close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 社会基盤 > 交通・道路 > 自転車の安全利用 > 高齢者団体によるヘルメット着用宣言

ここから本文です。

更新日:2020年2月26日

高齢者団体によるヘルメット着用宣言

 交通安全県民総ぐるみ運動愛媛県本部(本部長:知事)では、愛媛県自転車安全利用促進条例施行3周年に当たる平成28年7月1日、記念式典を開催し、同式典において、県内はもとより、全国の高齢者に自転車乗車用ヘルメット着用の輪を広げるため、「高齢者団体によるヘルメット着用宣言」を行いました。

宣言者

  • シルバー人材センター代表 

松山市シルバー人材センター 正岡 イチ子 様

  • 老人クラブ連合会代表

松山市高齢クラブ連合会長 今村 旭 様

宣言の様子

シルバー人材センターの着用宣言

 まず、シルバー人材センターを代表して、松山市シルバー人材センターの正岡イチ子様に着用宣言をしていただきました。

 正岡様は、「全ての自転車利用会員 ・役職が、 ヘルメットを着用するともに地域社会の模範となって 、自転車の安全利用に関する意識啓発活動へ発展させたい。」と宣言されました。

シルバー人材センター自転車乗車ヘルメット着用宣言(PDF:94KB)

 なお、シルバー人材センターでは、県連合会をはじめ、県内に設置している全てのセンターにおいて、着用宣言を採択していただいております。

老人クラブ連合会の着用宣言

次に、老人クラブ連合会を代表して、松山市高齢クラブ連合会長の今村旭様に着用宣言をしていただきました。

 今村様は、「高齢者の先頭に立って、“命”を守るために欠かすことのできない自転車乗用ヘルメットの着用を促進していく」と宣言されました。

松山市高齢クラブ連合会会員の自転車乗車用ヘルメット着用宣言(PDF:105KB)

 なお、老人クラブ連合会では、松山市、宇和島市、新居浜市など、8市の老人クラブで着用宣言を採択していただいているほか、今後も今治市や上島町など7市町の老人クラブにおいて、着用宣言を採択していただくこととなっています。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部消防防災安全課 交通安全推進係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2321

ファックス番号:089-941-0119

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ