文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2017年12月18日

宇和島圏域

圏域の特性

自然

県西南部のこの圏域は、北は法華津峠、歯長峠など肱川水系と四万十川水系を分ける法華津山脈、東と南は鬼が城山系や篠山などの山岳地域が広がり、西は宇和海に面しています。沿岸部はリアス式海岸に縁取られ、内陸部は緑深い四国山地の懐にいだかれるなど、足摺宇和海国立公園や篠山県立自然公園にも指定されている美しい景観と豊かな自然に恵まれています。

地形は大部分が山地で、まとまった平地が少なく、河口や入江、盆地や河川流域に市街地や集落が形成されています。

気候は年間を通じて比較的温暖で多雨の太平洋型ですが、地形・地質が複雑、ぜい弱で、台風の通り道でもあることから、災害へのより確かな備えが求められる地域でもあります。

歴史・文化

平城貝塚(御荘町)などの古代の遺跡、藤原純友の乱の根拠地として有名な日振島、中世から戦国期にかけての河後森城跡(かごもりじょうあと:松野町)など古い歴史の名残をとどめるこの圏域は、近世以降、伊達十万石の城下町宇和島を中心に栄え、幕末から明治にかけては、伊達宗城、児島惟謙などの偉人を輩出し、宇和島城、天赦園など多くの史跡や名勝が現存しています。

また、闘牛や牛鬼をはじめ、鹿踊り(宇和島市など全域)、伊予神楽(宇和島市、北宇和郡)、鬼北文楽(広見町)など多くの民俗文化が伝承されており、これら固有の歴史や伝統と南国的な力強さや陽気さが融合した独自の文化圏を形成しています。

内陸部の鬼北地方は、稲作を中心とした田園地帯として発展してきました。また、吉田町から城辺町・西海町に至る海岸部は、半農半漁の段畑耕作といわし網漁業から、かんきつ栽培や海面養殖漁業へと変遷してきました。

暮らし

圏域内の人口の約4割が集積する宇和島市は、県内第4位の都市であり、南予における行政・教育・文化の中心地として発展してきました。通勤、通学、医療など周辺町村とも強く結び付いており、商圏は、隣接する北宇和郡、南宇和郡をはじめ、高知県幡多地域にも広がるなど、今後も圏域の中心都市としてより高次で多様な都市機能を担っていくことが求められています。

また、人口の減少とともに著しい少子・高齢化が進んでいるこの圏域では、保健・医療・福祉機能の充実など、健やかに安心して暮らすことのできる環境づくりをはじめ、教育・就業の場の確保や街のにぎわいなどを創出し、若者の定着を図ることが大きな課題となっています。

さらに、将来にわたり恵まれた自然環境を維持していくため、下水道や廃棄物処理施設の整備を進めていくことが必要です。

産業

第一次産業が圏域内総生産の約1割を占めるなど、6圏域中でそのウエイトが最も高くなっています。農業については、沿岸部では、吉田町を中心に温州ミカンなど柑橘類の栽培が盛んであり、内陸部は、米、野菜、果樹、畜産などの多様な産地を形成しています。水産業は、カツオの水揚げで有名な城辺町深浦漁港などの漁業基地があるほか、宇和島市や津島町、さらには、内海村など南宇和郡を中心に、マダイ、ハマチ、真珠・真珠母貝などの養殖が盛んに行われ、日本有数の生産量を誇っています。しかし、近年は生産過剰や消費の伸び悩みなどによる魚価の低迷、アコヤ貝のへい死の増加や真珠品質の低下など厳しい状況にあり、その対策が緊急の課題となっています。

製造業は電気機械器具、輸送用機械器具、食料品、繊維製品などの業種が立地しているものの集積度は低く、今後、地域の特性を生かした食品加工業の振興や真珠加工業の育成、内陸部への企業誘致などを積極的に行っていく必要があります。また、商業は宇和島市が圏域の中心として機能してきましたが、大型店の周辺町への立地などで拠点性が低下しており、中心市街地の活性化が求められています。

観光面では、宇和島市や南予レクリエーション都市ゾーンにおける観光・レクリエーション施設の集積に加え、特産品等を生かした新たな交流拠点として道の駅が整備されています。また、宇和海のリアス式海岸や西海町の海中公園、四万十川上流域の成川渓谷や滑床渓谷、広見川、三間川、目黒川などの清流、鬼が城山系や篠山を中心とする山岳地域など、多彩な自然や景観にも恵まれています。今後、これらを広域的に組み合わせた滞在・体験型の広域観光ルートを整備し、来訪者の拡大を図ることが課題となっています。

基盤

圏域内の沿岸部を南北に国道56号が縦貫し、これを軸として内陸部の広見町、松野町、日吉村方面に国道320号、381号、441号が、沿岸部の吉田町から明浜町方面には国道378号が、西海町方面には西海有料道路などが走り、圏域内の主要幹線網を形成しています。広域交通基盤では、四国横断自動車道が八幡浜・大洲圏域から宇和島圏域へと延伸する計画であり、国道56号宇和島道路の整備も進むなど、松山圏域等との時間距離は大幅に短縮していきます。

鉄道はJR予讃線とJR予土線(JRしまんとグリーンライン)があり、予讃線の電化・複線化の早期実現が望まれています。海上交通は、宇和島港から九州へのフェリー航路、離島航路などが設けられています。

高知県と接するこの圏域では、宿毛市、広見川・四万十川流域の幡多地域との交流・連携による地域づくりを進めるとともに、四国西南地域の自立的成長をけん引する重要な拠点として宇和島市への高次都市機能の集積を図ることが求められています。

圏域の目標像

個性的な歴史・文化と豊かな自然や資源を生かした活力ある産業の創出と、穏やかで潤いのある定住空間やウェルネス空間の整備により、四国西南地域をけん引する圏域をめざします。

圏域づくりの基本方向

  • にぎわいに満ち文化の香る中核都市の形成
  • 穏やかで潤いのある定住環境の整備
  • 心と体のウェルネス空間の形成
  • 自然と共生する活力ある産業の振興
  • 交流・連携を促進する基盤の整備

主要施策

にぎわいに満ち文化の香る中核都市の形成

宇和島圏地方拠点都市の中核となる都市機能の整備

  • 宇和島圏地方拠点都市地域基本計画を推進し、四国西南地域をけん引する圏域の形成をめざします。
  • 圏域最大の都市である宇和島市において、圏域内町村の特性を生かしたまちづくりとの連携や役割分担を図りながら、JR宇和島駅周辺地区の再開発、商店街のアーケードやカラー舗装、駐車場等の整備、空き店舗を活用したイベント空間の創出、日曜市や夜市の取組み促進などによる中心商店街の活性化、新内港周辺地区を中心とする港湾ゾーンの整備など中心市街地活性化対策に努め、高次都市機能が集積するにぎわい空間の形成をめざします。
  • 南宇和郡や足摺岬方面、鬼北地方や四万十川方面へ向かう広域観光ルートの起点にふさわしい情報提供システムの整備など、圏域内の町村と連携を図りながら広域拠点にふさわしい都市づくりを促進します。

歴史・文化を生かした都市づくり

  • うわじま牛鬼まつりや闘牛などの特色ある伝統文化の保存と継承に努めるとともに、伊達の城下町として培われた歴史・文化を活用したまちづくりを促進します。
  • 宇和島城や天赦園などの史跡の整備や伊達博物館の機能の充実など、地域を代表する歴史的文化遺産の保存・活用を図るとともに、電線類の地中化をはじめ、植栽やモニュメントの設置による歩道のグレードアップなど宇和島城周辺の景観に配慮した都市づくりを促進します。
  • 高野長英、大村益次郎、シーボルトの娘イネ、児島惟謙などの足跡をたどる記念碑・遊歩道を整備し、既存の歴史文化施設と連携させた回遊ルートを設定するなど、伊達文化を中心とする歴史文化探訪エリアの形成を促進します。

穏やかで潤いのある定住環境の整備

自然を大切にした快適な定住環境の整備

  • 美しくアメニティに満ちた多自然居住地域を創造するため、圏域の自然を大切に守りながら、都市的サービスや安心とゆとりある居住空間を同時に享受できる快適な定住環境をめざします。
  • 宅地、集落道等の定住基盤の整備、公園やごみ処理施設、環境リサイクル施設等の整備と広域的な活用、小集落の維持・活性化、農山漁村の景観を構成する森、棚田、段畑の保全等を促進します。
  • 公共下水道、集落排水、合併処理浄化槽などの整備を積極的に進め、全国有数の美しい景観と豊富な水産資源に恵まれた宇和海の環境保全に努めるとともに、高知県幡多地域と連携した四万十川水系を守る運動の積極的な展開など、日本最後の清流四万十川の水質や生態系の保全への取組みを支援します。
  • 治山・治水対策、土砂災害対策、海岸保全対策、防災対策など災害に強い地域づくりを進めます。

少子・高齢社会に対応した保健・医療・福祉の充実

  • 圏域の中核医療拠点である市立宇和島病院の拡充・整備及び周産期医療の機能強化を支援するとともに、県立北宇和・南宇和病院をはじめ、圏域内の病院、診療所などとの連携を強化し、住民が等しく良質な医療サービスを受けられるような体制の整備を支援します。
  • 生活援助や介護などの在宅サービスの充実や特別養護老人ホーム等の施設整備を促進するとともに、介護保険制度の運営における市町村の広域的な取組みを支援するなど、高齢者が安心して家庭や地域で暮らせるような地域づくりを促進します。
  • 生活環境や社会環境のバリアフリー化など、高齢者や障害者の社会参加や社会的自立の促進に努めます。
  • 少子化の進展や育児・教育ニーズの変化など、地域の実情を踏まえた保育所の整備を促進するとともに、地域ぐるみの子育て支援ネットワークを構築するなど、子どもを安心して産み育てることができる環境づくりを進めます。

教育・文化・スポーツの振興

  • 小・中・高等学校校舎等の整備やマルチメディアを活用した多様な教育の推進、さらには、地域の特性を生かした体験教育の推進など、圏域の豊かな自然環境のなかで、子どもが伸び伸びと育つことができるような教育環境の整備を進めるとともに、新しい時代に対応した高等教育機能の充実・強化を支援します。
  • 国の史跡に指定された中世の城郭「河後森城跡」の整備など、地域の文化遺産の保存・伝承に努めるとともに、御荘町や広見町などでの住民の地域づくりや生涯学習の拠点となる文化交流施設の整備、城辺町や内海村などでの総合体育施設等の住民に身近なスポーツ施設の整備などを促進し、地域住民のスポーツ・文化活動を支援します。

心と体のウェルネス空間の形成

南予ウェルネスゾーン(広域的、総合的な保健・医療・福祉ゾーン)の形成

  • 美しい自然環境を生かし、圏域内外の人びとが滞在・居住し、文化・レクリエーション活動を楽しみながら健康の回復や増進を図るため、保健・医療・福祉に関する研究・指導や人材育成等の機能が集積する南予健康の森の整備を促進します。
  • 南宇和郡の温暖な気候と美しいリアス式海岸や南予レクリエーション都市関連施設の集積を生かし、保健・福祉施設、海洋療法(タラソテラピー)や温泉を利用した療養・保養施設など、健康の回復・増進を図るための機能を集積した海のウェルネスタウンの整備を促進します。
  • 隣接する八幡浜・大洲圏域の森のウェルネスタウンや圏域各地の観光保養エリアとの連携により、健康をテーマとした多自然居住地域を創造します。

県民に身近な海と森のレクリエーション空間の整備

  • 宇和海沿岸では、足摺宇和海国立公園などの自然環境の保全を図りつつ、西海町の海中公園や鹿島など、海にふれあえる場や海釣り・ダイビング等のマリンスポーツ拠点の整備を促進します。
  • 内陸部では、森林や渓谷等の保全に努めながら、一本松町の篠山森林公園など、癒しの機能を持つレクリエーション施設、森の生態系を学ぶ自然観察の森、長期滞在が可能なキャンプ場やケビンの整備を促進します。
  • 南予レクリエーション都市については、高速道路の南予延伸やレクリエーション需要の動向などを踏まえながら、新しい整備計画を策定し、関連施設の整備を進めるとともに、各拠点施設とのネットワーク化や宿泊観光スポット、イベントに関する情報提供サービスの充実を図り、身近な自然のなかで県民だれもが心を癒せる保養・レクリエーション空間(癒しの郷)の形成を促進します。
  • 農山漁村に滞在して、ゆとりある休暇を楽しむグリーン・ツーリズムやブルー・ツーリズムを促進します。

四国西南地域における滞在型観光ネットワークの形成

  • 南予レクリエーション都市公園など圏域内観光施設と、四万十川や足摺岬など全国的にも有名な観光資源が点在する高知県西南部とを連携させた広域観光ルートを開発・整備し、四国西南地域を舞台とした滞在型観光ネットワークの形成をめざします。
  • 四万十川のふるさととしての新たなイメージ創出に向け、滑床渓谷などの景観の保全と交流施設の整備、JR予土線を活用したトロッコ観光列車の運行など、四万十川流域の連携による観光資源の開発を促進するとともに、豊富な食材や温泉を活用した民宿・ペンション、多様な自然を生かしたオートキャンプ場など、個性的で魅力ある宿泊施設の整備とネットワーク化を支援します。
  • 宇和海の景観を象徴する「耕して天に至る」と言われた石積みの段畑、防風石垣の残る集落、日本有数の生産量を誇るミカンや真珠・ハマチ等の養殖などを観光の側面から見直し、新たな観光拠点とするとともに、ダイビングや磯釣りなど海をテーマとした観光、郷土料理を味わうグルメ観光など、圏域が持っている多彩な地域資源の観光化を図り、他地域にはない独自の魅力を持った広域的な観光エリアの形成をめざします。

自然と共生する活力ある産業の振興

宇和海の生態系と共生する水産業の振興

  • 宇和海の豊かな自然と先進的な水産技術を活用して水産業を一層振興するため、漁場、養殖場、漁港などの基盤整備を推進するとともに、県水産試験場を充実・強化し、新たな養殖魚種の開発、漁場の環境に見合った養殖管理技術の開発、魚病対策、病気に強い健康な魚・貝づくりの研究を進めるほか、愛媛大学沿岸環境科学研究センターとの共同研究などを推進し、海洋環境の回復・保全に努めます。
  • アコヤ貝の大量へい死や養殖マダイ・ハマチなどの価格低迷などに対処するため、適正養殖の推進や環境にやさしい低負荷型給餌養殖の導入など漁場環境に配慮した養殖業の振興に取り組みます。
  • 河川上下流域も含めた地域住民が一体となった海を守る運動の展開など、かけがえのない生産基盤である宇和海の環境保全に努めます。
  • 海洋関連の研究開発・人材育成機能の充実、真珠産業の育成支援機能の整備、水産物の加工・流通・販売機能の充実など、海をテーマにした総合的な開発拠点の形成をめざします。

地域を支える農林業の育成

  • 農林業の生産や流通の効率化を図るため、ほ場、かんがい施設、ため池、育苗センターや集出荷場などの共同利用施設、広域農道、大規模林道、集落道等の生産基盤整備を進めます。
  • 就業者の減少や兼業化、高齢化などに対応した農林業の振興を図るため、広見町、松野町、日吉村などの農林業公社を中核として、農地の流動化と集積による有効利用の促進、作業受託組織や機械等の共同利用組織の育成、多様な担い手の確保・養成、畜産におけるヘルパー制度の導入等を促進します。
  • 中山間地域の環境保全、集落の機能保持、農地の保全など定住条件の整備を図るとともに、交流施設、農業公園、農林産物直売所などの整備を通じ、農林産物の販売と都市や近隣地域住民との交流を促進します。
  • 吉田町など県下有数のミカン産地の生産振興のため、県果樹試験場南予分場を拡充・整備し、研究機能の充実や生産支援体制の強化を図るとともに、ミカンに関する展示・学習施設の併設など、研修・交流機能の強化にも努めます。
  • 三間町など良質米産地における銘柄産地や桃・柿・梅などの落葉果樹産地の育成、南宇和郡の温暖な気候を生かした美生柑など柑橘類の優良産地の育成のほか、地域特産品種の開発や高付加価値化、ブランド化を支援します。

若者に魅力のある雇用機会の創出

  • 地域特産の真珠について、生産から加工・販売までの一貫システムを構築していくため、加工技術の研究とともに、製品化のためのデザイン技術力の向上やブランド化に向けた取組みを支援します。
  • 地場産業であるかまぼこなどの水産練製品の加工販売業を振興するため、県の試験研究機関の食品加工に関する研究開発機能を活用して、加工技術力や商品企画・開発力の向上、DHA(ドコサヘキサエン酸)など水産物の優れた栄養特性を生かした新製品の開発など、水産・食品関連の多様な事業展開を支援します。
  • 宇和島市をはじめ各地の商店街・商業を振興するとともに、四国横断自動車道の延伸を足掛かりに、三間インターチェンジ周辺での物流基地の整備や企業誘致を促進し、新たな産業の創出と雇用の拡大による若者の定住促進をめざします。

交流と連携を促進する基盤の整備

広域交通ネットワークの整備

  • 産業経済の発展や観光振興などを支える広域交流基盤を整備するため、四国横断自動車道宇和島~大洲間の整備を促進するとともに、内海~津島間については整備計画区間へ、中村~内海間については基本計画区間への早期昇格に努めます。また、インターチェンジへのアクセス道路の整備を促進します。
  • 圏域内基幹道路については、国道56号の宇和島道路及び一本松町局部改良の重点整備、国道320号、378号、381号、441号や主要地方道などの整備、日吉松野線や広見篠山線など大規模林道の整備促進とネットワーク化を進めます。
  • 路線バス等、地域の生活交通を確保するための体制づくりを進めるとともに、宇和島市九島への架橋整備事業の具体化を支援します。
  • 重要港湾である宇和島港の物流機能の強化やJR予讃線の電化・複線化の促進に取り組むほか、宇和島~宿毛間の鉄道新線の整備や四国西南空港の建設についても、需要等を考慮しながら整備の可能性を検討します。

高度情報通信ネットワークの構築

  • 既存のCATV網を活用した情報通信ネットワークの構築や大容量の光ファイバ網の形成など、総合的な情報通信基盤の整備を促進するとともに、小・中・高等学校等における情報教育を充実・強化し、情報化を支える人材の育成に努めます。
  • テレトピア構想によるマルチメディアを活用して、住民への多様な情報サービスの提供を行うとともに、行政ワンストップサービスの実施をめざします。
  • 高度情報通信技術を活用した遠隔医療やテレワークの導入促進、さらには、インターネットを活用した観光・レクリエーション情報の提供などにより、情報を活用した地域連携の促進や地域の活力向上をめざします。

戻る 上へ 次へ

目次へ戻る

お問い合わせ

企画振興部総合政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2230

ファックス番号:089-921-2002

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ