文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 防災・危機管理 > 防災対策 > 被災者は避難所に避難します

ここから本文です。

更新日:2018年1月25日

被災者は避難所に避難します

避難所とは、災害によって短期間の避難生活を余儀なくされた場合に、一定期間の避難生活を行う施設のことです。地域の学校の体育館などの施設が指定されている場合が多く見受けられます。

避難所となる施設は、市町ごとに策定される地域防災計画により指定されている事が多くなっています。

 

一般避難所の一例

一定期間とはいえ大人数で生活するため、上手に運営を行わなければ、様々な問題が発生します。プライバシーの確保、場所の活用、資材分配、通常生活の地域コミュニティで抱える問題の延長線上の問題、関連死などが発生すると言われています。しかし、阪神・淡路大震災以降、社会福祉協議会や民生委員、災害ボランティアの経験を積んだ組織の活動などにより、安心で快適な避難所の運営を目指した先進的な事例報告が残されています。

  

お問い合わせ

保健福祉部保健福祉課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2380

ファックス番号:089-921-8004

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ