文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 障がい者福祉 > 相談窓口・支援等 > 研修報告 > 平成28年度発達障がい支援者研修会

ここから本文です。

更新日:2017年3月24日

平成28年度発達障がい支援者研修会

研修会の目的

  •  早期幼児期における発達障がいの早期発見・早期支援の意義について理解を深める。
  •  M-CHATの使用の手順及び活用方法について理解する。

※M-CHAT(乳幼児期自閉症チェックリスト修正版)とは、2歳前後の幼児に対して、自閉症スペクトラム(Autism Spectrum Disorders:ASD)のスクリーニング目的で使用される、親記入式の質問紙である。(稲田尚子・神尾陽子(2008):自閉症スペクトラム障害の早期診断へのM-CHATの活用.小児科臨床61,2435-2439から抜粋)

M-CHATについては、独立行政法人国立精神・神経医療研究センター 児童・思春期精神保健研究部のホームページをご覧ください。(外部サイトへリンク)

 研修の内容

  • 日時 平成29年3月12日(日曜日)13時~16時30分
  • 場所 愛媛県視聴覚福祉センター 4階 多目的ホール
  • 対象者 乳幼児健診に従事する保健師、看護師、保育士、幼稚園教諭及び発達障がい児への支援に関わる関係者
  • 受講者 163名
研修内容

テーマ

担当

資料

行政報告「愛媛県の発達障がい児支援について」 愛媛県障がい福祉課 資料(PDF:2,857KB)
情報提供「発達障がい者支援センターあい❤ゆうの取り組みから」 愛媛県発達障がい者支援センター 資料(PDF:911KB)
行政報告「愛媛県における乳幼児健診について」 愛媛県健康増進課 資料(PDF:1,248KB)
活動報告「新居浜市版M-CHATを導入しての現状と課題」 新居浜市保健センター 資料(PDF:1,026KB)
講演「発達障がいの早期発見のポイントと早期支援の意義~M-CHATの活用方法~」

国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所

児童・思春期精神保健研究部長 神尾 陽子

資料なし

 

研修風景研修風景1

 県の担当者から、発達障がい関連施策、乳幼児健康診査の状況、発達障がい者支援センターの相談者の状況や県内におけるM-CHATの導入状況等について説明を行いました。

 また、新居浜市保健センターからは、M-CHAT導入の経緯、導入の現状、課題等を報告していただきました。

 

 

 

 

 

 

 

研修風景2

 神尾陽子先生からは、育児支援の中での発達障がい児支援やM-CHATの活用方法等についてご講演をいただきました。

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部子ども療育センター

〒791-0212 東温市田窪2135 

電話番号:089-955-5533

ファックス番号:089-955-5546

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ