close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 環境 > 自然保護 > 愛媛県内の「野鳥監視重点区域」の解除について

ここから本文です。

更新日:2021年1月19日

愛媛県内の「野鳥監視重点区域」の解除について

令和2年12月16日、高知県宿毛市の養鶏場において、家きんにおける高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたことから、環境省が愛南町の一部を含む発生農場の周辺半径10km圏内を「野鳥監視重点区域」に指定し、県と愛南町が監視を強化してきたところですが、その後、当該区域内で野鳥の大量死等の異常は確認されなかったため、令和3年1月18日24時に当該区域は解除されました

愛媛県の対応について

  • 愛媛県南宇和郡愛南町の一部が「野鳥監視重点区域」に含まれたため、監視を強化しました。
  • 野鳥のサーベイランスにおける全国の対応レベルは、11月5日付けで最高レベルとなる「対応レベル3」に引き上げられ、全国で野鳥の監視強化が継続しています。「野鳥監視重点区域」以外でも野鳥に関する監視体制の強化や情報収集に努めています。

令和2年12月24日、野鳥監視重点区域内にある渡り鳥の飛来地等4箇所において、愛媛県が野鳥緊急調査(飛来状況等の調査)を実施したところ、野鳥の大量死等の異常は確認されませんでした。

[参考]野鳥緊急調査で確認された鳥類

検査優先種

種数

種類

検査優先種1

3種

ヒドリガモ、キンクロハジロ、カイツブリ

検査優先種2

4種

マガモ、ホシハジロ、オオバン、ノスリ

検査優先種3

6種

カルガモ、コガモ、ヨシガモ、カワウ、アオサギ、トビ

合計

13種

 
検査優先種:「野鳥における高病原性鳥インフルエンザに係る対応技術マニュアル」(環境省自然環境局)において、感染して死亡しやすい種を中心に設定しているものです。

ご留意ください

  • 鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触等の特殊な場合を除いて、通常では人には感染しないと考えられています。日常生活においては、鳥の排泄物等に触れた後には手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありませんので、冷静な行動をお願いします。
  • 環境省が作成した下記のリーフレット「野鳥との接し方について」に十分留意されるようお願いします。

死亡野鳥を見つけたら>>野鳥における鳥インフルエンザについて

関連サイトへのリンク

鳥インフルエンザに関するリーフレット

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部自然保護課 生物多様性係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2365

ファックス番号:089-912-2354

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ