文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2016年4月21日

企業の事例紹介vol.001

ひめリットとは愛媛(ひめ)の女性(ひめ)の力を結集し、新たな価値(メリットを想像することを意味しています。

お役立ち情報個人向けコンテンツグループインタビュー地域活動の紹介関連リンク

企業向けコンテンツ女性活躍推進法について自主目標の設定について企業向けコンテンツ企業事例紹介 

女性が輝く企業の事例紹介vol.1

製造部門にも女性管理職を採用
男女にフェアな働く環境作りに取組む

キーワード「女性管理職」「マネジメント能力」「キャリアアップ」「ロールモデル」「出産・子育てに関する制度」

オレンジベイフーズ株式会社インタビュー

オレンジベイフーズ株式会社紹介

外資系で、男女にフェアであることを会社の方向性でも推進している会社だけあり、女性の活躍・出産子育てに関する制度の充実など、女性をサポートする企業意識は高く、女性のキャリアアップ・役職登用へのサポート体制も充実している会社です。
今回は会社の各部門で活躍されている社員の方々にお集まりいただき、会社の特徴や、女性活躍推進で取り組まれていることについてインタビューしました。

キャリアアップを活用し全部署を一回全部体験!仕事の理解が深まる

久保さん

--この会社の特徴である、柔軟な働き方について教えてください。

久保さん  育児休暇を取ったあとは、1時間単位で調整可能な短時間勤務で復帰しました。事務所で配慮していただいていることがたくさんあるので助かっています。休み時間を利用して参観日にも行っています。必要に応じて、半日の有給休暇ではなく、1時間単位の時間休をとって休ませていただいています。

上田さん  製造部初の女性管理者が清水です。チーフである尾崎の下でアシスタントチーフとして頑張ってくれています。弊社の問題点は製造部に女性が定着しなかったことなんです。清水が上がったことによって、女性ならではの目線で見れるようになりました。入口まではきたのかなと思います。

 

 

 ---製造初の女性管理職はやりづらくないですか?

上田さん

清水さん   やりづらさはありますね。力仕事がほとんどで、女性の仕事が限られており、その中でやっていくのはなかなか大変です。

 


上田さん   その課題の解決に、管理部がとったキャリアアップの仕組みが有効だったと思います。以前は、彼女たちは力仕事から外しましょうという意見がありましたが、フェアにやってくださいという会社の意向もあり、いろいろな部署で評価するようになりました。力仕事は大変ですが、男性に負けないようにやってもらい、実際、結果が出ました。この仕組みがよかったのだと思います。

山本さん   パートさんと契約社員さんを対象に一昨年から始めたのですが、半年に1回各部署を体験してもらっています。開梱作業で箱を開けたりと大変な作業もありますが、できることはあるので、全部の部署を体験してもらいました。

---2月にアシスタントチーフになられたというのは、その時の評価で抜擢されたのですか。
製造初の女性管理職の清水さん山本さん   それもあります。その前に契約社員から正社員になり、そのあとの訓練以降もよくやってくれているので抜擢されました。清水さんの中でもこの2.3年で変化があったと思います。以前はこのままでいいと言っていました。


清水さん   私もキャリアアップしてみて変化したと思います。今まで同じ部署でも経験していなかった作業や、男性が中心の仕事などがありましたが、女性でもできるのだということが分かり、女性でもできることを探してみようという意識に変わっていきました。

 

 

 

 

役職が人を育てる。変化し進化する土壌が作られていく。

---役職に抜擢されたときの心境と、実際に役職についてどう変わったかを聞かせてください
柁谷さん

 

上田さん   あまり変わらないですね。年長組になりますから、それまでも、それなりの主張はしていました。ただ、役職につかないと、言ってあげられないようなことがあるんですよね。つまり、そもそものテーブルにつけないと他じゃできないようなこともたくさんあって、女性がテーブルについてない場面でいろいろな仕組みが決まっていることがあります。そういう意味で、ありがたい仕組みの中にいると思っています。意思決定の場にいてよかったと思う時もあります。色々な企業を経験して思いましたが、外資が入っている会社で外からの風や意見を取り入れやすい企業であったので、意見することも許されたのだと思います。フェアな空気、外からの影響が大きかったですね。
 

 

 

 

尾崎さん

柁谷さん    抜擢されたとき、女性だから引け目を感じるということはありませんでした。年齢が若いというのもありましたが、他の人より経験がありました。私自身がまだまだ未熟でしたので、どう成長していくかに悩みました。部下にやらせることが私の仕事だと上司には言われましたが、自分が出来ないことを人には指示できませんでした。しかし、ある時にスタンスが変わり、話しながらやっていくという風に変わりました。部のモチベーションもあがったほか、自分も管理職としてやりやすくなり、管理職抜擢当初より、自分で誇りを感じるようになりました。

 

 

久保さん   上田から話をもらったときは「えー」と思いました。自分では無理ではないかと思いましたが、一部だけではなく全体を見るように、仕事に対する意識が変わりました。責任があるので、子どものお迎えに行かないといけない時には、夫や周りの理解を得られやすく、仕事頑張ってねと言われます。自分の責任も感じますが、周りが理解してくれるようになりました。

山本さん

 

山本さん    私は正直言って、悩みながらしょうがなく引き受けました。上司が退職して、周りを見てみても、私以外にいないなと思いました。しかし、一人だけでは戦えないが、女性が増えることで女性同士が連帯し、リーダーが集まる場で意見が反映できるようになったのでよかったです。

尾崎さん   今チーフですが、アシスタントチーフに上がる時は正直嫌でした。その時、部署には25人くらいいて、周りの人は発言もしないし言うことを聞いてもくれませんでした。辞令がでてなってみると、そんなに変わりはなく、1年後にチーフになりました。女性にパッキングの作業をする人がいたので、どうやったら女性がやりやすい作業になるか考えたりと、チーフになってからは男性だけではなく女性のことも考えながら作業するようになりました。清水はパッキングでしたが、どんどん教えてできるようになってもらいました。

 

 

 尾崎さん
清水さん   興味のあることは何でもやりたいと思っていました。同じ作業を毎日毎日やっていて、マンネリ化していましたので、どんどん教えて下さいと思っていました。


久保田さん   工務部でも女性の評価が高かったです。一見、男性しかできないような溶接とか鋼材の切断などの作業も、男性よりうまい印象を受けました。おもしろがってくれ、精密さの面で女性のスキルは高かったです。

上田さん   女性は適応するのが早いです。電話のオペレーションなど、新しい業務に対して「やってみます」というのはおおむね女性だと思います。比較的男性は物怖じしますね。女性は重い荷物が持てないと言われますが、将来、パワースーツなど女性を補助するものを取り入れていけば、できるかもしれません。


二宮さん

二宮さん   新卒で製造部に入り、次いで財務部へ。それからサプライチェーン部へ。部をまたいでの経験が自信に繋がっています。役職につくことは不安でしたが、逆に役職にふさわしくなることを目指して頑張れたと思います。色々な部署との連携は自分だからこそできることだと思います。


上田さん    部をまとめることが役割ではなくて、横を繋ぐことが大切だとみんな分かっています。自分のことをやれないと全体が見えてきません。横の仕事が全体に繋がってくると理解してくれたらといいなと思います。

 

 

工夫をすることで女性ができることはもっとある!

インタビュー風景(オレンジベイフーズ)

---男性の皆さんを中心にお聞きします。会社の事・家のことも含め「女性活躍推進」をどう思われていますか。

尾崎さん   現場も重量物を軽減するなどの工夫をしたら、女性ももっとできることがたくさんあると思います。オペレーター(肉を次の工程に送る作業)も重量物はないし、計算が必要なだけ。FAT値計測(脂肪を測る作業)なども、女性の方が上手にできると思います。それには今いる人がどう動いていくかが課題だと思います。

久保田さん   僕は地域行事などの対外的な役割を家庭で担っています。子どもは小学3年生と年長なんですが、行事も多いです。意識はしていませんが、人との交流が好きなのでやっています。

上田さん   それで会社の利益になることが実績として挙がっています。社員が地域と繋がっていることもよい影響をもたらしています。

二宮さん妻の方が仕事が早く終わるので、大体夕食の準備は妻がやってくれています。ですので、休みの日には、なるべく掃除などをするようにしています。

---女性の皆さんはいかがですか?

柁谷さん   夫は同じ会社です。手伝ってくれますが、同じ仕事をしているので、家事は半々にしたいと思います。地域柄とか、育った環境も違うので、男の人は家事を手伝っているという認識なのですが、その考え方はどうかと夫婦でよく話し合いをしています。

---では、皆さんにこの会社のいいところを一言お願いします。

インタビュー風景2(オレンジベイフーズ)久保田さん   男女区別なく仲良くしてもらっています。

久保さん   仕事のことはもちろん、家庭のこともよくしてもらっています。家庭のこと、背景を考えてくれている会社ってあまりないなと思うのでありがたいです。


二宮さん   役職に関係なく、従業員それぞれとの距離が近いところです。

柁谷さん   お手本となる女性の管理職がいたことです。彼女たちが部下のことを見てくれています。いいお手本があったのを引き継いで、会社の色にしたいなと思っています。


上田さん   コンプライアンスが大事にされていて、労働環境が担保されているところですね。それは働く上で大変重要な基盤になると思っています。
山本さん   新しいことに柔軟性があり、受け入れてくれる体制だと思います。今もいろいろやっていて、開発のことだったり、女性活躍のことだったり、歴史が浅いからということもありますが、「NO」と言わないことです。

尾崎さん  この会社は男女平等。以前の会社は女性イコール事務でした。僕は育児休暇を取りましたが、会社から「こんなのがあるよ」と応援、提案があって取らせてもらいました。家庭への援助があります。

清水さん   人と人の距離が近いこと。女性の派閥がないこと。お互い仲がいいし、意見が言いやすく、男性にも言いやすいです。私は25歳で2番目に若い方ですが、強く言っても許してくれて、受け入れてくれる体制であり、働きやすいです。
ポイント女性管理職がロールモデルとなり、キャリアアップできる仕組み整備

松山でも首都圏でも通用する人材になってほしい
有井氏副社長
従業員は現在68名、うち女性14名。管理職は全体で21名、うち女性5名です。管理(総務)のトップを山本、財務経理部長を上田、品質管理部を柁谷がやっています。男性は製造、工務、サプライチェーン(商品の配送をしたり、原材料を調達)、営業をやっています。
以前は全体の人数の6割(46名)を超える製造には、女性の管理職がいなかったのです。昨年12月に製造の管理職に女性の方をつけました。かなり慎重に現場の意見や本人の意思を確認し、「頑張れる?やれる?」と聞いたうえで判断したのですが、いろいろな意見が出ました。例えば、本人がつらいんじゃないかとか、休日対応がでるのではなどです。しかし、今のところうまくいっています。これを一つの突破口として製造業務でも女性を増やしていけたらと思います。

---女性を管理職にしようと思ったのはどういう評価があったからですか。
副社長
責任感がありましたよね。リーダーシップを発揮できます。積極的に指示を出したり、意見を出してきたこともありました。役職を与えることで、人は成長します。そういうのはこの2か月で見えるようになり、よかったと感じています。これからはプレッシャーにつぶれないように配慮しないといけないなと思っています。

---人材育成、キャリアアップといった点で、目標、展望があればお話をお聞かせください。
亀井氏
副社長
目標は、どこにいっても社会人として通用する人材になって欲しいというのがひとつです。教育というのは大変で、あきらめちゃ駄目だなと本当に感じます。部下は「やりましたよ」と言うが、上も「それでもやれよ」と言わざるをえない。上があきらめたら、下もあきらめるんだな、という気持ちでやっているので、そこには男性女性の区別差別ということはしていないつもりです。

---多種多様な働き方をしている方はいらっしゃいますか。


副社長
キャリアアップ制度といって、6か月研修をして、正社員になったら半年後に助成金が出るという制度があるのですが、その参加者は女性男性関係なく、正社員になる見込みのある人たち、製造・工務、すべての分野の人を対象に行いました。残念ながら、今実際、品質管理をやっている者が、工務をやっているかと言われると、できてから5年しかたってない会社なのでまだですが、10年、20年と年月が進むにつれ、そういう事例が出てくると思います。逆に、歴史が浅いから、いろいろ変えられたということもありますね。

---5年という歴史なので、集まっている方々の能力だったり、環境が全く違う方々が集まっているからこその、人材育成の大変さがおありになると思います。他社の歴史のある会社だと、新卒から育てて、会社の色があると思いますが、御社の人材育成の展望を教えていただきたいです。

工場長
会社の品質方針を理解してもらっています。品質方針は、社内3か所に掲示しています。これを徹底していて、社員一人ひとりがこの会社がどういうものかということを理解し、全員が一丸となって盛り立てていくという思いがあります。

副社長
僕は雇い入れた時に、「僕たちは同じ船に乗ったんだよ」と言います。降りたい人は降りてくれ。乗ったからには職責を果たしてくれ。遊んでいる暇はない。次のステップでは、船を降りたら、次の船に乗れるような人材になって欲しい。そこは、かなり力を入れているつもりです。辞めても、松山でも首都圏でも通用する人材になって欲しいと思います。そうしないと会社は伸びないと思います。
従業員一人ひとりと話していると、それぞれ考えていることはたくさんあります。地域性もありますが、意見を述べることに慣れていないので、それを拾い上げなければいけないと感じています。

 

県では『男女共同参画社会の実現~媛(ひめ)の国から始まる、自分らしさを活かせる社会づくり』を目指しています。

お問い合わせ

県民環境部男女参画・県民協働課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2448

ファックス番号:089-912-2444

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ