文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2015年3月1日

愛顔のえひめ(平成27年3月号)

タイトル

メニュー

 

国体ロゴ

市町だよりロゴ 議会だより
クローズアップニュース 県政Q&A プレゼント
県民の便利手帖 イベントガイド PDF/バックナンバー

 

「危険ドラッグ」は買わない!使わない!関わらない!

職員写真

あなたの近くに危険は潜んでいます

麻薬や覚醒剤、大麻より危険な物質が含まれているものが、「お香」「アロマ」などと称して、あたかも「合法」「安全」であるかのように、繁華街の店舗やインターネット等で公然と販売されています。

危険

危険ドラッグはこんなに危ない!

  • 危険ドラッグを使用すると、突然意識を失ったり、錯乱状態になったりするなどの意識障害や呼吸困難を起こし、身体に大きなダメージを負い、死亡することもあります。
  • 麻薬や覚醒剤、大麻などと同様に依存症になり、自分の意志だけではやめられなくなる人が急増しています。
  • 危険ドラッグ使用後に他人を巻き込む交通事故や殺傷事件などが多発しています。
  • 危険ドラッグには、どんな成分が入っていて、人体にどれくらいの影響を与えるか、販売者でさえわかっていません。

危険ドラッグへの意識

県の取り組み

「愛媛県薬物の濫用の防止に関する条例」を制定しました

精神や身体に害を及ぼすおそれがある薬物を、県独自に「知事指定薬物」として指定し、その製造、販売、所持、購入、使用などを禁止。これらに違反した場合、最大2年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。危険ドラッグからは、知事指定薬物のほか、違法な薬物が検出された事例が多数あります。これらを含むものを作ること、売ること、持つこと、買うことなど、全て禁止です!


教育や啓発を充実させます

若年者をはじめとした県民の皆さんに、危険ドラッグなどの薬物の危険性について、正しい知識をもって行動できるよう、これまで以上に教育や啓発を推進していきます。薬物乱用防止に関する講師の派遣やイベント参加などのご依頼にお応えします。お気軽に保健所、県薬務衛生課へご相談ください。

ポスター

H26年度愛媛県薬物乱用防止啓発用ポスターコンクール
金賞大洲市立新谷中学校
藤田弥帆香さん

 


 

相談窓口

ささいなことでも結構です。決して一人で悩まず相談してください。危険ドラッグ販売店などを見つけた際は、情報提供をお願いします!電話や電子メールでの問い合わせ、匿名も可能です。

  • 四国中央保健所…0896-23-3360
  • 西条保健所…0897-56-1300
  • 今治保健所…0898-23-2500
  • 県庁薬務衛生課…089-912-2393
  • 中予保健所…089-909-8755
  • 八幡浜保健所…0894-22-4111
  • 宇和島保健所…0895-28-6105
  • 心と体の健康センター…089-911-3880

問い合わせ

  • 薬務衛生課
  • 電話:089-912-2393

 


タイトル横タイトル横2

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画振興部広報広聴課 広報プロモーショングループ

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2241

ファックス番号:089-945-4211

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ