文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 防災・危機管理 > 防災対策 > 災害時要援護者支援をどのように進めますか?

ここから本文です。

更新日:2018年1月25日

災害時要援護者支援をどのように進めますか?

災害時要援護者支援の目標は「少しでも被害を減らす」ことであり、災害発生後、「一人も見逃さない」ための支援と言えます。そのためには、市町職員のほか、全国の自治体や関係機関、そして住民との協働による課題解決が不可欠になります。行政による対応(公助)と住民による地域での取り組み(共助)、被災者(要援護者)自身の減災への努力(自助)がそれぞれの利点と特性を活かし、重なり合うことによって相乗効果を生み出せるよう、平常時から支援体制づくりや住民による“災害にも強い”地域づくりを推進することが必要です。

参考:大阪府堺市災害時要援護者避難支援ガイドライン

  

お問い合わせ

保健福祉部保健福祉課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2380

ファックス番号:089-921-8004

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ