文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2016年7月25日

愛顔のえひめ(平成28年6月号)

タイトル

メニュー

 

国体

市町

南予博

キニナル

県政

広報紙アプリ
学生 プレゼント 便利手帳
PDF/バックナンバー

6月は「食育月間」です

県では「愛ある食卓元気なえひめ」をスローガンに食育を推進しています!

平成27年愛媛県県民健康調査の結果からみる愛媛県の栄養・食生活の現状

平成27年愛媛県県民健康調査:平成27年9~10月に、県内の490世帯、1,226人に対して調査を行いました。

県民の健康状態や食生活・歯科の状況を明らかにし、健康づくりに役立てるため、昭和59年からおおむね5年に一度実施しており、今回は7回目の調査でした。

食育への関心

  • 食育:「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること。

共食の回数

  • 共食:朝食または夕食を家族と一緒に食べること(目標値:週に10回以上)。

職員写真

毎日朝食を食べよう!

県の目標値

朝食を欠食する県民の割合の減少

20~30歳代の男性15%以下

若年層の朝食欠食率が高い

朝食の欠食率は減少傾向にありますが、20~30歳代男性の欠食率が高くなっています。

朝食欠食グラフ 

[やってみよう]朝食を欠食しないポイント!

自炊派の人

  • 前日までに用意
  • 前日に朝食分を決めて買い物をしておくと、寝坊しても大丈夫。
  • 朝食が用意されている自宅派は必ず食べる習慣をつけましょう。

自炊は難しい…という人

  • モーニングサービスを利用
  • ちょっと早めに起きて、飲食店のモーニングサービスを利用するのもおすすめです。
  • コンビニで購入(手軽に買えて、素早く食べられるのが便利。栄養バランスには気をつけましょう。)

 

 

[知ってる?]愛媛県出身の偉人「佐伯 矩(さいき ただす)」

愛媛県には、医学から栄養学を独立させ、「毎回食完全(1日3食バランスよく食べる)」を打ち出すなどの業績を残し、「栄養学の父」と呼ばれている「佐伯 矩」という偉人がいます。県民の皆さん、1日3食を習慣にしましょう!

佐伯さん

佐伯 矩(1876~1959年)

愛媛県生涯学習センター所蔵

目指そう!食塩-(マイナス)1g

県の目標値

1日当たりの食塩摂取量

20歳以上8g以下

愛媛県民は薄味傾向

行政、学校、ボランティア団体等、さまざまな食育活動により、愛媛県の食塩摂取量は近年減少しており、全国平均より低くなっています。しかし目標の8g以下にするためには、さらに約1g減塩する必要があります。

食塩摂取量

[やってみよう]指で計る・目で見る食塩量チェック!

  • 塩を指3本でひとつまみ=約0.3g
  • しょうゆで小皿に半円を描く=約1g

[知ってる?]愛媛県の減塩の取り組み

食育を推進するため、各種関係機関が、減塩の取り組みを推進しています。

  • スーパー食育スクール指定校の「味噌汁プロジェクト」(新居浜市立泉川小学校)
  • 食育アドバイザーによる「おやこの食育教室」(県食生活改善推進連絡協議会)

+(プラス)80gの野菜を食べよう!

県の目標値

1日の野菜摂取量350g

県民の野菜摂取量は約270gとほぼ横ばい

生活習慣病予防のためにも愛媛のおいしい食材を活用して、野菜を80g程度(野菜料理一皿)増やしましょう!

 野菜摂取量

 

[やってみよう]野菜不足度チェック!

  • 加熱した野菜や生野菜を食べることが少ない
  • 外食が多く、肉や魚などたんぱく質中心のメニューが多い
  • 麺類や丼物などの一品料理を食べることが多い
  • 間食が多く、食事の際にはおかずを残しがち
  • 朝食をあまり食べない
  • 便秘がち

チッェクが3~6個の人

野菜不足です。ゆでたり炒めたりして、かさを減らしてたくさん食べましょう。

チェックが1~2個の人

ほぼ合格点ですが、あと一皿、野菜料理を増やしてさらに多く食べましょう。

 チェックが0個の人

合格点です。毎食、四季折々の新鮮な野菜を楽しみながら食べましょう。

[知ってる?]愛媛県は野菜・果物の宝庫

  • 【東予】里芋、ナス、トマト、レモン、柿、キウイ、イチゴ
  • 【中予】大根、ゴボウ、自然薯、トウモロコシ、伊予柑、デコポン
  • 【南予】ジャガイモ、レンコン、柿、桃、ミカン、ポンカン

問い合わせ

  • 健康増進課
  • 電話:089-912-2401

タイトル横耐震化

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画振興部広報広聴課 広報プロモーショングループ

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2241

ファックス番号:089-945-4211

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ