文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 入札 > 入札情報(物品・委託等) > 愛媛県デジタルマーケティング・インバウンド誘客促進業務の企画提案募集について

ここから本文です。

更新日:2018年10月15日

愛媛県デジタルマーケティング・インバウンド誘客促進業務の企画提案募集について

愛媛県には、我が国最古といわれる道後温泉や世界規模のサイクリング大会を開催するしまなみ海道をはじめ、特色ある観光資源や柑橘・水産品等の高品質なブランド産品など、来訪者に誇れる素晴らしいコンテンツに恵まれているものの、国外に対しての認知度は依然として低い状況にあり、本県独自の強みを伝えていくためには、対象者属性に沿う効果的な魅力発信手法の導入が必要不可欠です。

そこで、効果的かつ効率的に愛媛県の認知度向上を図ることを目的に、マーケティングの発想によるデジタルプロモーション業務を実施します。

また、本業務の成果指標データの継続的な収集・分析を行うことでセグメンテーションとターゲティングの最適化及びインサイトの探求を進め、PDCAサイクル機能を有する新しいプロモーション戦略を展開し、今後の施策に反映することを目標とします。

ついては、本事業の企画運営、事業の受託を希望する団体・事業者を次のとおり募集します。

なお、受託者は企画審査により決定します。

企画提案の概要

事業内容

  1. ターゲットに応じた動画コンテンツ制作業務
  2. 動画広告・ウェブサイト誘導等業務
  3. 1.及び2.の実施に基づく効果測定及び報告業務

ターゲット

  • 韓国、台湾、シンガポール、オーストラリア、フランス

動画コンテンツ

  • 動画の題材は、愛媛県の特色あるコンテンツを活用し、「観光」、「人・モノ」、「サイクリング」、「県産品」等の魅力について、認知向上に資するストーリー性のあるテーマを設定し、本県と協議の上、決定すること。
  • 制作本数は3本以上とし、ターゲットに的確に訴求できるものとすること。
  • 3分程度を目安とするが、テーマや撮影する素材により異なってもよい。

動画広告・ウェブサイト誘導等

  • 広告プラットフォームは、対象市場及びターゲットへの到達確度の高いメディアを選択するものとし、目的に応じた最適な配信方法や配信回数の目安とともに、愛媛県と協議の上、決定すること。
  • 広告からのランディング先について、広告内容に応じて愛媛県と協議の上、決定すること。
  • 上記ランディングサイトについて、愛媛県と協議の結果、より動画との関連性が高い内容とするため等で改修が必要と判断した場合には、その対応を行うこと。

効果測定及び報告業務

  • 広告の表示回数、動画の視聴回数、視聴者の属性や動画からの誘導状況等を分析しながら、ターゲッティングの変更、絞込み等の改善策を実施すること。
  • 業務の成果指標全般について、愛媛県で基本的な分析手法を理解するため、仕組み、操作、見解等についての説明会を実施し、それらを取りまとめた『分析手法説明書』の作成すること。
  • 業務の結果分析及び今後の展開について改善提案を盛り込んだ『分析結果報告書』を提出すること。
  • 本業務が愛媛県の認知、関心の向上へ与えた影響について「ブランドリフト調査」及び「サーチリフト調査」を実施し、結果を提出すること。

事業実施期間

  • 契約締結日から平成31年3月8日(金曜日)
  • うち広告配信時期については平成30年12月から平成31年2月の間を想定している。

目標KPI

  • 動画の視聴回数は、広告経由については500万回を下限とし、目標KPI(広告経由以外も含む動画の視聴回数)を示すこと。
  • 広告によって達成可能な「動画からのウェブサイト誘導数」について目標KPIを示すこと。
  • 誘導先のウェブサイト内でユーザーのコンバージョン指標としてふさわしいものがあれば、併せて提案すること。
  • 目標KPIで示した各種値を達成した場合も、予算の限り事業効果の最大化を目指して事業を継続すること。

応募資格

本企画提案に参加しようとする者は、以下の資格要件を全て満たす者とします。

  1. 地方自治法施行令第167条の4の規定(一般競争入札参加者の資格)のいずれにも該当しない者であること。
  2. 国または地方自治体から競争入札の参加資格停止を受けていない者であること。
  3. 銀行取引停止処分を受けていない者であること。
  4. 会社更生法に基づく更生手続開始の申立て、民事再生法に基づく再生開始の申立て及び破産法に基づく破産手続開始の申立てがなされていない者であること。
  5. 宗教活動や政治活動を主たる目的とする団体、暴力団若しくは暴力団員の統制の下にある団体ではないこと。
  6. 過去3年の間に、国または地方公共団体等が発注する類似・関連事業の受託実績があること。
  7. 共同事業体で参加しようとする場合は、代表者は上記1.から6.まで、構成員は上記1.から5.までの資格要件を満たすこと。また、構成員として参加している場合、単体で参加することはできない。

スケジュール

  • 参加表明書提出期限…9月21日(金曜日)
  • 企画提案書締切日…10月5日(金曜日)
  • 審査日(プレゼンテーション)…10月12日(金曜日)

当スケジュールを変更する場合には、参加表明者に対して連絡をします。
各日において、受付時間は執務時間中(月曜日から金曜日(祝日を除く)の午前8時30分から午後5時00分まで)とします。

企画提案(プロポーザル)の審査結果

  1. 参加者数:5
  2. 委託契約候補先:株式会社XPJP

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画振興部プロモーション戦略室 デジタルマーケティングG

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2280

ファックス番号:089-921-2002

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ