文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 防災・危機管理 > 防災対策 > 災害時要援護者とは誰のことでしょう

ここから本文です。

更新日:2018年1月25日

災害時要援護者とは誰のことでしょう

災害時要援護者とは、災害発生時に一人で避難することが難しい人、避難生活などが困難な人のことです。水害や地震の被災地では、高齢者が亡くなる割合が高く、また、避難所生活における関連死・入院に至る事例では、障害のある人や乳幼児などが報告されています。このようなことから、自分の力だけでは災害対応を行うことが難しい人たちへの対策が不可欠であることから、災害時要援護者支援に力が注がれています。

「災害時要援護者避難支援ガイドライン」における災害時要援護者の定義は以下の通りです。
『高齢者、障害者、外国人、乳幼児、妊婦など災害時の一連の行動をとるのに支援を必要とする人々』


  

お問い合わせ

保健福祉部保健福祉課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2380

ファックス番号:089-921-8004

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ