文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2013年2月12日

環境放射線の定期測定

いろいろな放射線・放射能測定器を用いて普段から環境中の放射線の強さを把握しておき、緊急時に備えているほか、環境中の放射線に関する研究などを行っています。

モニタリングカー

モニタリングカーには、NaI(Tℓ)シンチレーション検出器、シリコン半導体検出器、ダスト・ヨウ素測定装置、GPSなど、いろいろな機器を搭載しています。

移動しながら測定することにより、その地点における放射線の強さを地図上に速やかに表示することができます。

モニタリングカー

 

3インチ球形NaI(Tℓ)シンチレーションスペクトロメータ

放射線の強さ、放射線の放出源が何かを調べるための機器です。小型軽量で持ち運びに便利で、空間放射線の変化について詳しく分析することができます。

3インチNaIシンチレーションスペクトロメータ

 

可搬型モニタリングポスト

低線量率域から高線量率域まで測定可能なNaI(Tℓ)シンチレーション検出器等を備えています。バッテリーで稼働可能で、携帯電話を用いたネットワーク等により監視局へ測定データをリアルタイムで伝送することができます。

緊急時には、任意の地点に増設モニタリングポストとして設置することができます。

可搬型モニタリングポスト

 

原子力センタートップページ

お問い合わせ

県民環境部原子力センター

〒796-0202 八幡浜市保内町宮内1-485-1 

電話番号:0894-20-6610

ファックス番号:0894-36-1150

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ