close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > ごみ・リサイクル > 減量化・リサイクル > 瀬戸内地域4県と日本財団による海洋ごみ対策に係る連携・協力及び共同事業の開始について

ここから本文です。

更新日:2020年12月28日

瀬戸内地域4県と日本財団による海洋ごみ対策に係る連携・協力及び共同事業の開始について

1.概要

  本県並びに岡山県、広島県、香川県の瀬戸内地域4県と公益財団法人日本財団は、瀬戸内海の海洋ごみ対策に係る連携・協力に関する協定を締結し、共同事業を開始します。

 この事業は、瀬戸内地域における海洋ごみ問題の解決に向け、4県と日本財団が相互に連携・協力し、調査研究、企業・地域の連携促進、啓発・教育・行動喚起、政策形成など総合的な対策を実施し、陸域・海域における先進的な取組方策を見出し発信していくことを目的としています。

【参考】公益財団法人日本財団 事業関連ページ(外部サイトへリンク)

2.共同記者発表について

 事業の開始にあたり、4県と日本財団による共同記者発表をWEB上で開催しましたので、お知らせします。

共同記者発表 概要

1 日時 令和2年12月25日(金曜日) 10時15分~11時00分

2 場所 県庁本館3階 知事会議室

3 内容 

 (1)~動画(瀬戸内地域における包括的海洋ごみ対策)~

 (2)主催者挨拶  笹川 陽平(日本財団会長)

 (3)4県知事挨拶 湯﨑 英彦(広島県知事)、伊原木 隆太(岡山県知事)、中村 時広(愛媛県知事)、浜田 恵造(香川県知事)

 (4)調印式・フォトセッション

 (5)質疑応答

 ※中村知事、湯﨑知事は公務の都合により退出

 【プレスリリース】瀬戸内地域4県(愛媛県、岡山県、広島県、香川県)と日本財団による海洋ごみ対策の共同記者発表(Web)について(ワード:127KB)

【当日資料】当日資料はこちらからご覧ください。(PDF:9,504KB)

当日の様子

 会場 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部循環型社会推進課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2355

ファックス番号:089-912-2354

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ