文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2014年11月30日

愛顔のえひめ(平成26年12月号)

12月号タイトル

メニュー

 

国体ロゴ

市町だよりロゴ 学生レポート
クローズアップニュース 県政qaロゴ クイズ
県民の便利手帖 イベントガイド PDF/バックナンバー

 

みんなが愛顏(えがお)で子育てしやすい愛媛へ!

幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の量の拡充や質の向上を進めていく「子ども・子育て支援新制度」が、H27.4月よりスタートする予定です。県では、すべての子どもたちが“愛顔”で成長していける支援を目指します。

子育て中のすべてのご家庭を支援する、この新制度により、子育てを社会全体で支えます!
木下さん

子育て支援課
木下準

ここが変わる!新制度で増える教育・保育の場

幼稚園と保育所に加えて「認定こども園」も!

認定こども園とは、幼稚園と保育所の機能や特長を合わせ持ち、地域の子育て支援も行う施設(H18に導入)。新制度では、新たな設置や幼稚園・保育所からの移行をしやすくして普及を図っていきます。
認定こども園の対象は0〜5歳児。0〜2歳のお子さんが利用する場合は、市町から「保育の必要性」の認定を受けることが必要です。

POINT1
3〜5歳のお子さんは保護者の働いている状況に関わりなく、教育・保育を一緒に受けられます。

POINT2
保護者の就労状況が変わった場合も、通い慣れた園を継続して利用できます。

POINT3
子育て支援の場が用意されていて、園に通っていない子どものご家庭も、子育て支援や親子の交流の場などに参加できます。

 


少人数の子どもを保育する「地域型保育」を新設

待機児童の多い0〜2歳児を対象とする事業を増やしながら、地域のさまざまな状況に合わせて身近な保育の場を確保していきます。
施設(原則20人以上)より少人数の単位とし、0〜2歳児を預かる地域型保育。実際にどのような事業が提供されるのかは、お住まいの市町にお問い合わせください。

TYPE1
家庭的保育(保育ママ)
家庭的な雰囲気のもと、少人数(定員5人以下)を対象に、きめ細かな保育を行います。

TYPE2
小規模保育
少人数(定員6〜19人)を対象に、家庭的保育に近い雰囲気のもと、きめ細かな保育を行います。

TYPE3
事業所内保育
会社の事業所の保育施設などで、従業員の子どもと地域の子どもを一緒に保育します。

TYPE4
居宅訪問型保育
障害・疾患などで個別のケアが必要な場合や、施設がなくなった地域で保育を維持する必要がある場合などに、保護者の自宅で1対1で保育を行います。

子ども・子育て支援新制度利用の流れ

利用の流れ

新制度における保育料

新制度における保育料

新制度Q&A

Q:フルタイムの共働き家庭でなければ、新制度の支援を受けられないの?
A:新制度はすべての子育て家庭を支援する仕組み。急な用事などの際に利用できる「一時預かり」や、地域で気軽に子育ての相談や親子の交流ができる「地域子育て支援拠点」なども増やしていきます。またパートタイム就労の世帯でも「保育の必要性」の認定の仕組みを導入します。


Q:小学校に就学したら、支援はどうなるの?
A:保護者が昼間家庭にいない小学生は「放課後児童クラブ」に通うことができます。新制度では、職員の資格・員数、施設・設備、児童の集団の規模などについて新たに基準を定め、量の拡充と質の向上を図っていきます

 


 

Q:新制度をもっと詳しく知りたいのですが。
A:「内閣府子ども・子育て支援新制度」のHPをご参照ください。「子ども・子育て支援新制度なるほどBOOK」をダウンロードできます。


県も子育て支援に取り組んでいます!

あなたの力と経験をもう一度保育の場へ保育士バンク
愛媛県保育士・保育所支援センター

  • 保育士資格を持ちながら保育所等に勤務していない「潜在保育士」は、県内に9,000人もいるとか。そのなかの一人であるあなたが、もし「もう一度、保育の現場に戻りたい」「子どもたちの笑顔を見たい」と思ったなら、センターへぜひご相談ください。あなたの思いを実現するためサポートします。
  • 問い合わせ:松山市持田町3-8-15
  • 愛媛県社会福祉協議会内
    愛媛県総合社会福祉会館2F
  • 電話:080-6282-9050
  • http://www.e-h-sc.jp/main/


 


仕事と子育ての両立支援に取り組む企業を認証子育て応援企業
えひめ子育て応援企業

県では、子どもたちの健全育成と、働く方々の福祉の向上のため仕事をしながら子育てできる職場環境づくりに積極的に取り組む中小企業を「えひめ子育て応援企業」として認証。仕事と子育ての両立にがんばる中小企業を応援しています。

  • 問い合わせ:労政雇用課
  • 電話:089-912-2500

問い合わせ

  • 子育て支援課
  • 電話:089-912-2412

 


 

タイトル横

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画振興部広報広聴課 広報プロモーショングループ

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2241

ファックス番号:089-945-4211

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ