文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 防災・危機管理 > 防災対策 > 一人も見逃さないための3つの知恵

ここから本文です。

更新日:2018年1月25日

一人も見逃さないための3つの知恵

大規模災害時の救出活動では、行政の支援にも限界があることから、家族やご近所による助け合いの力に頼らざるを得ないことが予測されます。そして、高い救出力を発揮した地域では、日頃から防災活動や福祉活動、地域づくりに力を入れていたことが報告されています。地域コミュニティの大切さを理解し、一人も見逃さない地域づくりを進めましょう。

一人も見逃さないための3つの知恵

1 すばやく支援が必要な人を見つける

日常から見守りあえる地域づくりをめざします。

2 冷静さを保ち情報を活かし抜く

役員を中心に機能する自主防災組織をめざします。

3 自ら声をかけあい救助活動を行う

若い力が加われるように、連携体制を工夫します。

 

  

お問い合わせ

保健福祉部保健福祉課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2380

ファックス番号:089-921-8004

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ