸与額

入学金(1年次のみ)282,000円
授業料(年額)535,800円
奨学金(生活費月額)100,000円

(卒業後9年間(3年間の研修期間を含む。)、知事が指定する医療機関に勤務した場合、貸与額の全額が返還免除されます。)

出願期間

愛媛大学医学部医学科「地域特別枠(推薦B)」(愛媛県枠)

出願情報の登録期間:令和2年10月19日(月曜日)10時~令和2年11月6日(金曜日)16時

検定料の支払期間:令和2年11月2日(月曜日)0時~令和2年11月6日(金曜日)16時

出願書類の提出機関:令和2年11月2日(月曜日)~令和2年11月6日(金曜日)

 その他

大学の選抜試験において県の面接を実施します。

各種ファイルダウンロード

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部医療対策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2445

ファックス番号:089-921-8004

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ