close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 世界遺産登録推進事業「まちから伝える・つなげる・四国遍路講座」の開催について

ここから本文です。

更新日:2021年10月19日

世界遺産登録推進事業「まちから伝える・つなげる・四国遍路講座」

 四国遍路は、私たちが生きる四国に深く根付いた文化遺産です。この素晴らしい文化を将来世代へ継承していくため、現在、四国4県の産学民官が一体となって、四国遍路の世界遺産登録に向けて取り組んでいます。

 本講座では、四国の市町村の中で最多の札所を有する松山市を会場に、四国遍路の文化を育んできた地域と人々の関わり、その独自性や魅力を知り、過去から未来へとつないでいく方法について一緒に考えていきたいと思います。

概要

1 日時 令和3年11月3日(水・祝)13時30分~16時00分(受付13時00分)

2 場所 松山市立子規記念博物館

3 主催 四国遍路世界遺産登録推進協議会、愛媛県、愛媛県教育委員会

 共催 松山市

4 プログラム

13時30分-13時45分 

 四国遍路の世界遺産登録に向けた取組み

 愛媛県観光スポーツ文化部文化局まなび推進課

13時45分-14時35分 

 四国遍路と道後温泉

 井上 淳(愛媛県歴史文化博物館 学芸課長)

14時45分-15時00分 

 旧遍路宿「坂本屋」の取組み【松山市事例】

 菅野 肇(坂本屋運営委員会 会長)

15時00分-16時00分 

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」 

 辻林 浩(和歌山県世界遺産センター 顧問)

 お申込みについて

定員:100名(先着順)※参加無料、要事前申込

締切:令和3年11月1日(月曜日)※定員になり次第締切ます。

方法:必要事項(参加者全員のお名前・ご住所・電話番号・メールアドレス)をご記入の上、メールまたはFAXにて下記までお申し込みください。

Mail:manabisuishin@pref.ehime.lg.jp

FAX:089-913-2617

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご来場の際は、必ずマスクの着用をお願いします。また、37.5度以上の発熱や体調不良の場合等は参加をお控えください。

ここがポイント(1)

 本講座は、四国4県と58市町村をはじめ、大学やNPO法人等によい構成される四国遍路世界遺産登録推進協議会と、愛媛県、愛媛県教育委員会、松山市が共同で開催します。

 四国に深く根付いた遍路文化を次世代へとつなぐ、四国遍路の世界遺産登録に向けた取り組みのひとつとなります。

 四国遍路って?地域と文化の関わりとは?世界遺産とは?

 一緒に考えてみませんか。

ここがポイント(2)

 これまで、四国遍路について様々な角度から調査研究を進め、企画展を開催する愛媛県歴史文化博物館の井上淳学芸課長により、松山市の歴史を象徴する道後温泉と四国遍路の関係を解説します。

 また、旧遍路宿である「坂本屋」は、明治末期から大正期に建てられ、難所である三坂峠を越え、札所を目指すお遍路さんを支えてきました。一度廃業した坂本屋ですが、平成16年に地元の人々を中心に、接待所として生まれ変わりました。

 地域と四国遍路文化の変遷、また次の世代にどうつないでいくか等、地域を起点としてお話しします。 

旧遍路宿「坂本屋」

ここがポイント(3)

 2004年に世界遺産に登録された和歌山県の「紀伊山地の霊場と参詣道」の登録を主導され、今は顧問として参詣道の保全活動や啓発活動に尽力している辻林浩さんを講師にお迎えします。

 世界遺産登録について、そして地域とともにある文化的景観とは何か、また、地域の方々やボランティアの皆さんと一緒に守り伝えていく活動について、お話しいただきます。

 同じ巡礼の道である一方で、異なった歴史や性質をもつ参詣道と四国遍路。

 先進事例に学びながら、改めて四国遍路の魅力に迫ります。

大門坂





Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

観光スポーツ文化部まなび推進課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-947-5622

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ