文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2016年4月21日

企業の事例紹介 vol.004

ひめリットとは愛媛(ひめ)の女性(ひめ)の力を結集し、新たな価値(メリットを想像することを意味しています。

お役立ち情報個人向けコンテンツ グループインタビュー地域活動の紹介関連リンク
企業向けコンテンツ 女性活躍推進法について自主目標の設定について企業向けコンテンツ 企業事例紹介 

女性が輝く企業の事例紹介 vol4

 男性中心の会社であったが、管理者の働きかけにより、女性が働く環境が整備されている

 キーワード イクボス キャリアアップ等

愛建電工株式会社 インタビュー

愛建電工株式会社 インタビュー

8年前まで、女性は結婚を機に退職するのが当たり前だった愛建電工さんでは、女性の育児休暇取得率100%へと大きく変わりました。今では、より働きやすく女性にとっても優しい会社を目指し、社内制度の充実化と体制作りが行われています。
そんな愛建電工さんで働く、女性社員の方々にインタビューしました。

育児休暇がとれるかどうかが入社のきっかけ

松村さん

 --- 皆さんの入社のきっかけを教えてください。

松村さん 私は今年入社したばかりですが、以前の職場では育児休暇取得の実績がなく、今後も取得するのが難しそうだったので転職しました。職安で愛建電工の求人票を見て、育児休暇取得者の欄が「あり」になっていたので興味を持ち、応募しました。

 

長谷川さん 私も先月(平成28年1月)入社なので日は浅いのです。入社理由は松村さんと一緒で、女性が活躍できる会社ということで選びました。

 

 

 

 

長谷川さん

窪田さん 私は入社して1年2か月です。安定して働き続けたいという想いがあり、結婚しても働き続けることができる会社を探していました。

入船さん 私は新卒入社で営業補佐をしておりまして、入社16年目です。8年前に会社が女性活躍推進に取り組むようになって、自分の意識も変わってきました。入社間もない皆さんは、いいタイミングで入ってこられたと思います。当時は、結婚・出産で生活が変わるので不安だったり、他の企業で違う仕事にも挑戦してみたいなと揺れた時もありましたが、今はこの会社でよかったと思っています。

 

 

 

 

 

 

1時間単位の有給休暇がとれるので助かっている

---お子さんが生まれてから 働き方や仕事のボリュームは変わりましたか?

窪田さん

入船さん 変わりませんね。短時間制度もありますが、フルタイムでできなくはないので、そのままです。弊社は有給休暇が1時間単位で使えるので助かっています。

松村さん 独身の私でも、病院受診時に時間単位の有給休暇は助かっています。先日、インフルエンザになった時は疾病休暇を取らせていただきました。1年前に導入された疾病休暇は自分だけではなく、家族の病気でも使えます。

---育児をしながら働かれている方をそばでご覧になっていて、独身の皆さんはどういう風に感じていますか?

窪田さん 両立は大変そうですが、気持ちよく帰れる雰囲気がここにはあると思います。早く私もフォローできるようになりたいです。

入船さん男性も「早く帰ってね」「後はやっておくよ」「心配しなくていいよ」という声をかけてくれます。若い男性は特に、自分のプライベートのことも考えていて、バランスのよい働き方を意識していますね。弊社では「イクボス宣言」をしているので、50~60代の方の意識も少しずつ変わってきた感じがします。

イクボスとは
部下が育児と仕事を両立できるよう配慮したり、育休取得や短時間勤務などを行っても業務を滞りなく進めるために業務効率を上げ、自らも仕事と生活を充実させている管理職のことです。

入船さん---入社間もない皆さんだからこそ、仕事におけるキャリアアップの目標があれば教えて下さい。

長谷川さん 製造の事務で女性の管理職が1名います。同じ会社の中にそういう方がいるということが励みになります。私も頑張ったらそうなれる、それくらいの目標があった方がいいのかなと思っています。環境が整っている会社だから、そういう風に思えるのです。

入船さん 以前は、女性は結婚したら辞めていました。変わったきっかけは、トップが海外にいた経験があり、「海外では女性が継続就業することは当たり前」だと言っていました。初めは私も含め、従業員の反応は「それは海外の話だろう」「それは東京の話だ」と言って松山に住む自分たちには関係ないものと思っていましたが、育児休暇取得者が1名出ると、自然に次から次へと続いていきました。私自身も初めは結婚したら辞めると思っていて、育児休暇取得は全く考えていなかったです。子どもが2人いて、1人目の時は不安もあったのですが、2人目の時は戻ってくるのが当たり前、安心感に変わっていました。私自身キャリアアップにしても、部下が出来てくるとやはりついてきてもらうためにしっかりしなくてはいけないと思うようになりました。

 

 

 

やめなくていい方法を会社が一緒に考える

愛建電工 インタビュー風景1

--- 女性が活躍するようになったことで、業務の変化や雰囲気の変化はありましたか?

入船さん 男性しかできなかったことが、女性にもできるようになりました。例えば営業や、ある部署の管理は女性も担えるようになりました。現在、製造業では7時03分で男性が多いのですが、5時05分で女性を多く登用していきたいという想いがあるようです。

--- 女性が働き続ける上で、困難だったこと、辞めたいと思ったこと、それをどう切り抜けてきたかをお伺いしたいのですが。

入船さん 1人目の出産の時は不安もありましたが、メリハリのある生活ができるという点で働いている方がいいです。母の顔と仕事の顔は全く違います。自分の経験から「結婚しても辞めないで」「子どもができても辞めないで」と自信を持って言えます。キャリアアップについても、やればやるほど周りに認められて、自信も出てくると思うんです。

窪田さん 私はもっと勉強してキャリアを積み、幅を広げたいです。今の部署でみんなが困っているときに「私やります」と言えるくらいの必要な人になりたいです。

入船さん 例えば事務から製造へ異動ができるFA制度があります。
外部に求人を出す前に、社内で部署の求人があります。立候補の後、受け入れ側がOKを出し、交渉後に異動となります。

長谷川さん 今はまだ他部署のことがわかっていませんが、これからもしそういった想いが出てきたときには、異動ができることを参考にしていきたいです。

愛建電工株式会社インタビュー風景2--- 入社して感じた企業の良さがあれば教えて下さい。

松村さん 部署を超えて女性同士の交流ができることがいいですね。プライベートのことも話せるのは安心だなと思います。

入船さん いろんなことがあっても、乗り越えられる仲間がいるかいないかは私にとっても大きく違うことです。この3人も同期みたいな関係なので、仕事のことだけではなくプライベートのことが相談できるのは大切ですね。在宅勤務もできるので、働きやすいと思います。独身の方でも、ご家族の方の体調が悪い時には期間を申請して、介護をしながら働くこともできます。「この方法がある」「在宅勤務がある」など、辞めなくていい方法を会社が一緒になって考えてくれます。女性だけではなく男性でも、独身でも結婚していても、みんなが働き続けることができるようになりました。

--- 以前そうでなかったのは企業の考え方が変わったのが大きいと思いますが、皆さん自身はどう変わってきましたか。

入船さん 短時間で成果を出すような意識に変わったと思います。自分たちで考えるようになるし、提案もするようになりました。月に1回、部署で改善提案を提出しています。

長谷川さん 私も1回出しました。来客室用にポットの設置をお願いしました。他の方が提出された改善提案を見ることで、皆さんがどういう想いで働いているかを知ることができます。

--- 仕事の充実がプライベートにも良い影響を与えている、そんな例があれば教えて下さい

入船さん 私はメリハリある生活は、子育てにもいい影響があると感じています。1年の育児休暇予定でしたが、早期復帰手当てが出ることもあり2か月早く復帰することにしました。今は世の中の動きが早いので、大げさに言うと製品が変わっていたり、動いている件名が変わっている、新しいことが始まっていたり、1年間でガラッと仕事の内容が変わります。早く復帰することは強制ではなく選べますが、戻ることが大変なこともあって、早く復帰したいと思いました。完全復帰ではなくても週に何日か働くことを選ぶこともできます。半日だけ出社して、おんぶしながら仕事をするスタッフもいました。

長谷川さん 私は水曜日のノー残業デーに早く帰ることができるので、リフレッシュできています。

松村さん 以前の仕事と比べて帰宅時間が2時間早くなりました。仕事後の時間が有効に使えることがありがたいです。友人と食事に行くなど、自分の時間を持てるようになって良かったです。

窪田さん 私も以前の職場は終業時間が遅かったのですが、今は定時の17時30分に仕事が終わり、時間が有効に使えています。

ポイント ワークライフバランス

 

県では『男女共同参画社会の実現~媛(ひめ)の国から始まる、自分らしさを活かせる社会づくり』を目指しています。

お問い合わせ

県民環境部男女参画・県民協働課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2448

ファックス番号:089-912-2444

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ