文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2017年12月18日

八幡浜・大洲圏域

圏域の特性

自然

日本一細長い佐田岬半島が瀬戸内海と宇和海を分かち、その先端から約14Kmの豊予海峡を隔てて九州を望むことができます。瀬戸内海国立公園や佐田岬半島・宇和海県立自然公園、肱川県立自然公園、四国カルスト県立自然公園などの豊かな自然や美しい景観に恵まれた圏域です。

内陸部は四国山地の豊かな森林に囲まれ、県内最大の河川である肱川水系流域に点在する盆地を中心に、市街地や集落が形成されています。また、沿岸部は瀬戸内海と宇和海に面し、佐田岬半島から南の宇和海に面した地域は典型的なリアス式海岸となっており、随所に素晴らしい景観を呈しています。

気候は、県内では比較的降水量の多い地域でおおむね温暖ですが、沿岸部は海洋性気候の影響により四季を通じて温暖で、寒暑の差が少なく、一方、内陸部は盆地特有の気候で夏と冬、昼と夜の温度較差が大きい傾向があります。また、冬季においては、大洲盆地と伊予灘の夜間の温度較差によって、冷気に霧を伴った強風「肱川あらし」もみられます。

歴史・文化

内陸部では宇和盆地が古代、中世を通じ、南予一円の政治や文化の中心として栄え、申義堂や開明学校、高野長英や二宮敬作の足跡など幕末から明治にかけての文化遺産も多く残っており、県歴史文化博物館が整備されるなど文化の里づくりが進められています。また、城下町として発展した肱川中流域の大洲盆地は、伊予の小京都とも称される趣を今に伝えているほか、和紙や木ろうの産地として栄えた内山盆地では、内子町の町並みが重要伝統的建造物群保存地区として保存され、まちづくりにも生かされています。

沿岸部の八幡浜市や保内町は、古くから海運、紡績、漁業、商業などが栄え四国の西の玄関として、また、開閉橋が舟運の名残をとどめる肱川河口の長浜町は、木材、まゆ、和紙など流域の物資の集散地、舟運の拠点として繁栄しました。

また、八幡浜市の座敷雛、五十崎町の大凧合戦、野村町の乙亥相撲や泉貨紙、肱川町の大谷文楽、三瓶町の朝日文楽、明浜町の俵津文楽などの伝統的な習俗、行事、芸能、文化が保存伝承されるとともに、近年では、全国かまぼこ板の絵展(城川町)、メセナ八幡浜美術展(八幡浜市)などの新しい地域文化活動もみられます。

暮らし

八幡浜市と西宇和郡からなる八西地域は八幡浜市を、また、肱川流域は大洲市を中心にそれぞれ発展してきましたが、通勤や通学、医療、買物など圏域内の交流も多く、両市には圏域の中心都市として、より高次の都市機能の整備が求められています。また、東宇和地域は両市に加え、隣接する宇和島圏域との交流も多くみられます。

現在、この圏域では、人口の減少と少子・高齢化が進んでおり、地域の活力維持のために若者の定住促進が喫緊の課題になっています。今後、高速道路の延伸などにより、松山都市圏等との時間距離が短縮されることから、この圏域が持つ恵まれた自然環境や美しい景観の保全と活用に努め、都市との交流の拡大による地域の活性化を図ることが望まれます。

また、これと併せて、にぎわいのある市街地の形成、生活環境の整備、地域の保健・医療・福祉の充実、教育・研究・文化施設の整備などを進めることにより、環境と調和し、快適で利便性にも恵まれた圏域の自立的な発展が求められています。

さらに、県内最大の肱川水系等の治水対策や急傾斜地等の土砂災害対策を進めるほか、四国唯一の原子力発電所である伊方原子力発電所の安全・防災対策を強化する必要があります。

産業

総生産でみると農林水産業の比重が大きいことが特徴です。宇和海沿岸の斜面は、生産量日本一の温州ミカンを中心とした果樹の栽培が盛んに行われ、内陸部の肱川流域は米や野菜、落葉果樹の主要生産地になっています。また、四国山地の豊かな森林資源を生かした林業や酪農、肉用牛、豚などの畜産業も盛んです。水産業は、国内有数の好漁場である宇和海及び伊予灘に面し、多様な漁業資源に恵まれているほか、宇和島圏域と共に養殖業も盛んですが、従事者の高齢化や後継者不足などの課題を抱えています。

製造業は、八幡浜地域の水産加工・縫製、大洲市の電気機械器具などがありますが、今後、四国縦貫・横断自動車道の整備に合わせ、新たな企業の誘致に努めるとともに、地場産業の高度化や高付加価値型産業の育成を図ることも重要な課題です。また、商業は大型店の郊外進出や圏域外への購買力の流出などがみられ、中心商店街の活性化が求められています。

圏域内は、歴史的な町並み、棚田や段畑、大野ヶ原のブナの原生林や桂川渓谷、三滝渓谷などの森林空間、各地に湧出する温泉、青い宇和海などの歴史文化資源や自然環境に恵まれており、今後、療養・保養機能を備えた施設の整備などを進め、豊かな地域資源とのネットワーク化により、保養機能と観光・レクリエーション機能が融合した空間の形成が望まれています。

基盤

圏域内の道路網は、国道56号、197号を基軸として、国道378号、379号、441号や主要地方道等でネットワークされており、主要地方道八幡浜宇和線の笠置バイパスなどの整備が進んでいます。

また、四国縦貫自動車道伊予~大洲間の開通を間近に控え、四国横断自動車道も大洲~宇和~三間間の整備が進められるとともに、今後、大洲・八幡浜自動車道の整備、豊予海峡ルートの具体化などを通じ、九州地方との交流拡大も期待されています。

圏域内を走る鉄道のJR予讃線・内子線は単線の未電化路線であり、利便性向上のため、早期の電化・複線化が望まれています。海上交通は、八幡浜港、三崎港から九州へのフェリー航路等が設けられており、四国の西の玄関として重要な役割を果たしています。

圏域の目標像

農林水産資源を活用した新たな産業と、豊かな自然や歴史・文化にふれあう快適な生活空間を創造し、九州地方との交流の拠点となる、活力に満ち潤いとやすらぎを感じられる圏域をめざします。

圏域づくりの基本方向

  • 活力に満ちた農林水産業の振興と次代を担う産業の創出
  • 自然と調和した快適な生活空間の形成
  • 潤いとやすらぎのある暮らしの創造
  • 自然や歴史を生かした地域づくりと交流の促進
  • 交流・連携を促進する基盤の整備

主要施策

活力に満ちた農林水産業の振興と次代を担う産業の創出

農林水産業の基盤整備

  • 農林水産業の総合的な基盤整備と低コストで高品質な生産体制づくりを進め、高速道路の開通等に伴う都市とのアクセス性の向上を生かした生鮮食料品等の供給基地としての機能強化に取り組みます。
  • 農林業においては、ほ場、用排水施設、農・林道などの生産基盤整備や先進的経営体の育成、多様な担い手の確保・育成、森林組合の体質強化などに努めるとともに、産地直送など流通ルートの開拓、果樹を中心とした観光農業への展開など、高速交通体系の延伸に対応した振興を図ります。
  • 全国有数の柑橘類の銘柄産地となっている八西地域では、農道や園内作業道、かんがい施設の整備を進め、栽培管理作業の効率化と営農労力の軽減等に取り組むとともに、優良品種への更新や生産技術の向上を推進し、将来にわたる高品質ミカンの銘柄産地として一層強化します。
  • 県内有数の乾シイタケ生産地である大洲地域では、ほだ場の平地化や共同利用作業道の開設など、生産環境の整備を促進するとともに、生産技術の改善による品質の向上をめざします。
  • 酪農や肉用牛、豚などの畜産業については、優良畜種の導入や生産技術の高度化、飼養管理の徹底を図るとともに、自然が持っている循環機能を活用し、環境と調和した家畜ふん尿の適正な管理・利用への取組みを推進します。
  • 水産業においては、漁場の造成や各漁港の整備などを促進するとともに、八幡浜市における流通加工拠点の形成や、明浜町、伊方町における海を生かしたふれあい地区の整備等により、都市住民との交流に取り組みます。

消費者との結び付きを強化した高付加価値農林水産業の推進

  • 三崎町の岬(ハナ)アジ、岬(ハナ)サバや三瓶町のニューサマーオレンジなど、消費者ニーズをとらえた農林水産物の高付加価値化やブランド化を進めるとともに、豊かな地域素材を生かした食品加工の研究開発機能や人材育成機能の強化、食品加工業の集積基地の形成などを促進します。
  • 各地において取り組まれる地場産品を活用した新たな特産品の開発、加工・流通・販売施設の整備、農林水産業を生かした新たなふるさと産業おこしを積極的に支援するとともに、県畜産試験場を拡充・整備し、食肉や牛乳などの生産性や質の向上、二次加工の研究機能などの強化を図ります。

産業の活性化による都市機能の充実

  • 高速道路の開通等に伴う松山都市圏等との時間距離の短縮、清流や森林・海に囲まれた自然あふれる生活環境など、利便性の向上と快適性に優れた定住条件を生かし、産業の活性化や都市機能の充実を図ります。
  • 大洲や宇和など高速道路インターチェンジ周辺や長浜町などの臨海部の開発適地を中心に、工業用地、物流団地等の整備を促進し、アグリビジネスやハイテク産業の誘致、圏域内企業の新事業創出支援などにより、企業立地を促進します。
  • 民間企業と連携しながら研究開発機能や人材育成機能の集積を促進し、その活用を図ることで、新産業の創出や既存産業の高度化、地場産業の育成などに努めます。
  • 八幡浜・大洲地方拠点都市地域基本計画の推進などにより、土地区画整理や観光施設等の整備を進め、商業、観光産業、サービス業などの都市型産業を育成するなど、圏域内への定住促進に欠かせない魅力的な雇用機会の創出に努めます。
  • 八幡浜市や大洲市などの都市部における中心市街地の衰退に歯止めをかけるため、商店街の振興など中心市街地活性化対策を積極的に促進します。

自然と調和した快適な生活空間の形成

質の高い生活空間の整備

  • 肱川の清流や緑豊かな田園風景、美しい海など圏域の自然や景観に調和した質の高い生活空間づくりをめざし、都市部の宅地、公園、下水道など生活基盤の整備や、日常生活のなかで水や緑と親しむことができる生態系と調和した河川や森林の整備を進めます。
  • 廃棄物の発生を抑制し、資源のリサイクル率を向上させるための施策の積極的な展開や一般廃棄物処理の広域化を促進します。
  • 農山漁村では、集落の維持・活性化を図るため、宅地、集落排水、合併処理浄化槽、集落道等の基盤整備を促進するとともに、森や棚田など地域の景観保全、広域的な視点での交流施設・文化施設等の整備、活用を促進し、恵まれた自然のなかで、多彩なふれあいが展開される交流空間の形成を進めます。

安全で災害に強い地域づくり

  • 肱川流域の治水の安全性を高め、併せて水資源の有効利用を図るため、流域住民の理解と協力を得るとともに、ダム建設地をはじめ流域市町村の振興に十分配慮して、山鳥坂ダムの建設、肱川水系の河川改修の促進、二線堤の整備や宅地等のかさ上げなどを総合的に推進し、水害の防止に努めます。
  • 森林の水源かん養機能の向上や防災施設整備など治山・治水対策、土砂災害対策、海岸部における高潮対策、防災無線の整備など防災対策を強化し、生態系や環境の保全に配慮しながら、安全で災害に強い地域づくりを進めます。
  • 伊方原子力発電所に関しては、事業者に対し、安全確保と環境保全について万全を求めるとともに、国や伊方町などと連携を図りながら、安全監視体制の充実とオフサイトセンター(現地対策本部)の整備など原子力防災体制の強化に努めます。

潤いとやすらぎのある暮らしの創造

少子化対策と高齢者・障害者福祉の充実

  • 高齢化、少子化が進むなかで、住民が安心して定住できる地域づくりを進めるため、特別養護老人ホーム、デイサービスセンターなど、保健・福祉施設の整備・拡充を図るとともに、瀬戸町の「瀬戸ゆとりの杜」など、保健・医療・福祉施設の一体的整備による効率的な各種サービスの提供を促進します。
  • 中山間地域や半島地域など、マンパワーの確保が課題となっている地域においては、介護保険制度の円滑な運営を図るため、市町村の広域的な連携による介護支援サービスの提供を促進します。
  • 生活環境や社会環境のバリアフリー化を促進するなど、高齢者や障害者の社会参加や社会的自立の支援に努めます。
  • 医療については、圏域の医療の中核となる都市部の病院等の機能強化を促進するとともに、中山間地域の医療を充実するため、地域医療支援病院を中心とした病診連携を促進するとともに、へき地医療従事者の確保や診療所の整備・充実に努めます。
  • 多機能保育所の整備促進や地域ぐるみの子育て支援ネットワークの構築促進により、子育てを積極的に支援する地域づくりを進めるとともに、小・中・高等学校校舎等の整備や情報機器等の教育設備の充実、さらには、マルチメディアを活用した多様な教育の推進など、圏域の豊かな自然環境のなかで、子どもが伸び伸びと育つ教育環境の整備を進めます。

療養・保養機能の整備

  • 渓谷や森林などの美しい自然環境と豊富な食資源を生かして、圏域内外の人が滞在・居住し、森林や温泉を活用した保養・観光を楽しみながら、心とからだの健康の回復・増進が図られる複合型観光保養地域の形成を進めます。
  • 健康保養地「しろかわ」など、東宇和郡の水と緑の自然環境や豊かな歴史・文化資源を生かした滞在型健康保養拠点「森のウェルネスタウン」の整備を促進するほか、圏域各地において温泉浴や森林浴、海洋療法(タラソテラピー)などにより心身をリフレッシュできる「癒しの里」エリアの形成を図ります。
  • 隣接する宇和島圏域の南予健康の森、海のウェルネスタウンとの連携により、広域的、総合的な保健・医療・福祉ゾーン(ウェルネスゾーン)の形成をめざします。

自然や歴史を生かした地域づくりと交流の促進

八幡浜・大洲地方拠点都市の整備促進

  • 八幡浜・大洲地方拠点都市地域基本計画に基づき、八幡浜市に「商業・業務核」、大洲市に「生産・研究核」、宇和町に「歴史・文化核」を整備し、多様な都市機能の集積と連携を図ります。
  • 八幡浜市では、港と都市の機能が調和した八幡浜ポートタウンの創造に向けて、物流や旅客ターミナル、文化・レクリエーション機能の強化による海と人のふれあいゾーンの形成、中心市街地における商業・業務ゾーンの再編、食品加工業等の集積基地の形成などを促進します。
  • 大洲市では、大洲バイオ・ハイテクパークの整備に向けて、農林業を中心とした既存の産業集積を基礎に、研究開発機能や人材育成機能の充実、高速道路の延伸に対応した工業団地や物流団地の整備の促進等により、圏域の産業構造の高度化、アグリビジネスの振興、ハイテク産業の集積拠点の形成などをめざします。

歴史と文化が息づく地域づくり

  • 歴史的環境保全まちづくりが進む内子町や、多くの文化資源が残る宇和町、明治の町並みが残る大洲市や保内町などにおいて、歴史的町並みの保存や大洲城天守閣など文化的・芸術的価値のある建築物等の復元、景観に配慮した交流施設の整備などを行うとともに、既存の観光資源との一体化を図ることにより、エリア全体を博物館に見立てた博物エリアの形成を促進します。
  • 野村町において、伝統産業である養蚕業を生かした染織文化や乙亥相撲をテーマとするなど、地域に根づく歴史・文化を生かした地域づくりを支援します。
  • 内子町石畳地区の村並み保全をはじめ、五十崎町や城川町の棚田、三崎町の石垣集落、河辺村や内子町の屋根付き橋など、心を癒す美しい伝統的な農山漁村の景観の保全整備を促進します。

地域資源を生かした広域観光・レクリエーションの振興

  • 野村町などの農業公園や伝統産業を生かした体験・交流施設、五十崎町の神南山ふるさとの森公園や毎年多数のオシドリが飛来する鹿野川ダム湖などの自然とのふれあいの場、さらには、八幡浜市のおさかな牧場などのマリンレジャーが楽しめるレクリエーション施設等の整備促進と連携により、グリーン・ツーリズム、ブルー・ツーリズム、半島ツーリズム等の体験型・親自然型観光レクリエーションの振興を図ります。
  • 東宇和郡4町の特産品を展示販売する東宇和物産会館をはじめ、各地域で整備が進む特産品センターや道の駅のネットワーク化を進めます。
  • 松山圏域から当圏域を経て、宇和島圏域に至る歴史・文化をテーマとした観光ルート「南予歴史文化街道」の整備や、メロディーライン(国道197号)から夕やけこやけライン(国道378号)に至る観光ルートの整備を進めるなど、自然や風土、文化、産業など地域資源を生かした都市住民との交流・連携を促進し、多自然居住地域の創造をめざします。

交流・連携を促進する基盤の整備

広域交通ネットワークの整備

  • 四国縦貫・横断自動車道や大洲・八幡浜自動車道などの圏域内外をつなぐ高規格幹線道路網、国道56号、197号、378号、379号、441号、主要地方道などの圏域内道路網の整備を進めるとともに、高速道路インターチェンジへのアクセス機能の強化など、総合的な交通ネットワークの形成を進めます。
  • 八幡浜港、三崎港などの港湾機能の充実と周辺のウォーターフロント整備を促進します。
  • 路線バス等地域の生活交通を確保するための方策を検討するとともに、JR予讃線・内子線の電化・複線化など鉄道の機能強化に努めます。

豊予海峡ルートの推進

  • 均衡のとれた多軸循環型国土の形成をめざす太平洋新国土軸構想の鍵を握る「豊予海峡ルート」の早期実現に向け、豊後伊予連絡道路の計画路線への昇格と四国新幹線の整備計画線への昇格をめざすとともに、大分県をはじめとする九州地域との交流や産業・経済・観光面での連携促進に関する取組みを強化するなど、ルートの具体化をにらんだ地域づくりを進めます。
  • 八幡浜市、西宇和郡は四国側の玄関口として重要な交流拠点となることから、観光客など交流人口の増加をめざした地域振興や、四国縦貫・横断自動車道など広域高速交通網へのアクセスの整備を計画的に推進します。

高度情報通信ネットワークの構築

  • 医療・福祉、環境、教育、防災など各種分野における情報化や行政ワンストップサービスの実施、八西地域などの既存のCATV網を活用したインターネット接続サービスの展開等による情報通信ネットワークの構築を促進するとともに、小・中・高等学校等における情報教育の充実等により、情報化を支える人材の育成・確保に努めます。
  • 自然と調和した快適な定住環境のなかで、高度情報通信技術を活用した新たな生活スタイルのあり方について研究を進めるとともに、距離的、時間的な制約に左右されないテレワークの導入促進やインターネット上のバーチャルモール(仮想商店街)の普及など、情報を活用した地域の活性化をめざします。

戻る 上へ 次へ

目次へ戻る

お問い合わせ

企画振興部総合政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2230

ファックス番号:089-921-2002

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ