文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 男女共同参画 > 男女共同参画の推進 > 男女共同参画の視点で考える防災 > 男女共同参画の視点で考える防災研修の開催について

ここから本文です。

更新日:2020年3月30日

男女共同参画の視点で考える防災研修の開催について

各地で自然災害が頻発する中、平成30年7月に発生した西日本豪雨災害の検証報告書においても、避難所等において、女性や乳幼児を抱える世帯、障がい者、難病者など配慮を要する者の特性に応じた対応をとることが課題の一つに挙げられており、男女が防災や復興の各段階に参画することが重要です。

そのため、平常時から関係者が男女共同参画の視点を理解し、男女共同参画の視点を防災施策に反映させることを目的に、内閣府が作成した「男女共同参画の視点からの防災研修プログラム」を活用し、県内の行政職員や地域の防災リーダー等が参加する「男女共同参画の視点で考える防災研修」を開催しました。

日時

令和2年1月28日(火曜日)13時30分~15時30分

参加者

市町職員(男女共同参画、危機管理、避難所運営担当部局等)、地域の防災リーダー(防災士、自主防災組織等)、県職員など50名程度

開催場所

県庁第1別館3階第3、第5会議室

次第

  • 主催者挨拶
  • 座学「防災と男女共同参画」(災害時の男女のニーズ、防災に関する意思決定の場への女性の参画の必要性等)
  • ワークショップ「シチュエーションシートを使ったグループワーク」
  • まとめ

講師

東京大学大学院情報学環 総合防災情報研究センター 特任助教 宇田川真之さん

開催結果

市町職員に加え、自治防災組織や防災士といった地域の防災リーダー41名に参加していただきました。

内閣府が作成した「男女共同参画の視点からの防災研修プログラム」をベースに、宇田川講師から新たな知見や事例を追加していただき、理解を深めることができました。

特に、地域の防災リーダーが参加したことで、行政職員も地域の方の意見を聞くことができ、地域の方からも行政が男女共同参画の視点での防災を強化していることを知ってもらう機会を創出できました。

研修2研修1

 

お問い合わせ

県民環境部男女参画・県民協働課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2332

ファックス番号:089-912-2444

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ