文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 防災・危機管理 > 防災対策 > 災害時要援護者支援では、どのような支援が必要なのでしょうか?

ここから本文です。

更新日:2018年1月25日

災害時要援護者支援では、どのような支援が必要なのでしょうか?

台風・風水害の被災地では、早目の避難命令が発令される場合などがあり、こういった場合、災害時要援護者支援は「対象者に声をかけ、避難誘導を行う」ことから始まります。避難命令の発令が遅れた場合や地震災害の被災地などでは、災害時要援護者支援として必要になることは、以下の5つです。

  1. すばやく、対象者の安否を確認する。
  2. 対象者の優先順位を定めて救出活動を行う。
  3. 対象者が安心拠点を確保し、専門機関の支援を受けることができるよう避難誘導や移送支援を行う。
  4. 対象者が避難所生活や在宅生活を円滑に行えるよう支援を行う。
  5. 住宅被害者である要支援者に対して、住宅の確保に関する支援を行う。

  

お問い合わせ

保健福祉部保健福祉課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2380

ファックス番号:089-921-8004

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ