文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 男女共同参画 > 男女共同参画の推進 > 男女共同参画の視点で考える防災 > 男女共同参画の視点で考える防災フォーラム(第24回男女共同参画社会づくり推進県民大会)

ここから本文です。

更新日:2020年3月30日

男女共同参画の視点で考える防災フォーラム(第24回男女共同参画社会づくり推進県民大会)

男女が互いに人権を尊重し、個性と能力を発揮できる男女共同参画社会の実現を目指し、男女共同参画の視点からの災害対応や防災について考える機会として以下のとおりフォーラムを開催し、350名もの方にご参加いただきました。

開催日時

令和元年6月19日(水曜日)13時30分~15時30分

開催場所

マリエール大洲(大洲市北只1202)

内容

基調講演「よりよく生き延びる」

講師:木須 八重子さん(公益財団法人せんだい男女共同参画財団理事長)

基調講演では、東日本大震災時に仙台市宮城野区長(災害対策本部長)を務められていた木須八重子さんをお迎えし、当時の仙台市の状況や被災された女性たちの5つのエピソードから、同じ立場に置かれたとき自分自身に何ができるのかのヒントをいただきました。また、多様なリーダーシップの在り方にも触れられ、平時から男女が社会を支え関わり合うことで、防災にも復興にも強い力をもつ社会となるということを「よりよく生き延びる」という力強いメッセージとともにお伝えいただきました。

パネルトーク「男女共同参画の視点から防災を考える~地域で、家庭で、私たちにできること~」

パネリスト:

  • 木須 八重子さん(基調講演講師)
  • 小國 恵子さん(女性と防災の会代表)
  • 木野本 智加さん(柑橘専業農家)
  • 桐木 陽子さん(松山東雲短期大学教授、愛媛県男女共同参画会議会長)

パネルトークでは、平成30年7月豪雨での体験を通して、男女のリーダーが活躍している避難所の在り方や、県内の防災士の活動、自助・共助への備えなどをそれぞれの立場から具体的なエピソードを交えてお話しいただきました。

日ごろからご近所との関係を密にし、男女ともに地域社会に関わることで、災害時に命を守ることにもつながりますし、被災後の生活のクオリティが大きく変わります。みなさんも、今一度、自分自身の災害への備えについて考えてみませんか。

詳細

基調講演

 

パネルトーク

主催

愛媛県、男女共同参画社会づくり推進県民会議、公益財団法人えひめ女性財団、公益財団法人松山市男女共同参画推進財団

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部男女参画・県民協働課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2332

ファックス番号:089-912-2444

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ