close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2020年12月15日

宇摩圏域

圏域の特性

自然

東西に走る法皇山脈により、瀬戸内海に面した北側平野部と南側山岳部(嶺南地域)に大きく区分されています。気候は、瀬戸内海式気候に属する温暖寡雨な地域ですが、春先には全国有数の強い局地風として有名な「やまじ風」が吹くことがあります。

市街地は、瀬戸内海側の平野部に集中していますが、面積は狭く、他の開発適地に乏しいことから、当圏域の基幹産業である製紙・紙加工業の工場用地の確保や、市街地の住工混在解消のための海岸部の埋立てが進み、自然海浜は減少しています。

嶺南地域は、塩塚高原、翠波高原、赤石山系など豊かな自然と美しい景観に恵まれ、近年、観光・レクリエーションの拠点として脚光を浴びています。また、嶺南地域を東西に流れる銅山川は製紙・紙加工業を支える工業用水や上水道の水源となっています。

歴史・文化

平野部は、東宮山古墳(川之江市)をはじめ各地の古代遺跡が示すように古くから開けた地域であり、真鍋家住宅(川之江市)など有形・無形の文化財が現存しているほか、江戸時代には尾藤二州、宇田川揚軒等の碩学を輩出した地域でもあります。

また、川之江・伊予三島地域の製紙・紙加工業は、手すき和紙に端を発し、明治後期の機械化を経て、戦後に飛躍的な発展を遂げ、現在は全国有数の紙産地を形成するとともに、伝統工芸の水引細工の生産や、川之江紙まつり等の紙に関連したイベントも盛んで、紙関連産業を中心とした個性のある産地文化が形成されています。

一方、新宮村や別子山村などの嶺南地域には、かつては土佐街道の要衝として本陣が置かれていたほか、江戸時代に開坑した別子銅山は、今も銅山跡に数多くの産業遺産が残存し、最盛期には人口1万人を超す集落を擁した往時の繁栄をしのばせています。

暮らし

人口は県下6圏域の中で最も少なく、集落は川之江・伊予三島地域の平野部に集中しています。当圏域は、香川、徳島、高知の3県と隣接しているため、商圏が香川県、徳島県の西部を包含しているとともに、通勤等でも両県からの流入者が多いなど、日常生活において活発な県際交流が行われています。

平野部は面積が狭いため、宅地や工業用地の不足、市街地の住工混在を招いています。このため、市街地の再開発や住宅・宅地の整備などによる居住環境の充実、産業公害の防止や下水道の整備などによる環境と調和した都市づくりが課題となっています。

一方、嶺南地域では、人口の流出と高齢化が急速に進行しており、若者の定住促進対策が急がれています。

また、年間の降水量に乏しく大きな河川がない平野部では、上水道や農業・工業用水の安定供給が長年の懸案であり、安定した水源の確保が急務となっています。

産業

基幹産業である製紙・紙加工業は、全国的にも高度な技術集積を誇るとともに、生産品目も家庭用紙、業務用紙から特殊機能紙、紙製衛生用品、水引など多岐にわたり、人びとの生活様式や産業構造の多様化、高度化に対応して、着実な発展を遂げてきました。今後は、産地間競争に勝ち抜くため、製紙・紙加工技術の一層の高度化や新規分野の開拓が求められるとともに、紙産業に偏重した産業構造の多様化や、工業用地の確保などが課題となっています。

商業は、近年、高速道路インターチェンジ付近に大型小売店等の集積が急速に進む一方、中心商店街では空洞化が進行しており、その活性化が急務となっています。農業は、豚、鶏、野菜など都市近郊型農業が主体ですが、土居町にはサトイモや五葉松の銘柄産地も形成されています。水産業は、イワシ等の沿岸漁業などが行われています。

嶺南地域は、翠波高原や塩塚高原等で観光開発が進んでいるほか、法皇山脈、銅山川、別子銅山の産業遺産など豊かな観光資源に恵まれており、これらを連携させた自然体験型レクリエーションエリアとしての整備が望まれています。

基盤

四国の瀬戸内海側の中央部に位置し、四国縦貫・横断自動車道の結節点にあたり、四国の4県都まで約1時間の距離にあるほか、瀬戸大橋・明石海峡大橋に通じる中国・関西方面への本県側の玄関口となっています。

また、四国の瀬戸内海側の交通の動脈である国道11号やJR予讃線が東西に走り、徳島、高知方面へも国道192号、319号が走るほか、国際貿易港である三島川之江港があることから、広域交通のクロスポイントとなっており、今後、四国中央部の交流拠点としての発展が期待されています。

一方、幹線道路の交通渋滞や市街地道路の整備の立ち後れが目立っており、国道バイパスの整備や市街地の再開発など、都市基盤の一層の充実が望まれています。

圏域の目標像

四国の交流軸のクロスポイントに位置する優位性と全国有数の紙関連産業の集積を生かして、新しい産地文化を創造し、人、もの、情報がいきいきと行き交う交流拠点として発展する圏域をめざします。

圏域づくりの基本方向

  • 広域交流拠点の形成と交流・連携を促進する基盤の整備
  • 紙関連産業の高度化と新たな展開
  • 地域資源を活用した産業の展開
  • やすらぎと利便性を兼ね備えた生活空間の形成

主要施策

広域交流拠点の形成と交流・連携を促進する基盤の整備

地理的優位性を生かした広域交流拠点の形成

  • 四国の高速交通のクロスポイントに位置する地理的優位性を地域の活性化に結び付けるため、四国4県のビジネスや産地文化などの交流の拠点として、コンベンション機能や展示・販売機能、技術情報の交流機能などを持つ四国ビジネスパークの形成と、その中核施設となる四国交流センターの整備を支援します。
  • 三島川之江港において、多目的国際ターミナル、物流関連施設、検疫体制などの港湾機能の拡充・強化に取り組むとともに、港と四国縦貫自動車道三島川之江インターチェンジを結ぶ県道三島川之江港線の整備を推進するなど、四国中央部の玄関口にふさわしい交通機能を整備します。

広域交通ネットワークの整備

  • 高速道路が交差するメリットを最大限に発揮するため、四国縦貫・横断自動車道の2車線区間の早期4車線化を図るとともに、国道11号三島川之江バイパスの整備を促進します。
  • 国道319号(法皇トンネル)や主要地方道などの幹線道路をはじめ、都市部と農山村地域を結ぶ生活道路など、圏域内の道路網の整備を促進するとともに、交通弱者の足となる生活バス路線の維持・存続を支援します。
  • 鉄道機能を充実するため、JR予讃線の複線化及びフリーゲージトレインの導入をめざすとともに、川之江~池田間の新線建設についても、採算性等を考慮しながら、長期的課題として検討します。

高度情報通信ネットワークの構築

  • 製紙・紙加工業などの地場産業に技術情報や経営情報を提供し、新製品の開発や新規分野の起業化、経営の合理化などを支援するため、地域産業情報ネットワークの構築を図るとともに、光ファイバ網などの高度情報通信基盤の整備を進めます。
  • ワンストップサービスや行政事務の電子化など行政サービスの高度情報化をはじめ、医療・福祉、防災など生活情報提供システムの構築、小・中・高等学校における情報教育の強化等により、地域の高度情報化を促進します。
  • 地域連携や広域行政を促進するため、圏域内の市町村や他県の隣接地域との情報ネットワークの構築をめざします。

紙関連産業の高度化と新たな展開

製紙・紙加工技術の高度化

  • 製紙試験場を拡充・整備し、環境への配慮の視点も踏まえ、幅広い研究開発を進めるとともに、産業情報の提供、異業種との交流、産学行の共同研究など、製紙・紙加工業の新製品開発や技術の高度化を積極的に支援します。

紙関連産業の新たな展開

  • 製紙・紙加工業の企画開発力やデザイン力の向上を図るため、製紙試験場の機能拡充やデザイン開発支援機能との連携強化により、デザイン関連産業との交流、展示会の開催、製品企画やデザインに関する研究・研修の強化などの多様な支援を行い、個性的で付加価値の高い製品開発をめざします。
  • 製紙・紙加工に関連する展示・学習機能や、印刷・出版・デザインなど紙に関連する生活文化創造型産業の集積により、産地文化交流の拠点となる紙のクラフトランドの形成を促進します。

産業高度化の基盤となる工業用地の確保

  • 市街地の住工混在を解消し、新たな工場展開や物流関連施設の用地を確保するとともに、快適な港湾環境の整備を図るため、三島川之江港周辺における臨海土地造成事業を促進します。
  • 四国縦貫自動車道土居インターチェンジ周辺において、工業団地の整備を促進し、環境と調和する地域産業の発展をめざします。

地域資源を活用した産業の展開

農林水産業の生産基盤等の整備

  • 地域の特性を生かした高品質で生産性の高い農業の振興を図るため、浦山ダム(土居町)の建設によるかんがい用水の確保をはじめ、ほ場整備などの生産基盤の充実、共同利用施設の整備、農業用機械の導入支援による省力化等を促進します。
  • 消費者の嗜好に応じた高品質な米づくりをはじめ、サトイモ、やまの芋など地域の特産物の生産拡大、無農薬茶の栽培、環境に配慮した豚、鶏の一貫生産体制の確立などに取り組むほか、兼業農家を組織化し集落営農の実現をめざします。
  • 嶺南地域の豊かな森林資源を活用するため、広域基幹林道をはじめとする林道網の整備を進めるとともに、資源管理型漁業を推進するため、沿岸漁場の整備、種苗の放流などを推進します。

地域の個性を生かしたふるさと産業の振興

  • 地域の顔となる特産品、工芸品の開発や加工施設、直売施設の整備を促進するとともに、各地の特産品センター等の連携強化により、別子はな街道などの特産品ルートの形成を促進します。
  • 土居町において、観光農園や体験農場により農村文化が体験できるクラインガルテン構想の具体化を促進するとともに、嶺南地域においては、別子山村の山野草、シイタケ等の体験栽培施設の整備や新宮村の特産品である茶を活用した交流施設の活用などにより、観光と農林業が連携したふるさと産業の振興を図ります。

嶺南地域の観光・レクリエーション開発

  • 嶺南地域における豊かな自然を活用し、都市住民の癒しややすらぎの場となる自然体験型レクリエーションエリアの形成を進め、都市と山村の交流による地域の雇用機会の創出を図ります。
  • 新宮村の「霧の森」「霧の高原」や別子山村の「ゆらぎの森」などを生かし、富郷ダム周辺や四国横断自動車道新宮インターチェンジ周辺、翠波高原や塩塚高原等において、スポーツや森林浴、バードウォッチングなどのアウトドア活動が楽しめる交流機能の充実に努め、山村ならではの魅力づくりに取り組みます。
  • 新居浜市との連携による別子銅山の産業遺産を活用した産業文化ルートや、四国3県の隣接地域と連携した広域的な山岳観光ルートの形成をめざします。

やすらぎと利便性を兼ね備えた生活空間の形成

にぎわいのある中心市街地の創出

  • 川之江市や伊予三島市等の中心商店街に活気とにぎわいを取り戻すため、コミュニティ施設の整備、空き店舗の活用、活性化リーダーの育成、郊外大型店との共存方策の検討など、市町村と商店街との連携による自主的、主体的な活性化対策を支援します。
  • 商店街へのアクセス道路や駐車場・ポケットパークなどの商業基盤の整備、駅周辺の再開発など、機能的で魅力的な市街地の形成を促進します。

快適で安心できる生活環境の整備

  • 富郷ダムの活用や浦山ダムの建設などにより、安定した水源を確保するとともに、節水機器の普及や節水意識の啓発など節水型都市づくりを促進します。
  • 公共下水道、合併処理浄化槽等の生活排水施設の充実、都市公園や埋立地を活用した親水施設の整備、良質な宅地の供給、市街地の住工混在の解消、密集市街地の再開発など、快適な生活空間の形成を図るとともに、災害に強く安全な地域づくりを進めるため、河川改修や土砂災害対策などを着実に実施します。
  • 市町村の連携による廃棄物の広域処理を促進するとともに、地域のイメージアップを図るため、製紙産業から排出される悪臭の徹底した低減や工業排水の浄化・リサイクルの促進など、環境と共生する都市(エコシティ)づくりを推進します。
  • 嶺南地域においては、集落道、集落排水、公園など身近な生活基盤の整備を促進し、自然環境と住環境が調和した生活空間の形成をめざします。

保健・医療・福祉サービス等の充実

  • 住み慣れた家庭や地域でいつまでも健康な生活を営みながら、必要な介護や援助が受けられるよう、訪問介護(ホームヘルプサービス)、日帰り介護(デイサービス)、短期入所生活介護(ショートステイ)など在宅福祉サービスの充実や、老人保健・福祉施設などの整備を促進するとともに、介護予防対策や人にやさしいまちづくりの推進などにより、高齢者や障害者の自立と社会参加の促進に努めます。
  • マンパワーの確保が課題となっている別子山村や新宮村における介護サービスの円滑な供給を図るとともに、圏域一体となった高齢者福祉施策を推進するため、市町村の連携による広域的な福祉サービス体制の確立を支援します。
  • 高度な医療業務に対応できる人材を養成するため、県立伊予三島看護専門学校における教育内容を充実するとともに、県立伊予三島病院を中心に、高度化、多様化する医療需要へ的確に対応するほか、新宮村など嶺南地域における診療所等の整備・充実を支援します。
  • 地域子育て支援センターや多機能保育所の設置を促進するとともに、小・中・高等学校の校舎等の整備やマルチメディアを活用した多様な教育の推進など、次代を担う健やかな青少年の育成に努めます。
  • 四国中央交流拠点にふさわしい総合的な文化ホールや嶺南地域の豊かな自然を生かした青少年交流施設などの文化・交流施設、運動公園や体育館などのスポーツ施設の整備を支援します。

戻る 上へ 次へ

目次へ戻る

お問い合わせ

企画振興部総合政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2230

ファックス番号:089-921-2002

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ