文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2013年2月12日

環境試料の核種分析

物質の構成要素である原子核の種類を区別して核種と言います。

愛媛県ではアルファ線、ベータ線、ガンマ線を放出する様々な放射性核種について、環境試料中の放射能の分析を行っています。

うち、ガンマ線放出核種の分析では、環境試料を前処理した後、高純度ゲルマニウム半導体検出器により測定を行い、得られたスペクトルを基に、試料に含まれているガンマ線放出核種の種類や量を算出します。

ゲルマニウム半導体検出器 ガンマ線スペクトル

ゲルマニウム半導体検出器

ガンマ線スペクトル

 

原子力センタートップページ

お問い合わせ

県民環境部原子力センター

〒796-0202 八幡浜市保内町宮内1-485-1 

電話番号:0894-20-6610

ファックス番号:0894-36-1150

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ