文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2017年12月18日

県際交流圏の形成

(1)基本的な考え方

四国縦貫・横断自動車道等の整備進展により本格的な高速交通時代を迎えるなかで、徳島、香川、高知の四国各県はもとより、瀬戸内しまなみ海道で結ばれた広島県、豊予海峡ルートの具体化に共に取り組む大分県など、本県と接する四国、中国、九州の各地域との県境を越えた様々な交流や連携がますます活発化していきます。

このため、これら隣接県と協力しながら、県境を越えた機能分担や地域資源の相互活用などを積極的に推進し、観光、産業、生活、文化など様々な分野での多様な交流・連携を促進することにより、広域的な県際交流圏の形成をめざします。

なお、これら県際交流圏の具体化にあたっては、隣接県や関係市町村による交流会議の開催など、十分な連絡調整と協調体制の確立、経済団体や地域住民など民間レベルと一体となった地元協議会組織の育成支援、草の根交流の喚起などに努めながら、地域の意向や特性を十分に配慮した取組みを進めていきます。

(2)県際交流圏の地域区分

高速交通体系の整備進展や高度情報通信網の構築などにより、県境を越えた交流・連携が活発化し、一体的な発展が望まれる地域として、以下の5つの県際交流圏を設定します。

  • 四国中央県際交流圏
    [宇摩圏域と徳島県三好地域、香川県三豊地域、高知県嶺北地域を中心とする四国中央部エリア]
  • 四国やまなみ県際交流圏
    [上浮穴地域と高知県高吾北地域を中心とする仁淀川流域エリア]
  • 四国西南県際交流圏
    [宇和島圏域と高知県西南部を中心とする四国西南部エリア]
  • 瀬戸内しまなみ県際交流圏
  • [今治圏域と広島県備後地方生活圏域の海岸部及び島しょ部を中心とする瀬戸内しまなみ海道周辺エリア]
  • 豊予海峡県際交流圏
    [八幡浜・大洲圏域と大分県大分臼津圏域を中心とする豊予海峡交流エリア]

県際交流圏のイメージ

四国中央県際交流圏

宇摩圏域と徳島県三好地域、香川県三豊地域、高知県嶺北地域を中心とする四国中央部エリア

この県際交流圏は、四国のほぼ中央に位置し、四国縦貫・横断自動車道の結節点として四国4県の県都や空港と約1時間で結ばれる地理的優位性があることから、隣接地域の連携と協力を得ながら四国交流エリア構想の具体化を進めていくことにより、四国4県の人・もの・情報の交流拠点としての発展が期待される地域です。

このため、通勤や買物など地域住民の日常生活において既に密接な関係にある香川県三豊地域や徳島県三好地域との適切な機能分担により、県境を越えた生活経済圏の形成をめざします。

また、四国中央サミットとの連携も図りながら、四国4県が連携・協力して、四国全域を視野に入れた文化、スポーツ、産業等の分野における交流拠点の整備を進め、コンベンション機能や物資集積機能の強化を図るとともに、共有する吉野川流域の山岳観光資源、森林資源を活用した広域観光ゾーンの形成などに取り組み、四国中央交流エリアとして発展する圏域づくりをめざします。

四国やまなみ県際交流圏

上浮穴地域と高知県高吾北地域を中心とする仁淀川流域エリア

この県際交流圏は、日本三大カルストのひとつとして有名な四国カルストや西日本最高峰の石鎚山、美しい高原にはぐくまれた森林、仁淀川の清流など、水と緑が織りなす美しい自然にあふれた、四国の軽井沢とも称される高地性の気候や豊かな森林資源が、他圏域にはない独自の文化や産業を育てています。

このため、高知松山自動車道の整備促進により松山都市圏や高知都市圏の様々な高次都市機能への近接性を高め、都市的サービスの向上と人口定住の促進をめざします。

また、高知県と連携・協力して、高原・山岳特性を生かした質の高い観光・レクリエーション機能の強化や、国道33号沿線地域における交流促進施設のネットワーク化による広域観光交流ルート「四国やまなみ街道(仮称)」の形成に努めるとともに、基幹産業である農林業の振興に取り組み、快適な高原リゾート機能や豊かな農林資源が「住む」「働く」「遊ぶ」「憩う」といった人びとの生活と調和し、住む人も集う人もだれもが楽しくゆったりと過ごせる生活リゾート圏域の創造をめざします。

四国西南県際交流圏

宇和島圏域と高知県西南部を中心とする四国西南部エリア

この県際交流圏は、温暖な気候条件のもとで、豊かな森林や美しい川、海が維持され、これらの自然環境を背景とした特色ある農林水産業と共通する郷土文化が発達した地域であり、古くから経済・文化交流を中心とした県境を越えた生活圏が形成されています。また、典型的な中山間地域や過疎地域が多く、産業・交通基盤の整備の遅れにより、少子・高齢化の急激な進行や所得水準の低迷など共通の課題も抱えています。

このため、両県の地方拠点都市地域の整備促進により、宇和島市や中村市、宿毛市など中心都市の拠点性を高めるとともに、四国横断自動車道の当圏域への延伸や四国西南空港の実現可能性の検討など、交流基盤の整備を進めます。

また、高知県と連携・協力して、足摺宇和海国立公園や清流四万十川など両県にまたがる第一級の自然環境の保全を図りながら、圏域の基幹産業である農林水産業を生かした親自然型リゾートゾーンの形成や、保健・医療・福祉機能や森林・海洋を生かしたウェルネスゾーンの形成に取り組み、適度な都会性と豊かな自然を共有できる穏やかで潤いのある多自然居住地域の創造をめざします。

瀬戸内しまなみ県際交流圏

今治圏域と広島県備後地方生活圏域の海岸部及び島しょ部を中心とする瀬戸内しまなみ海道周辺エリア

この県際交流圏は、瀬戸内しまなみ海道という新しい海の道の誕生により、瀬戸内海の島々に住む人びとの生活利便性が飛躍的に向上するだけでなく、橋を介して広島県と結ばれることにより、島根から広島、愛媛、高知へとつながる中四国地域連携軸の中枢を担う交流圏として、多様な発展ポテンシャルを秘めています。

このため、瀬戸内しまなみ海道の大島及び生口島の島内道路の整備や広島県の安芸灘諸島、関前諸島、上島諸島を結ぶ瀬戸内海島しょ部架橋構想を推進するとともに、広島県と連携・協力して、広域的な保健・医療・福祉サービスの供給体制の構築や花き、柑橘類、海産物など農水産品を対象とした圏域ブランド特産品の開発など、県境を越えた市町村の連携・協力による生活・産業基盤の整備を促進します。

また、観光交流拠点や歴史・文化拠点、島々が織りなす美しい瀬戸内海と優美で多様な橋に彩られた景観や、海を渡るサイクリングロードなどの地域資源を活用した魅力あふれる海洋文化交流ゾーンの創造に取り組み、人びとに出会いと感動を演出する瀬戸内海を舞台とした広域交流拠点としての発展をめざします。

豊予海峡県際交流圏

八幡浜・大洲圏域と大分県大分臼津圏域を中心とする海峡交流エリア

この県際交流圏は、今後、豊予海峡ルートの具体化を図っていくことで、新しい国土の大動脈における四国と九州の交流拠点となり、太平洋新国土軸の一翼を担う海峡交流圏として将来に限りない可能性を秘めている圏域です。

このため、豊予海峡ルートと高速道路を結ぶ大洲・八幡浜自動車道の整備を促進するとともに、大分県と連携・協力して、太平洋新国土軸形成の鍵を握る豊予海峡ルートの一日も早い具体化をめざします。

また、当面は、別府温泉、湯布院、佐田岬半島、大洲、内子などに代表される美しい自然景観や町並み、歴史文化遺産などの観光交流拠点のネットワーク化による広域観光ルートの形成に取り組むとともに、豊かな漁業資源に恵まれた豊後水道海域を圏域共通の資源として活用した資源管理型漁業の推進、付加価値の高い農林水産品の開発や地域ブランド化の促進など、両圏域の特色を生かした食料・食品供給基地としての機能強化を図るなど、海峡を越えた交流・連携を促進します。

戻る 上へ 次へ

目次へ戻る

お問い合わせ

企画振興部総合政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2230

ファックス番号:089-921-2002

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ