文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 知事 > ようこそ!愛媛県知事室へ > 知事記者会見録 > 知事記者会見録(平成24年度) > 北朝鮮による「人工衛星」と称するミサイル発射に関する知事記者会見の要旨について

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

愛媛県庁公式ホームページ>北朝鮮による「人工衛星」と称するミサイル発射に関する知事記者会見の要旨について

日時 平成24年12月12日水曜日 10時40分から
場所 知事会議室

(知事)
まず、県民の皆さんに、北朝鮮から発射されたミサイルについては、県内に落下物が落ちたということもない状況ですので、まずは冷静に、ぜひなっていただきたいということが、第一点でございます。
もう皆さんもご存じのとおり、エムネットを通じて、推定情報が入ってきておりますが、まず一個目が9時58分に朝鮮半島西約200キロの黄海に落下、二個目が朝鮮半島南西、東シナ海に落下、そして三個目が10時5分頃、フィリピンの東約300キロの太平洋に落下したと推定をされています。
県内への影響は先ほど申し上げましたとおり、ありませんでした。ただ、今後も何が起こるか分かりませんので、繰り返されることがないよう、日本の国として政府が強い態度で臨んでもらいたいと思います。特に今回、国際社会が打ち上げの中止を強く求めていたわけでありますから、そういった中で人工衛星と称するミサイルを発射したことは極めて遺憾でございます。こうしたようなことについては、しっかりとした対応を、政府として取っていただきたいと思います。
また、冷静になっていただくことが一番でありますから、市町へはエムネットで連絡済みでございます。それから、消防庁からの情報は、県からFAXで送付をさせていただいております。県民の皆さんには、ホームページ・防災メール等で、こうした事実を伝えて、冷静になっていただくよう呼び掛けているところでございます。
以上です。

 

(あいテレビ)
前回は、国の情報伝達がうまくいかなかったが、今回は、国、県、市町に関する情報伝達態勢はどうだったか。

 

(知事)
ちょっとエムネットのですね、情報の分析をこれからもしますけれども、例えば、二個目の落下物については、こちら側に入ってくる情報の方が、マスコミで発表された情報よりちょっと遅れたということもありましたので、この辺りがどうなってるのかというのは分析が必要だと思っています。ただ、前回よりは速やかに情報は入ってきたのではなかろうかと思っています。

 

(あいテレビ)
県から市町へ向けてはどうか。

 

(知事)
これは、来たものはすぐに速やかに伝達をするという態勢をとっていますので、その点はスムーズにいったんじゃないかと思っています。

 

(愛媛新聞)
知事のところに第一報が来たのはいつか。

 

(知事)
本会議の開会直前です。議場の中で連絡がありました。

 

(NHK)
その時にすぐ指示を出したということか。

 

(知事)
はい。

 

(NHK)
どのような内容か。

 

(知事)
まず、エムネットを通じて情報収集に努めること。それから、何かあった場合には速やかに対応すること。そして逆に、落下物の危険がない場合は、これは県民に冷静になっていただきたいということを呼び掛けること。この三点です。

お問い合わせ

県民環境部防災危機管理課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2335

ファックス番号:089-941-2160

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ