文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2018年9月2日

愛顔のえひめ(平成30年9月号)

タイトル

メニュー

 

平成30年7月豪雨災害に関する情報

今月の注目トピックス

ガンバレ愛媛のアスリート

県民のギモンにお答えします

市町

めざせ!てっぺん!

県民の便利手帳 みきゃんクロスワードパズル

マチイロ

バックナンバー    

「オール愛媛」で1日も早い復旧・復興へ!

[人を守る][生活を守る][産業を守る]

平成30年7月豪雨災害は、本県がこれまで経験したことのない甚大な被害をもたらしました。
県では、今回の災害を受け、人命救助を最優先に、第一段階の目標として、「水の確保」「住居環境の早期整備」に努めて参りました。今後は、本格的な復旧・復興に向け、各市町や関係機関と連携しながらスピード感を持って取り組んでいきます。

応急・緊急的な復旧の取り組み状況

〔水〕吉田地区浄水施設(宇和島市)

〔水〕吉田地区浄水施設(宇和島市)
県内では最大12市町63,856人が断水状態に。特に吉田浄水場は壊滅的な被害を受けましたが、関係者等のご協力で新たな浄水施設の整備が急ピッチで進み、8月3日に三間地区全域で、4日から吉田地区で段階的に通水の運びとなりました。


〔住居〕徳森仮設団地(大洲市)

〔住居〕徳森仮設団地(大洲市)
住宅に大きな被害を受けた皆さまが、1日も早く生活再建を図れるよう、応急仮設住宅の建設を進めています。

応急仮設住宅の建設状況 計170戸(8月20日時点)

【大洲市】徳森仮設団地・大駄場仮設団地 60戸
【西予市】野村運動公園仮設団地・明間地区仮設団地 98戸
【宇和島市】吉田西小路仮設団地 12戸


〔道路〕宇和野村線(西予市宇和町明間)

〔道路〕宇和野村線(西予市宇和町明間)
全面通行止めとなった宇和野村線は、土砂撤去等を早急に行い7月14日には片側交互通行が可能となりました。土砂崩れ等により、県管理道路は最大で145カ所が通行止めとなりましたが、応急対策により残り20カ所(8月20日時点)まで復旧が完了しました。

中長期的な復旧・復興に向けたこれからの取り組み

災害発生後、県では速やかに予算措置を講じ、7月専決補正予算〔総額46億円〕では、緊急的な被災者の生活支援を中心に、7月補正予算〔総額478億円〕では、施設や機械の導入補助など農林水産業の営農再開支援、社会基盤の復旧や二次災害防止対策への措置を中心に行いました。
8月専決補正予算〔総額288億円〕では、国の「生活・生業再建支援パッケージ」に即応し、引き続き被災者の生活支援等に取り組むとともに、地域産業の再建等に向けた支援に着手します。特に被害の大きかった南予の柑橘農業の早期復興には、「南予地域柑橘農業復興対策チーム」を中心に取り組みを進めます。商工業についても、大洲市、宇和島市、西予市に「グループ補助金」の申請・受付窓口を設置し、産業復旧を強力に支援します。

8月専決補正予算概要
[1]被災者の生活等支援→18億3,758万円
・日常生活等の支援:仮設住宅の見守り等総合的な支援体制の構築、専門家による心のケア、在宅障がい者・高齢者への個別訪問支援 等
・児童生徒の就学等支援:学用品費等の補助、被災生徒に対する奨学金の特例制度創設 等
・社会福祉施設の復旧

[2]地域産業の再建等支援→263億6,295万円
・商工業の再建:グループ補助金及び無利子貸付制度の創設、風評被害を防止するための観光需要の喚起(周遊旅行支援) 等
・農林水産業の復旧・復興:国営南予用水施設の復旧、県産家畜の県外出荷経費への緊急支援、木材加工流通施設の復旧 等

[3]二次災害防止対策及び社会基盤の充実→6億9,100万円
国・県が一体となった肱川水系治水対策の前倒し実施、肱川の氾濫を防止する緊急の河床掘削 等

ボランティアの活動状況

愛媛県社会福祉協議会では、「愛媛県災害ボランティアセンター」を立ち上げ、被災市町・市町社会福祉協議会等と連携しながらボランティア活動を支援しています。

NPO・NGOのボランティア活動
県内外問わず、多くの団体が被災地で支援活動をしています。避難所への物資提供のほか、避難生活が続く被災者に対する体や心のケアやボランティアセンターの後方支援など、被災者に寄り添った多岐にわたる支援が行われています。
また、被災者支援活動がより効果的に行われるよう、行政・NPO・NGO・社会福祉協議会等の情報を集約・調整し、連携・協働を図るためのネットワークづくりも進めています。
NPO・NGOのボランティア活動

個人ボランティアの活動
暑いなか、多くの方々にご協力いただいています。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

●ボランティア参加者数(8月19日時点)のべ25,932人
●主な活動/家屋の泥だし、家具・ゴミ搬出など
個人ボランティアの活動

これからボランティアを考えている方・団体の皆さんへ
被災地の復旧・復興にはこれからも皆さんの支援が必要です。温かいご支援をよろしくお願いします。詳しくは県災害ボランティアセンター特設サイトをご覧ください。
これからボランティアを考えている方・団体の皆さんへ

風水害に備えよう!~早めの避難が大事~

平成30年7月豪雨は県内に大きな被害をもたらしました。自分が住んでいる地域に存在する「命を脅かす危険性」は何なのかーー。地震だけでなく、風水害も事前の備えが必要です。
避難すべき施設の位置や避難に際して入手すべき防災情報を確認しましょう。
いつどのタイミングでどこに逃げるか


「命を守る防災情報」をチェック

(1)気象庁が発表する【防災気象情報】
防災気象情報
(2)気象庁と愛媛県が発表する【土砂災害に関する情報】
土砂災害に関する情報
(3)市町長が発表する【避難についての情報】
避難についての情報
自分の身は自分で守る

情報の入手方法

~いざというときに備えよう~
●防災マップで近隣の危険度を確認
●台風などの接近前から天気予報などの気象情報を収集
●愛媛県公式の情報をチェック
[スマートフォン]避難支援アプリ「ひめシェルター」
[SNS]Twitter(@EhimeBousai(外部サイトへリンク)
[web]県災害ポータル(http://ehime.force.com(外部サイトへリンク)

スマホアプリ「ひめシェルター」で災害に備えましょう
ぜひお手元のスマートフォンやタブレットにご準備ください。
ひめシェルター

問い合わせ

  • 防災危機管理課
  • 電話:089-912-2335

義援金募集

総合土木職・林業職県職員募集

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画振興部広報広聴課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2241

ファックス番号:089-912-4211

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ