close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2020年12月15日

重点構想3

3.個性と創造力が生きる社会づくり

課題内容

これからの社会は、一人ひとりの生き方そのものの多様化が進み、あらゆる分野における卓越した独創性や創造力が求められる「知恵の社会」を迎えると言われています。穏やかでやさしい反面、競争を避け独創が育ちにくい保守的な県民性を持つと言われる本県にとっては、画一性や横並び意識を薄めつつ、いかにして創造性と活力に富んだたくましい人材を育てていくかがこれからの大きな課題となってきます。

また、県民が持てる能力を存分に発揮でき、21世紀の本県をけん引する産業が次々と創出されるような自由で力強い経済社会を構築していくことが、愛媛の活力を維持していくうえで欠かすことのできない極めて重要な課題です。

対応プログラム

「若さ湧きたつ風」プログラム

新世紀に輝くヒューマンパワーの創造

プログラムのねらい

1.やさしく、たくましい子どもたちの育成

  • 生きる力を高め、個性を輝かせる教育の推進
    たくましく生きる力のかん養や心豊かな人格形成に役立つ教育活動の推進、創造性や感性を重視する教育システムの創造、自主性・自律性を持った主体的な学校づくりの促進などにより、新しい時代の波に対応できる個性豊かなたくましい青少年の育成をめざします。
  • 安心して子どもを産み育てられる環境の整備
    21世紀を担う子どもたちを健やかにはぐくむ人的ネットワークの充実、不安や悩み、病気などからの解放を図るケア体制の確保、子どもたちを犯罪や事故から守る場や遊び場の整備など、子どもや子育てする保護者を温かく包み込む体制づくりを進めます。

2.産業に活力を与える人材の育成

  • 産業を支える人材の育成
    強い意欲や情熱を持った多様な産業リーダーの育成、高度な技能を持った人材の育成など、本県産業の発展に大きな役割を担う中核人材の育成をめざします。
  • 新しい風をおこす挑戦者の輩出
    農林水産業における新たな担い手の確保・育成、すき間(ニッチ)産業や成長産業を開拓・創造する人材の育成など、産業社会に新しい風を吹きおこす挑戦者の輩出をめざします。
1.やさしく、たくましい子どもたちの育成

重点施策

主な施策の内容

生きる力を高め、個性を輝かせる教育の推進

生きる力のかん養や人格形成に役立つ教育活動の推進

  • 社会体験を生かした学習の拡充
    • ボランティア体験 ・就業体験(インターンシップ)
    • 介護体験 ・ものづくり体験や工場見学 など
  • 自然体験を生かした学習の拡充
    • 森林、海洋など自然とのふれあい体験
    • ホームステイ ・こどもエコクラブ活動 など
  • 社会変化に対応した多様な教育の推進
    • 情報教育 ・国際理解教育 ・人権教育 ・福祉教育
    • 環境教育 ・科学技術教育 ・産業教育 など
  • 郷土の歴史や文化を生かしたふるさと教育の推進

知育偏重的教育システムの見直し

  • 高等学校入学者選抜方法の改善
  • 中高一貫教育制度の導入
  • 高等学校への総合学科や単位制の導入拡大

実践的指導力と人間的魅力を備えた教員の養成

  • 間性に重点を置いた教員採用方法の見直し
  • 県総合教育センターにおける研修・研究機能の強化
  • 実践的で専門的な教員研修の拡充
  • 多様な経験を持っている社会人講師の活用

学校の主体的活動の促進

  • 学校ごとの教育目標・教育方針の明確化
  • 教育委員会の関与縮小による学校裁量権限の拡大
  • 学校評議員制度の導入等による家庭や地域との連携強化

少人数学級への取組みと指導方法の改善

  • 教職員配置の段階的改善
  • 少人数学級実現への取組み
  • ティーム・ティーチングの拡充

養護学校等の適正配置

  • 身近に通学できる養護学校等への再編・整備
  • 障害児教育における幼稚部や高等部の拡充

安心して子どもを産み育てられる環境の整備

ヒューマン・ネットワークの充実

  • 地域子育て支援ネットワーク体制の整備
  • 地域における児童健全育成ボランティア組織の育成
  • 児童健全育成ネットワークの構築
  • 児童虐待防止ネットワークの構築

子どもと安心して暮らすことのできる環境の整備

  • 東・中・南予における周産期医療体制の充実
  • 小児救急医療体制の整備
  • 児童館や児童センターの設置促進
  • 県中央児童相談所を中核にした総合相談センター機能の整備
  • 公共施設等へのベビールームや授乳コーナーの設置促進
  • 児童相談所による要保護児童対策支援活動の充実
  • ひとり親家庭等の福祉の充実
2.産業に活力を与える人材の育成

重点施策

主な施策の内容

産業を支える人材の育成

多様な産業リーダーの養成

  • 意欲ある農業者の認定農業者への誘導や法人経営の支援
  • 「21世紀フォレスト・マイスター(仮称)」の養成
  • 先進的な商店街づくりを担う若手リーダーの養成
  • 観光地をグレードアップする「こだわり人材」の育成

高度技能人材の育成

  • 愛媛マイスター制度の創設
  • 県立高等技術専門校の強化による職業能力開発拠点の整備
  • ものづくり協議会の設置による技術・技能の伝承支援

新しい風をおこす挑戦者の輩出

新しい風をおこす挑戦者の輩出

  • 新規就農希望者の総合的な支援
  • 漁業就業者育成センターの設立検討
  • UJIターン者の受入れ促進と定着支援
  • インターンシップ制度の導入促進
  • 再挑戦を支援する社会システムづくり
  • リカレント学習システムの構築
  • 女性や学生をはじめとする起業家育成講座の充実
  • NPOやまちづくり・国際交流リーダーの育成
  • 企業に環境配慮を求める消費者の育成

「イノベーションの風」プログラム

新世紀を切り拓く産業の創造と都心の再構築

プログラムのねらい

1.21世紀型産業の創造

  • 新事業・新産業の創出
    新たな事業活動の展開を図るベンチャー企業の育成、21世紀に成長する新しい産業の創出支援、工業団地の整備・活用による企業誘致の促進など、新しい力の湧出を促進し、産業活動の活発化をめざします。
  • 観光産業の振興
    新しい観光資源の創出や広域観光ルートの形成、愛媛県観光のバリエーション拡大、海外からの観光客誘致など、交流新時代における観光産業の振興を図ります。
  • 産業国際化の推進
    松山港及び愛媛国際貿易ゾーンにおける貿易基盤の整備、グローバルビジネスの振興など、本県企業の国際的経済活動の拡充を図ります。
  • 21世紀型農林水産業の振興
    地域の実情に応じた生産基盤の整備、競争力の高い産地の創造など、環境との調和を図りながら、担い手が意欲を持って打ち込める付加価値の高い21世紀の農林水産業づくりを進めます。

2.技術力向上支援体制の強化

  • 産業・科学技術振興方針の確立
    科学技術振興指針や産業技術研究開発基本方針の策定により、今後期待される研究開発部門への取組みの方向を明らかにし、知的創造性の高い科学技術の開発をめざします。
  • 試験研究機能の充実
    畜産総合センター、みかん研究所の設置をはじめ県繊維産業・製紙・窯業の各試験場の再整備など試験研究機関の拡充に取り組むとともに、産学行や県外の試験研究機関との連携強化、研究成果情報の有効活用など、県内産業の技術力向上や競争力確保を促進する支援体制づくりを進めます。

3.中心市街地の再構築

  • 中心市街地の活性化
    市街地再開発事業や土地区画整理事業の促進、商店街等の再生に向けた支援策の推進など、新しいまちと魅力ある商店街の形成を図り、中心市街地の活性化をめざします。
  • 都心居住の促進
    快適な住環境の整備や土地の有効利用の促進など、人口空洞化による活力低下が進行する都心の居住機能を回復します。
  • 都市内交通体系の整備
    バイパスや環状道路、街路の整備のほか、歩行者最優先地区(コミュニティゾーン)やバス接近表示システムの導入促進など、極めて利便性の高い都市内交通体系の整備に努めます。
1.21世紀型産業の創造

重点施策

主な施策の内容

新事業・新産業の創出

ベンチャー企業の育成

  • 新事業創出支援体制(地域プラットフォーム)の構築
  • 新事業創出に向けた事業者等への資金面での支援強化
  • ビジネス・サポート・オフィスの充実
  • ベンチャー企業開発製品の販路拡大支援
  • 商業インキュベート施設の整備
  • 県内高等教育機関と地域産業との連携促進

新産業の創出支援

  • 情報関連産業の育成
    • 情報スーパーハイウェイの有効活用方策等の検討
    • 財団法人 愛媛県産業情報センターの機能強化
    • マルチメディアフェスティバルの開催
  • 福祉関連産業の振興
    • 産学行民の情報交流の場の設置
    • 高齢者向け商品やサービスに関する情報提供
    • 介護機器等の研究開発を行う企業等の支援
  • 公設試験研究機関内への試作品づくり施設の整備

企業誘致の促進

  • 企業誘致制度の拡充
  • 東予インダストリアルパークを活用した先端技術型中小企業の集積促進
  • ソフトパーク(未来型知識産業団地)の整備促進

観光産業の振興

観光産業の振興

  • 新しい観光資源の創出と広域観光ルートの形成
  • 愛媛観光のバリエーション拡大
  • 世界に誇れる観光地形成と海外からの観光客誘致の促進

産業国際化の推進

貿易基盤の整備

  • 松山港新外貿ふ頭コンテナターミナルとFAZ関連道路の整備促進
  • 環太平洋地域等への定期貨物航路の拡充
  • 愛媛国際貿易ゾーンへの貿易型企業の計画的集積の促進

国際ビジネスの振興

  • 愛媛エフ・エー・ゼット 株式会社の機能拡充
  • 貿易関連業務サポート体制の充実と県内企業の国際商取引の拡大促進
  • 国際見本市や輸入促進商談会の開催
  • 海外見本市への出展支援などを通じた本県企業の情報発信の促進
  • 国際的な視野を持ったビジネスマンの育成

21世紀型農林水産業の振興

地域の実情に応じた生産基盤の整備

  • 農地流動化の促進
  • 立地条件に即した農業生産基盤の整備
  • 中山間地域等における直接支払制度の活用
  • 新たな森林の維持管理体制の整備
  • 大規模人工礁漁場の造成など、つくり育てる漁業の強化

競争力の高い産地の創造

  • 安全・本物志向への対応や低コスト農業の展開による競争力の高い個性化産地づくり
  • 農産品集出荷施設の効率的な運営と機能強化
  • 生産から加工・流通まで一貫した低コスト林業システムの確立
  • 多様な木材商品ニーズに対応した新たな加工・流通体制の整備
  • 県産材利用促進運動の展開
  • 水産物の安定供給体制や魚類防疫体制の整備
  • 愛媛ブランドの水産物づくりの推進
2.技術力向上支援体制の強化

重点施策

主な施策の内容

産業・科学技術振興方針の確立

新たな産業振興方策の策定

  • 科学技術振興指針の策定
  • 産業技術研究開発基本方針の策定

試験研究機能の充実

畜産総合センターの整備

  • 県の畜産関係試験場の再編・整備検討

みかん研究所の整備

  • ミカンに関する総合的な研究・交流拠点の整備検討

県繊維産業・製紙・窯業の各試験場の再整備

  • 産地立地型の開かれた試験研究機関としての再整備検討

既存試験研究機関の機能強化

  • 県の農林水産関係試験場の機能強化
  • 県工業技術センター等の機能強化

研究機関の連携強化

  • 産学行共同研究の推進
    • 大学や公設試験研究機関の研究シーズと企業技術力の活用
    • 戦略的研究検討会の設置
  • 近隣府県試験研究機関との共同研究の推進

研究成果の有効活用

  • 研究成果情報の効率的かつ的確な伝達システムの構築
3.中心市街地の再構築

重点施策

主な施策の内容

中心市街地の活性化

中心市街地の整備改善

  • JR松山駅周辺及び伊予鉄道松山市駅周辺など市街地再開発事業の促進
  • JR新居浜駅周辺など土地区画整理事業の促進

商店街等の再生

  • 面的な商業活性化策の推進
  • まちづくり機関の設立支援
  • 中心市街地の大型店の空き店舗・跡地対策の推進

都心居住の促進

住環境の充実

  • バリアフリー住宅や多様な民間賃貸住宅整備の促進
  • 歩行者の安全を最優先する歩行者最優先地区(コミュニティゾーン)などの設置促進

都市内交通体系の整備

都市内交通体系の整備

  • 交通需要マネジメントの効果的な実施検討
    [公共交通機関の利用促進、時差出勤など]
  • 多様な機能を持つ街路の整備
  • 市街地通過交通量の減少に向けたバイパス等の整備促進
  • 都市中心部と郊外の大型施設や交通ターミナル等を結ぶ新しい公共交通システムの導入可能性の検討
  • 都市部におけるバス接近表示システムの導入促進

戻る 上へ 次へ

目次へ戻る

お問い合わせ

企画振興部総合政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2230

ファックス番号:089-921-2002

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ