close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2020年12月15日

今治圏域

圏域の特性

自然

瀬戸内海のほぼ中央部に突出した高縄半島の東半分を占める陸地部と、世界有数の多島美を誇る瀬戸内海に浮かぶ大小およそ100の島々で形成される島しょ部からなり、日本三大潮流のひとつで知られる来島海峡や、緑豊かな高縄山系など、変化に富んだ豊かな自然にあふれ、圏域すべての市町村に国立公園又は県立自然公園の区域が含まれています。

陸地部は中央を蒼社川と頓田川が貫流し、生活・産業用水の主要な供給源となっています。島しょ部は大きな河川に乏しく、慢性的な水不足の問題を抱えており、台ダムの給水区域に入っていない島々では、広島県からの分水や海水淡水化等により生活用水の一部を確保しています。

また、瀬戸内しまなみ海道(以下この圏域内では「しまなみ海道」という。)の開通は、島しょ部の生活利便性の向上や地域産業の活性化などに大きな恩恵をもたらすものと期待されますが、一方で貴重な自然や美しい景観の保全への配慮も求められています。

歴史・文化

石器時代から古墳時代の多くの遺跡が存在し、古代の伊予の国府が今治平野に置かれるなど、古くから伊予の政治文化の中心として開けた地域です。中世以降も瀬戸内海の海上交通の要衝として発展し、国宝、重要文化財に指定された大山祇神社の武具・甲胄、能島・来島の水軍城跡、海水堀の海岸平城である今治城跡など、数多くの文化財や遺跡が現存しています。また、今治地域の継ぎ獅子、菊間町のお供馬など多彩な民俗芸能も継承されています。

圏域の中心都市である今治市には、タオル・アパレルを中心としたファッション性が求められる繊維産業が集積しており、ファッションをテーマに産業、観光の活性化を図り、住民の生活文化の向上やまちづくりにつなげようとするファッションタウン構想が推進されているほか、周辺の町村においても、地域の歴史と地場産業を生かした個性的なまちづくりが進められています。

暮らし

人口は圏域人口の約6割が今治市に集中しており、全体的に減少傾向にあります。特に、島しょ部では過疎化、高齢化が著しく、高齢社会に対応した保健・医療・福祉サービスの充実や、しまなみ海道を生かした観光や農水産業の活性化などによる若者の定住対策が急務となっています。

買物や通勤・通学などの日常生活は、陸地部や越智諸島が今治市を中心とした生活圏を形成しているのに対し、上島諸島は交通の便から広島県とのつながりが強くなっています。しまなみ海道の開通により、中国地方との交流が拡大されつつあり、今治市には圏域の中心都市にふさわしい高次都市機能の強化が求められています。

また、瀬戸内海の美しい自然環境を守るため、廃棄物処理施設や下水道など生活環境施設の整備・充実が求められています。

産業

タオル、アパレル、造船、石材、製瓦、漆器など、地域資源や立地条件を生かした地場産業に加え、電機、石油精製、食品加工などの多種多様な製造業が数多く立地しているほか、古くから海上交通の要衝として海運業が発展してきました。しかし、タオル、造船等の主力産業において、国際競争の激化等により経営環境が厳しさを増しており、造船では生産基盤の高度化や新たな分野への進出、タオル・アパレルでは商品開発力・デザイン力の向上、新たな販売ルートの開拓などが課題となっています。

商業は、今治市郊外に大型店の立地が急増し、今治市中心部や周辺地域の商店街にちょう落傾向がみられるため、地域の顔となる商店街の活性化が急がれています。

農業は、温暖な気候を生かした柑橘類、野菜、花き等の栽培が盛んですが、今後は、しまなみ海道を活用した都市近郊型農業としての産地形成が課題となっています。

水産業は、来島海峡など恵まれた漁場があり、沿岸漁業や、ヒラメ、タイ、クルマエビ等の養殖が行われていますが、資源管理型漁業を推進するとともに、新しい養殖魚種の開発や販売ルートの開拓など新たな展開が求められています。

観光面では、自転車や徒歩で渡れるしまなみ海道の特色を最大限に活用するとともに、地域の個性を生かした観光拠点の整備や農林水産業の観光化、歴史と自然を生かした国際的にも通用する観光の推進など、広島県とも連携した魅力ある観光ゾーンの形成が求められています。

基盤

国道196号や317号、JR予讃線により松山圏域や新居浜・西条圏域と結ばれるとともに、しまなみ海道や快速艇、フェリー等の海上交通網により、中国地方との陸海交通の要衝の地となっています。今治都市圏は、しまなみ海道の開通により、中国地方への南北交流の拠点地域として発展が期待されていますが、その効果を高めるためにも、しまなみ海道の大島道路、生口島道路と今治小松自動車道を1日も早く整備するとともに、これらを支える地域の道路網の充実も急ぐ必要があります。

また、島しょ部の生活福祉の向上や離島性からの脱却を図るため、離島航路の維持や港湾・漁港の整備をはじめ、上島諸島から、関前諸島、広島県の安芸灘諸島までを東西に結ぶ瀬戸内海島しょ部架橋の促進や、高度情報通信ネットワークの整備などを進めていく必要があります。

圏域の目標像

世界有数の多島美を誇る瀬戸内海と海にかかわる歴史と伝統を背景に、瀬戸内しまなみ海道を基軸とした、多様な交流・連携が展開される圏域をめざします。

圏域づくりの基本方向

  • 瀬戸内海地域の核となる広域交流都市圏の構築
  • 環境と調和した安心して暮らせる地域社会の形成
  • 地域の活力を支える地場産業の振興と新たな展開
  • しまなみ海道を活用した個性あるふるさと産業の振興
  • 交流・連携を促進する基盤の整備

主要施策

瀬戸内海地域の核となる広域交流都市圏の構築

広域交流都市機能の整備

  • JR今治駅東地区の再開発、中心商店街における商業基盤の整備等を進めるとともに、港湾施設の再開発など今治港周辺の総合的な整備を進め、港と中心市街地が一体となった快適で魅力的なハーバータウンの形成をめざします。
  • しまなみ海道の今治インターチェンジ周辺の丘陵地において、野生生物との共生や自然景観に配慮しながら、工業、流通、商業、居住、教育、文化、研究、レクリエーション機能など、複合的な高次都市機能を備えた今治新都市の計画的な整備を図るとともに、新都市内にしまなみ海道沿線地域はもとより県内外との広域交流や地場産業の振興の拠点となる中核施設を整備します。
  • 越智郡島しょ部において、吉海町の公共マリーナの整備をはじめ、伯方町枝越港周辺の環境整備、瀬戸内海の観光拠点を結ぶクルージングルートの開発、しまなみ海道沿線の観光・交流施設やアクセス道路の整備などを促進し、多様な観光・交流機能を持つ瀬戸内マリンワールドの形成をめざします。

多様な交流機会の創出

  • 「しまなみ海道’99」の成果を生かし、県内外から多様な人びとが集う圏域づくりを進めるため、メモリアルイベントや渡橋イベントなど海道沿線の市町村や広島県との共同イベント、美しい島々の景観を生かしたフォトコンテストなど、しまなみ海道を活用した多彩なイベントの継続的な展開を支援します。
  • しまなみ海道沿線の歴史や文化を生かした体験・学習型の講座システムである瀬戸内しまなみ大学の継続・発展や、自然体験や野外活動を通じた環境教育の場(「しまなみ海の学校・島の学校(仮称)」)づくりなど、地域特性を生かした多様な交流機会の創出を支援します。

教育・スポーツの振興と歴史・文化を生かしたまちづくり

  • 短期大学の四年制化や大学の誘-致など高等教育機能の充実による学術・研究機能を強化するとともに、小・中・高等学校の校舎改築や運動・レクリエーション施設の整備、マルチメディアを活用した多様な教育の推進など教育・スポーツ環境の整備を進めます。
  • 都市地域の子どもを島しょ部地域の豊かな自然環境のなかで伸び伸びと育てる留学制度や体験学習を推進するため、魚島村の高井神島シーサイド留学センターなどの施設整備や留学制度を支える人材の育成を支援するとともに、島しょ部地域と都市地域の児童・生徒の交流を促進します。
  • 水軍史跡の学術調査、水軍イベントの継続的な実施、海運や水軍のシンボル施設の整備など、瀬戸内海の交通の要衝として栄えてきた歴史と文化を生かしたまちづくりを支援します。

環境と調和した安心して暮らせる地域社会の形成

自然環境と調和した生活空間の整備

  • 瀬戸内海の美しい自然環境を保全するため、公共下水道、農業・漁業集落排水、合併処理浄化槽といった各種の生活排水処理施設の整備を促進します。
  • 生活様式の多様化やしまなみ海道開通等による圏域内のごみ処理量の増大等に対応するため、リサイクル施設や最終処分場など、最新の技術を導入した安全な廃棄物処理施設の計画的な整備や、広域的な処理体制の構築に取り組みます。
  • 朝倉村や玉川町など今治市周辺における住宅団地や総合公園の整備を進めるとともに、中山間地域や島しょ部における農山漁村の生活条件の向上を図るため、集落道、防災施設等の生活基盤を総合的に整備し、自然環境と住環境が調和した生活空間の形成をめざします。

保健・医療・福祉サービスの充実

  • 地域子育て支援センターの設置や保育所の機能強化等地域で安心して子育てができる環境づくりを進めるとともに、生活環境・社会環境のバリアフリー化による高齢者や障害者の自立と社会参加の促進に努めます。
  • 保健・医療・福祉サービスが総合的に利用できる体制づくりを促進し、住み慣れた家庭や地域で安心して生活が営める福祉社会づくりをめざします。
  • マンパワーの確保が課題となっている島しょ部などにおいて、介護サービスが円滑に供給されるよう支援するとともに、元気な高齢者による介護など住民が互いに支え合い助け合う地域づくりめざします。
  • しまなみ海道を活用した市町村の広域的な連携による救急医療体制の構築に努めるとともに、情報スーパーハイウェイを活用した医療情報システムの整備など陸地部と島しょ部が連携・協力した先進的な医療システムの導入をめざします。

水資源の確保と災害に強い地域づくり

  • 節水機器の普及や雨水利用など節水対策を促進するとともに、健全な水循環機能の維持・増進を図るため、水源林の整備を促進します。
  • 玉川ダム等の既存水源の有効活用や、異なる用途間での水の融通など、合理的な水利用を図るとともに、広域的な水利用についても、長期的視点から検討を進めます。
  • 災害に強い地域づくりをめざし、瀬戸内海の白砂青松の海岸をできる限り保全しながら海岸整備を進めるとともに、河川改修や土砂災害対策を着実に実施します。

地域の活力を支える地場産業の振興と新たな展開

地域の活力を支える地場産業の活性化

  • タオル・アパレル製品の地域ブランドの確立や高付加価値化を促進するため、繊維産業試験場の拡充・整備により、生産技術の高度化や新素材の開発を推進するとともに、企業の研究開発力や企画力を向上させるため、地元企業との共同研究をはじめ、技術交流の促進や技術相談・指導の強化に努めます。
  • 造船業などの振興を図るため、事業提携や経営基盤の強化、新規需要の開拓等を支援するほか、宮窪町の石材、菊間町の製瓦、今治市の漆器等の伝統産業についても、技術・技法の継承や後継者の育成、産地ブランド化、販売ルートの開拓等の支援により、その振興を図ります。

ファッションタウン構想の推進

  • タオル・アパレルをはじめとする地場産業について、地域ブランドの確立やファッションイベントの開催、産業観光の振興等を通じ、若者にも魅力ある産業への展開を図るとともに、ファッションをテーマとして、産業振興とまちづくりを連動させた今治市のファッションタウン構想の推進を支援します。
  • 全国に通用するデザイン力の強化をめざし、繊維産業試験場の機能拡充やデザイン開発支援機能との連携強化により、デザイナーの育成をはじめ、デザイン関連産業との交流、デザイン開発機器の整備、デザインデータベースの構築などの支援を行います。
  • ファッションに関する見本市やコンテストなどイベントを開催するとともに、造船所の進水式及びタオルや食品工場等の製造過程の見学など地場産業の様々な資源を活用した産業観光を推進します。

産業高度化の基礎となる産業基盤等の整備

  • 新たな産業の立地、地場産業の高度化や多様な分野への展開を支援するため、しまなみ海道今治インターチェンジ周辺に、トラックターミナルなどを備えた流通団地や工業団地など新たな流通工業ゾーンの整備を促進するとともに、波方町や大西町においても、土地造成事業により新たな工業用地等の整備を促進します。
  • 国家的なエネルギーの備蓄拠点として、波方町のLPG国家地下備蓄基地の建設を促進します。

しまなみ海道を活用した個性あるふるさと産業の振興

付加価値の高い農林水産業への展開

  • しまなみ海道の開通による時間短縮効果を生かし、京阪神や広島など大都市地域への新鮮な農林水産物の直販流通ルートを確立するとともに、海道の魅力を活用して観光と一体となった農林水産業の振興に取り組みます。
  • 有機農業や低農薬農業による安全で高品質な農産物の生産拡大、味が良く生産性の高い新たな養殖魚種の開発などを推進し、付加価値の高い農林水産業への展開を図ります。
  • 生産や流通の効率化を図るため、広域農道(越智西部地区)をはじめとした農道や林道、ほ場・ため池・用排水施設等の生産基盤や加工処理施設の整備を促進するとともに、大型魚礁の設置による漁場造成や漁港の機能強化など、つくり育てる漁業の基盤づくりを進めます。
  • 玉川ダム上流等において水源のかん養機能を持つ森林の保護・育成に努めるほか、鈍川渓谷等の周辺で森林公園など都市住民の癒しの場の形成を図ります。

地域づくりと一体となったふるさと産業の振興

  • しまなみ海道を活用したふるさと産業を振興するため、地域が取り組む新たな特産品の開発や農水産物のブランド化を支援するとともに、しまなみ海道沿線の特産品直売所、食材供給施設、観光市場との連携を強化し、需要の拡大を図ります。
  • 広島県とも連携しながら、しまなみ海道や国道196号、317号沿線の交流施設をネットワーク化した「しまなみ特産品海道(仮称)」や「しまなみグルメロード(仮称)」を構築し、ルートフェスタの開催や特産品情報の提供を進めます。
  • 恵まれた自然環境を生かし、都市住民との交流による観光農業や観光漁業を展開するため、交流を支える人材・組織の育成、体験施設・滞在施設の整備、インターネット等を活用した県内外への情報発信を促進します。

しまなみ海道を生かした観光・レクリエーションの振興

  • 大規模自転車道の早期完成、休憩施設の設置促進、既存のサイクリング施設等の機能強化を図るとともに、自転車や徒歩で渡れるしまなみ海道の特色を最大限に活用した全国的、国際的なイベントの展開を支援し、しまなみ海道をサイクリングやウォーキングのメッカ(中心地)として、国内外にアピールします。
  • 水軍ゆかりの観光資源の掘り起こしや活用等による観光地としてのレベルアップを図るほか、広島県、山口県と共に瀬戸内国際観光テーマ地区を形成し、瀬戸内海の歴史・文化・自然等の魅力のPRと海外からの誘客に努めます。
  • 今治市桜井地区における滞在型リゾートゾーンの充実に努めるほか、多々羅温泉~今治湯ノ浦温泉~鈍川温泉~道後温泉など各地の温泉を結ぶ「スパ・ロード(仮称)」や、広島県瀬戸田町の平山郁夫美術館~大三島美術館~村上三島記念館~今治市河野美術館~玉川近代美術館~県美術館など各地の美術館を結ぶ「アート・ロード(仮称)」など、しまなみ海道から松山圏域に至る広域的な観光ルートの構築にも取り組みます。
  • 生名村や上浦町におけるスポーツ交流拠点づくりや、弓削町や大三島町における海洋療法を取り入れた健康保養地づくりなど、自然環境を生かした魅力的な保養・レクリエーション空間の創出を支援します。

交流・連携を促進する基盤の整備

広域交通ネットワークの整備

  • しまなみ海道の架橋効果を最大限に発揮させるため、大島道路、生口島道路の1日も早い開通を図るとともに、引き続き、より利用しやすい料金となるよう、本州四国連絡橋公団等に働きかけます。
  • しまなみ海道と四国縦貫自動車道との接続による物流・交通機能を強化するため、今治小松自動車道の整備を促進し、早期全通をめざします。
  • 国道196号今治バイパスや317号の4車線化など、しまなみ海道へのアクセス道路の整備や、県道大西波止浜港線など地域の幹線道路の改良を進め、広域連携の基盤となる交通ネットワークを整備するとともに、公共交通の機能強化を図るため、JR予讃線の複線化及びフリーゲージトレインの導入をめざします。

島しょ部の住民の交通利便性の確保

  • しまなみ海道を走る高速バスの利便性を向上させるとともに、高速バスと島内の路線バスや離島航路との連携強化など、住民にとって利用しやすい公共交通体系の構築に努めます。
  • 島しょ部における県道や町村道の改良、港湾や漁港の改修を促進するほか、路線バスや離島航路等地域の生活交通の維持・存続に努めます。
  • 瀬戸内海を東西に結ぶ瀬戸内海島しょ部架橋を実現するため、しまなみ海道と弓削町、生名村、岩城村の上島諸島を結ぶ上島架橋を推進するとともに、安芸灘諸島から関前諸島を経てしまなみ海道に至るルートの検討にも取り組みます。

高度情報通信ネットワークの構築

  • 時間的・距離的なハンディキャップを解消し、島しょ部の定住条件の向上を図るため、しまなみ海道沿線を中心に、テレワーク、マルチメディアを活用した多様な教育、遠隔医療など先進的な事業を実施するなど、高度情報社会における新たな生活様式の創造に向けた取組みを進めます。
  • 光ファイバ網などの高度情報通信基盤の整備を進めるとともに、既存のCATVの活用に加えて、島しょ部に適した通信基盤である無線系通信の活用を促進します。
  • 離島などにおける住民サービスの向上につながるワンストップサービス等の行政の情報化を推進するとともに、高度な情報活用能力を持つ人材の育成や、小・中・高等学校における情報教育の強化に努めます。

戻る 上へ 次へ

目次へ戻る

お問い合わせ

企画振興部総合政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2230

ファックス番号:089-921-2002

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ