close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 環境 > 環境教育 > 環境啓発ポスターコンクール > 環境啓発ポスターコンクール(令和5年度)

ここから本文です。

更新日:2023年11月21日

環境啓発ポスターコンクール(令和5年度)

応募総数(全体)

応募総数

62校

1,748点

応募総数(部門別)

小学生

26校

378点

中学生

29校

1,284点

高校生

7校

86点

 

小学生の部

金賞

講評

R5小学生金賞1 

人の手を離れ、右奥から手前へと流れ迫るごみと、浮かび上がる幾つかの風景や生き物たち。その一つ一つが丁寧に、細部まで描かれています。安村さんが作品づくりの過程で、大切にしたい情景など、環境について様々な思いを巡らせ、考えを深めていった様子が伝わってきます。淡い色合いで描かれた風景や生き物とは対照的に、紺色と赤のコントラストを生かしたキャッチコピーは、力強さがあります。それらが、タブレットのような枠の中に配置されることで、見る人は画面をのぞき込み、自ら問題を見いだしたような気持ちになります。安村さんの思いや願いがしっかりと届く素晴らしい作品です。

安村 心希

 

松前町立岡田小学校 6年 

 

銀賞

 

 

R5小学生銀賞1

R5小学生銀賞2

 

城戸 陽向

福岡 右京

 

東温市立北吉井小学校 1年

愛媛大学教育学部附属小学校 6年

 

銅賞

 

 

R5小学生銅賞1

R5小学生銅賞2

R5小学生銅賞3

脇田 うらら

露口 蘭

三神 宗一郎

松山市立久枝小学校 2年

松山市立石井東小学校 3年

愛媛大学教育学部附属小学校 2年

 

 

中学生の部

金賞

講評

R5中学生金賞1

 

美しい彩りのクジラが、水の中でゆるりとほどけ、消えていくはかなさに、焦燥感や喪失感を覚えます。今、まさに人類が直面している環境問題の深刻さを江戸さんが真摯に受け止め、伝えたいことをどのように表すかしっかりと構想を練って、作品づくりに取り組んだことが伝わってきます。クジラを形づくることができなくなった網の目は、鮮やかな色はそのままに、幾つものゴミが絡めとられており、抜け出せない息苦しさが描き出されています。それでもなお、クジラは前へ推進しようとしているようにも見えます。「美しい海どこへ」というキャッチコピーとともに、見る人に環境保全の重要性を訴える素晴らしい作品です。

江戸 和香葉

 

松前町立北伊予中学校 2年

 

 

銀賞

 

 

R5中学生銀賞1

R5中学生銀賞2

 

眞鍋 百々香

髙橋 渚

 

西条市立丹原東中学校 2年

松山市立小野中学校 3年

 

銅賞

 

 

R5中学生銅賞1

R5中学生銅賞2

R5中学生銅賞3

岩田 愛梨

井門 ななか

羽田 夏雪

松山市立東中学校 3年

愛媛大学教育学部附属中学校 1年

今治市立北郷中学校 3年

 

 

高校生の部

金賞

講評

R5高校生金賞1

環境問題の深刻さが、全ての人に伝わる優れた作品です。心に刺さる強い言葉、極めて写実的に描かれたモチーフ、安定感のある構図、可読性と視認性に配慮された配色など、この作品には、伝えたいことを、正しく伝えるための様々な技術や工夫が盛り込まれています。作者の中川さんが、画材の扱いに習熟しており、観察して描くことやアイデアを作品に落とし込む練習を地道に積み重ねてきたことが分かる、金賞にふさわしい作品です。このゴミにまみれた海亀は、人間の罪そのものです。罪悪感と無力感に胸がふさぎます。環境問題を考えるとき、どうしても、私たちの気持ちは先の見えない不安で暗く沈みがちです。しかし、現実から目を背けず描き切った若い作者の、表現しよう、伝えようという意思の力こそが、未来に向けた希望に思えてなりません。これからも、表現する人でいてほしいと願っています。

中川 文

 

愛媛県立松山南高等学校砥部分校 2年

 

銀賞

 

 

R5高校生銀賞1

R5高校生銀賞2

 

向井 絢菜

八木 麻理南

 

私立済美高等学校 3年

愛媛県立西条高等学校 1年

 

銅賞

 

 

R5高校生銅賞1

R5高校生銅賞2

R5高校生銅賞3

渡部 結名

大原 妃花

窪岡 梨乃

愛媛県立松山商業高等学校 2年

愛媛県立松山南高等学校砥部分校 3年

愛媛県立松山南高等学校 1年

お問い合わせ

県民環境部環境・ゼロカーボン推進課

〒790-0001 松山市一番町4-2 NTT愛媛ビル2棟

電話番号:089-912-2345

ファックス番号:089-912-2344

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ