文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 文化振興 > 愛媛県史にみる愛媛文化史・学問

ここから本文です。

更新日:2018年4月1日

愛媛県史にみる愛媛文化史・学問

 愛媛県史にみる愛媛文化史(昭和まで)

学問

出典:愛媛県史 愛媛県史 学問・宗教(S.60.3.31発行)

「第1章 学問」より(抜粋)

国学

国学の基礎は、伏見稲荷の神官荷田春満によるとされているが、同社の大山為起は、貞享4年(1687)松山藩主松平定直に招かれ、味酒社の神官として、神道・古典を講説すること24年、『味酒講記』は『日本書紀』全巻の注釈書であり、門人千余人に達したという。

幕末には、平田篤胤の娘婿として、新谷藩の平田銕胤は篤胤の学風を継承、明治維新後大学大博士に任ぜられた。

伊予においては、矢野玄道は篤胤没後の門人、厖大な著述を残し、明治新政府にも貢献した。

常磐井厳戈も大洲の人、平田塾に入門、神儒仏蘭学とその学問は広汎深遠で、その門から三瀬諸淵らを輩出した。

また国学は勤王思想を醸成し、各地に勤王家が続出した。(3ページ) 

漢学・漢詩文

伊予八藩の基盤が確立し、江戸幕府の文協政策に則り、各藩は積極的に推進、儒学は活況を呈し、漢詩文創作の意欲も高まり、優れた著書や漢詩文集が多く出た。(3ページ) 

陽明学

陽明学は、中江藤樹を始祖とし、その学風は大洲・新谷両藩に継承され、川田雄琴が招聘されるに及んで、大洲・新谷教学の基礎となった。

堀川学

堀川学派(伊藤仁斎)は、松山・宇和島両藩に伝えられ、丹波南陵ら徳行を重視した。

護園学

護園学派(荻生徂徠)は、文芸至上主義を唱え、伊予全域に浸透した。とくに西条藩に山井崑崙、松山藩に僧明月・宇佐美淡斎らが活躍した。

朱子学

朱子学派。南学は、土佐の大高坂芝山が松山藩に招かれ、中国・朝鮮の学者・詩人達と風交を重ねるにとどまった。

崎門学

崎門学派(山崎闇斎)の三派、浅見絅斎派に松山藩の大月履斎、三宅尚斎派に同藩の宮原龍山、佐藤直方派に同じく三上是庵らあり、伊予全域に浸透した。

なお、是庵は明治維新後、松山藩存亡の危機に敏腕を発揮した。

寛政異学禁止令達後、伊予八藩の藩学は、漸次昌平黌派の朱子学に転じ、他の学派は衰微していった。(4ページ)

尾藤二洲

幕府は朱子学を文教政策の中枢としたが、その原動力は川之江(現在四国中央市)出身の尾藤二洲、昌平黌教授であった。

二洲は、柴野栗山・古賀精里と寛政の三博士といわれ、『素餐録』など、その著作も多い。

二洲門の三傑として、文章は長野豊山(四国中央市)、徳行は近藤篤山(西条市)、経学は越智高洲といわれている。・・・(4ページ) 

漢学

伊予における漢学・漢詩文の隆盛は、各藩主自ら学問を愛好、奨励したからである。しかも、漢詩文を楽しみ、優れた詩文集を残している人が多い。

従って、優秀な人材を昌平黌に派遣し、帰藩後は、設置した藩校の教授として、また藩政の枢機に参画させるなど、人材登用の道を誤らなかったからである。

昌平黌学派は、各藩の藩校に採用され、俊秀を養成輩出、幕末・明治維新後の高度の文化を形成した。

近代愛媛の、日本の開化は、各地の、多数のこれら文化に担い手によって拓かれたといえるであろう。(4ページ) 

心学

石田梅岩創始の心学は、松山藩の田中一如によって、初めて伊予に伝えられた。

一如は、中沢道二・大島有隣らに師事し、全国心学講師認定書「三舎印鑑」を受け帰郷、松山に「六行舎」をおこし、中予・東予から、京阪・江戸、大名家江戸藩邸などで道話をなし、「盲目の都講」などといわれ、その人格・学殖を称された。

六行舎門の逸材に、松山の近藤平格、今治の丹下光亮がいる。・・・(5ページ) 

洋楽

伊予の人で、本格的に蘭学研究に志した最初は、松山藩医安東其馨であろう。杉田玄白に師事し、その『解体約図』(1773年刊)『和蘭医事問答』(1795年刊)の編さんに協力している。

文化年間、大洲の鎌田玄台は、紀州の華岡青洲の塾に学び帰郷、大洲に開業、西日本随一の外科医の名声を博し、来り学ぶ者関西一円に及んだ。

文政年間には、松山の青地林宗が、『気海観瀾』その他多数の翻訳書を刊行、理学研究に新境地を拓き、医学の進歩にも貢献した。

天保9年(1838)緒方洪庵の「適塾」が開設され、大洲藩の武田斐三郎ら20余人が入塾した。その他、京都・江戸の塾に学ぶ者には、伊予全域から多数に上った。

二宮敬作を中心とする南予蘭学は、来訪した高野長英・大村益次郎らにより興隆した。

安政年間、国際情勢進展し、蘭学一辺倒から、西洋の学術「洋学」に一変した。(5ページ) 

和算

本県に現存する算額は30面、全国での順位は18位である。

現在算額数の多い県は、福島・埼玉・岩手・群馬・宮城・長野の諸県で、主として東北・関東に集中しているが、本県は関西地区では最も多く第1位である。

算額は、和算図とその計算術、近世日本でとくに発達した高等数学で、貴重な文化史料といえよう。(6ページ) 

方言

愛媛の方言は、伊予の人々が日常語りあってきた生きたことばであり、愛媛の現在もなお、日々用いているイヨコトバ、またはイヨベンである。

しかも、上記のカタカナの下側に傍線を施したところは、アクセントの強いところである。さらに、県全体、東・中・南予それぞれの地域的な特性もある。

愛媛の方言についての概論ではなく、毎日人間生活を営む中での生きたことばを、実際に語られるままに、待遇関係などの応答もそのままに、生きたことばをどのように表記すればよいか、それを示されたのが本稿である。・・・(6ページ)

先頭に戻る

愛媛県史にみる愛媛文化史・トップに戻る

お問い合わせ

スポーツ・文化部文化振興課 文化振興グループ

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-947-5581

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ