文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > くらしの安全 > エシカル消費(おもいやり消費)について

ここから本文です。

更新日:2019年8月16日

エシカル消費(おもいやり消費)について

内容

エシカル消費(おもいやり消費)ってなんだろう?

消費という行動は、買い物や食べること、使うことなど、毎日の生活そのもの。エシカル消費とは、よりよい社会に向け、環境、人や社会、地域に配慮しながら、消費活動を行うことで、何を買うか考えるときの一つの尺度ともいわれています。世界中から商品やサービスを入手することができるようになり、大量に消費されている昨今、それがどこでどのように作られ、どのように廃棄されるのかを知らずに買い物をすることが増えました。しかし、社会的な課題となっている地球温暖化や食品ロスなどの環境問題、開発途上国における児童労働などの人権・貧困などの社会問題と、私たちの買い物は深くかかわっており、持続可能な社会に向けても、環境や社会、地域にどのような影響を与えるのかちょっと考えて行動することが大切となっています。愛媛県では、このような環境や人、地域をおもいやる消費行動をおもいやり消費として推進しています。

 

44444

 

〇環境への配慮

省エネ、リサイクル商品

資源保護等に関する認証がある商品の購入を心がける

必要なものを必要なだけ買う

〇人や社会への配慮

障がいのある人が作った商品、障がい者支援施設で作られた商品

フェアトレード商品

寄付付き商品

〇地域への配慮

地産地消

地元商店での買い物

災害等被災地への応援消費

地域の文化・伝統技術の継承に役立つ商品

 

買物をはじめ、日々の消費行動が巡り巡って持続可能なより良い社会や地球環境の実現につながります。

 

愛媛県における取組

 

令和元年度の取組

1.エシカル消費(おもいやり消費)スタートアップ教室を開催しました。

持続可能な社会に向け、県民一人ひとりが、生産・流通・消費・廃棄のサイクルが経済、社会、環境に与える影響を認識し、消費行動やライフスタイルの見直しなど実践力を高めるため、環境や人、地域に配慮したものやサービスを選んだり消費するエシカル消費について、県民への浸透を図るとともに、次代を担う子供たちが社会や未来を考えた消費に関心をもてるよう実施しました。

〇日時:令和元年7月28日(日曜日)午後1時15分から午後4時15分まで

〇場所:イオンモール今治新都市(今治市にぎわい広場1-1)

2階イオンホール(学習講座及びワークショップ)並びに1階イオンスタイル食品売場(エシカル探検隊)

〇参加者:小学生(4年生以上)、中学生及びその保護者23組55名

 

開会

あいさつ

 

学習1

学習会「はじめましてエシカル消費!」

~わたしたちの買い物で世界や未来が変わる~と題して、四国大学短期大学部教授加渡いづみ氏から、エシカル消費について講義いただきました。エシカル商品の意味や大切な理由、買い物をするときに考えることや、環境、人等に配慮された商品を具体的に示しながら、楽しく学ぶことができました。

講座

 

学習2

エシカル探検隊

エシカル消費につながる認証マークが付けられている商品を実際に確認しながら、マークの意味や商品が作られた背景について学びました。

〇有機JAS認証

〇MSC認証

〇国際フェアトレード認証

 

フェアトレード

 

 

学習3

ワークショップ

環境に配慮された商品の背景を知るとともに、実際に自分で作るワークショップを行いました。株式会社サエラから、ビニール傘の使い捨ての現状のお話をいただき、実際に傘づくりを体験しました。

ワークショップ

 

キッズ宣言と記念撮影会

記念写真

 

お問い合わせ

県民環境部県民生活課 岡本

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2336

ファックス番号:089-912-2299

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ