文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 防災・危機管理 > 防災対策 > 災害時の避難所を、安心拠点にするために

ここから本文です。

更新日:2018年1月25日

災害時の避難所を、安心拠点にするために

福祉避難所の設置期間は?

被災の状況によって設置期間は異なります。災害発生後、3日から1週間で福祉避難所を開設することが望ましいと考えられます。入所された方の様子を踏まえて、また、ライフラインの復旧が進み、地域での生活が可能になれば、福祉避難所を閉鎖します。

福祉避難所の設置・運営は?

市町が設置し、社会福祉法人などと連携して運営します。すばやく拠点を確保し、バリアフリー化を心がけるとともに、ベッドや介護機器など、必要な備品・消耗品を確保します。災害により上下水道に被害がある場合、トイレと入浴の対策は最重要事項になります。そのため、事前協定化などにより、施設や必要な資器材のスムーズな確保を行うことが必要となる場合があります。また、全国各地からの専門職の派遣を要請することも検討します。

  

お問い合わせ

保健福祉部保健福祉課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2380

ファックス番号:089-921-8004

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ