close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2011年4月1日

第五次愛媛県長期計画の概要

1.計画の名称

主題

第五次愛媛県長期計画

副題

新しい愛媛づくり指針

2.計画の構成

第1部基本理念

新しい愛媛づくりの基本理念

第2部推進姿勢

県民の県民による県民のための県政の推進

第3部重点構想

新しい風おこしプログラム

第4部基本計画

第5部計画策定の背景

  1. 今日の愛媛の姿
  2. 21世紀への時代の潮流
  3. 人口・経済などの見通し

3.計画の目標年次

目標年次

平成22年(西暦2010年)

計画期間

平成12年(2000年)度~平成22年(2010年)度

 4.計画の内容

1.基本理念

「共に創ろう誇れる愛媛」

県民の愛媛への熱い思いや夢を実現し、住むことを誇りに思える魅力あるふるさとを創っていきたい、そんな思いを「誇れる愛媛」という言葉に託しました。そして、この共通の目標に向かって、県民の皆さんの参加と協力を頂きながら、21世紀の新しい愛媛を共に創造していきたいと願うものです。

2.基本目標(基本政策)

新しい愛媛づくりに向け、県民みんなで取り組んでいく目標として、次の5つを掲げます。

  • 《躍動えひめ》人や文化が明るく伸び伸びと躍動する「愛媛」
  • 《共生えひめ》共に助け合い健やかな人生がおくれる「愛媛」
  • 《快適えひめ》さわやかな環境と安心で快適な生活を楽しめる「愛媛」
  • 《活力えひめ》創造性豊かで競争力の高い活力ある産業が育つ「愛媛」
  • 《交流えひめ》人と人、地域と地域が力強く結ばれる「愛媛」

 3.推進姿勢

「県民の県民による県民のための県政」を計画推進の基本姿勢に位置付けるとともに、計画推進に向けた県の姿勢や行政運営方針として、次の6項目を掲げます。

  1. 県民が主役の開かれた県政の推進
  2. 県民が積極的に参画する県政の推進
  3. 県民のための効率的な県政の推進
  4. 地方分権時代にふさわしい行政体制の整備
  5. 県土基盤投資の計画的推進
  6. 計画の進行管理と適正評価

 4.重点構想

―新しい風おこしプログラム―

県民にとって「より重要なものは何か(重要性)」「より緊急にやっておかなければならないものは何か(緊急性)」の観点から選定した5つの重点課題を解決するため、ソフト・ハード両面からの施策を効果的に組み合わせた重点構想「新しい風(NEWWIND)おこしプログラム」を構築するとともに、この6つの“風”プログラムに示された施策への優先的な取組みを進めていきます。

重点課題1県民の総合力が生きる社会づくり

「人間共生の風」プログラム……県民の力を結集する共生愛媛の創造

  1. 女性が力を発揮できる社会システムづくり
  2. 高齢者が力を発揮できる社会システムづくり
  3. 県民の県民による地域社会づくり

重点課題2環境と自然が生きる社会づくり

「エコロジカルな風」プログラム……環境先進県愛媛の創造

  1. 美しく潤いのある県土づくり
  2. 環境と共生する社会づくり
  3. 循環社会の実現
  4. 偉大なる田舎(グレートカントリー)の創造

重点課題3個性と創造力が生きる社会づくり

「若さ湧きたつ風」プログラム……新世紀に輝くヒューマンパワーの創造

  1. やさしく、たくましい子どもたちの育成
  2. 産業に活力を与える人材の育成

「イノベーションの風」プログラム……新世紀を切り拓く産業の創造と都心の再構築

  1. 21世紀型産業の創造
  2. 技術力向上支援体制の強化
  3. 中心市街地の再構築

重重点課題4交流が生きる社会づくり

「にぎわいの風」プログラム……集いにぎわう交流県愛媛の創造

  1. しまなみ広域交流の推進
  2. 広域的な交流・連携の推進
  3. 高速交通ネットワークの整備
  4. 人びとが集う愛媛づくり

重点課題5高度情報化が生きる社会づくり

「電網の風」プログラム……情報ネットワーク愛ランドの創造

  1. 愛媛情報スーパーハイウェイの構築
  2. 生活・産業・地域を高める情報システムの整備
  3. 情報活力空間を支える人・基盤づくり

 5.分野別基本計画

先に掲げた5つの基本政策に沿った5章立てとし、より具体的な内容となる27の主要政策ごとに、今後展開していくべき1,034の施策を体系的に取りまとめています。

  1. 人や文化が明るく伸び伸びと躍動する「愛媛」を創るために
    1. 未来を拓く青少年の育成
    2. 心豊かな生涯学習社会の形成
    3. スポーツ立県の実現
    4. 個性豊かな文化の創造
  2. 共に助け合い健やかな人生がおくれる「愛媛」を創るために
    1. 一人ひとりを認め合う平等と参加の地域社会づくり
    2. 生涯を通じた健康づくりの推進
    3. 質の高い医療供給体制の整備
    4. 共に助け合い共に生きる福祉社会の形成
  3. さわやかな環境と安心で快適な生活を楽しめる「愛媛」を創るために
    1. 環境保全活動に参加する社会の実現
    2. 環境への負荷が少ない循環社会システムの構築
    3. 自然と人間との共生
    4. 安全で快適な生活環境の整備
    5. 災害に強い県土づくり
  4. 創造性豊かで競争力の高い活力ある産業が育つ「愛媛」を創るために
    1. 未来型知識産業の創造
    2. 農業の振興
    3. 林業の振興
    4. 水産業の振興
    5. 中小企業の振興
    6. 国際化に対応した産業環境の創造
    7. 商業・観光産業の振興
    8. 雇用対策の推進と職業生活の充実
  5. 人と人、地域と地域が力強く結ばれる「愛媛」を創るために
    1. 瀬戸内三橋時代における広域交流・連携の推進
    2. 高度情報通信社会の創造
    3. 中核都市圏の機能強化と多自然居住地域の創造
    4. 魅力あるまちづくりの推進
    5. 効率的な県土利用と水資源の安定的な確保
    6. 地球交流時代における国際交流・協力の推進

 6.地域別基本計画

従来の県内6圏域の区分による圏域別計画に加え、今回新たに、より広域的な視野に立った3つの「広域交流圏」や、隣接県との一体的な発展をめざす5つの「県際交流圏」を設定するなど、三層構造による県土整備の方向を示しています。

1.生活経済圏の整備

県民の日常生活や経済活動の舞台となる6つの圏域を設定し、自然環境や社会経済などの圏域特性を踏まえた目標像と圏域づくりの基本方向を示すとともに、それを実現するために展開する県及び市町村の施策を示しています。

  • 宇摩圏域
  • 新居浜・西条圏域
  • 今治圏域
  • 松山圏域
  • 八幡浜・大洲圏域
  • 宇和島圏域

圏域を示す図

2.広域交流圏の形成

都市間競争の激化や高速交通・通信体系の整備進展に対応するための、より広域的な視点に立った連携強化や機能分担による『広域交流圏』の形成方向を示しています。

  • 瀬戸内ハートランドシティ広域交流圏
  • 南予ライフランド広域交流圏
  • 四国交流エリア広域交流圏

広域交流圏を示す図

3.県際交流圏の形成

共通する資源を有する隣接県との多様な交流と連携を活発化させることにより、一体的発展をめざす県境地域を5圏域設定し、今後の交流・連携の推進方向を示しています。

  • 四国中央県際交流圏
  • 四国やまなみ県際交流圏
  • 四国西南県際交流圏
  • 瀬戸内しまなみ県際交流圏
  • 豊予海峡県際交流圏

県際交流圏を示す図

7.21世紀への時代の潮流

  1. 少子・高齢の時代
  2. 瀬戸内三橋の時代
  3. 高度情報の時代
  4. 地球交流の時代
  5. 環境と共生の時代
  6. 個性と創造力の時代
  7. 安心とゆとりの時代
  8. 自主・自立・参加の時代

8.人口・経済などの見通し

人口・経済などの見通し

 

1995年

2010年

 

 

1,507千人

1,430千人

年少人口は7万人以上の減少
老年人口は9万人以上の増

交流人口

(県際)

(県内)

1,180万人

2,100万人

1.8倍程度に拡大

7億3,480万人

8億500万人

1.1倍程度に拡大

県内総生産

4兆7,900億円

6兆2,000億円

年平均の経済成長率は1.6%程度(実質)

県民所得

2,521千円

3,600千円

年平均の伸び率は2.5%程度

5.計画の特徴

1.県民の県民による県民のための長期計画

県、市町村、県民が一体となった県民総意の計画づくりをめざし、特に平成11年度からは、「県民の県民による県民のための長期計画」をコンセプトに据え、

  • 策定組織への公募委員の導入(昨年6月)
  • 県民からのキ-ワ-ド・問題点募集(昨年6月)
  • 知事と市町村長による「21世紀のえひめを語る会」の開催(昨年8月)
  • 小中学生が描く愛媛の未来画コンクール(昨年9月)
  • 中間案の公表と意見募集(昨年12月)

など、パブリック・コメントの手法を随所に導入し、計画づくりへの県民参加の一層の拡大に努めました。

また、計画では、「県民の県民による県民のための県政」を計画推進の基本姿勢に位置付けるとともに、県民参加による県づくりの方向を様々な形で打ち出しています。

さらに、県民にとってより分かりやすい計画とするため、構成や様式を工夫し、施策内容もできる限り具体的に記述することに努めました。

2.人口減少社会への対応

本計画では、2010年の愛媛県の人口を143万人程度と推計するなど、今後、若年層を中心に人口の減少が避けられないとの危機感を強く打ち出しています。

これに歯止めをかけ、人口減少のスピードを少しでも遅らせるため、子どもの健全育成のための環境整備や働く女性の子育て応援体制づくりなど、人口減少の主因となる少子化への対応を図ることとしています。

また、人口減少が社会に与える影響を緩和させるための対策として、男女共同参画社会の実現、高齢世代の社会参加の促進、県民による地域社会づくりの推進など、県民の持つ潜在力を引き出し、地域社会づくりの新たな推進力として生かしていくための環境づくりに取り組んでいくこととしています。

さらに、新しい概念である「交流人口」に着目し、交流の活発化を促進しつつ、その恩恵を最大限に享受することで、人口減少が与える影響を緩和し社会活力を向上させることをめざしています。

3.「政策選択」と「ソフト重視」

今後、国や自治体が困難な財政運営を強いられる見通しのなかで、「政策の選択」と「ソフト施策の重視」という2つの視点を基本とする方向へと政策を転換していくこととしています。

そのため、県民にとってより重要で緊急度が高いと思われる5つの重点課題を選定し、課題解決に必要な施策をハード・ソフト両面から効果的に組み合わせた「新しい風おこしプログラム」を構築し、優先的な取組みを進めていくこととしています。

4.県際交流圏の設定

共通する資源を有する隣接県との多様な交流と連携を活発化させることにより、一体的発展をめざす5つの県際交流圏を、本県の長期計画として初めて設定し、観光、産業、生活、文化など様々な分野での県境を越えた機能分担や地域資源の相互活用など、今後の交流・連携の推進方向を提案しています。

5.実施計画の策定

長期計画を着実に推進していくため、計画の実質的な推進期間となる10年間(2001~2010)を5年ごとの2期に分け、前・後期それぞれにおいて、計画本体に示された政策を具体化する個々の施策・事業を体系的に整理した実施計画を作成します。

実施計画には、個別の政策・事業の目標や成果を数値で表す評価指標を導入することとしています。

6.「第五次愛媛県長期計画」策定の経緯等」

1.計画づくりへの県民参加の促進」

県民のみなさんや市町村の方々と、これまで以上に密接な連携を図り、その御意見や御要望をしっかりと把握し、計画への反映に努めたいと考えました。

そのため、「愛媛の問題点」、「2010年までの愛媛づくりのキーワード」、専門部会に参画して頂ける「公募委員」、小・中学生が描く夢のある「未来画」の4つの募集を行うとともに、中間案の公表中間案の公表と意見募集を実施するなど、県民参加の機会拡充に努めました。

2.「第五次愛媛県長期計画」の策定体制

「新しい愛媛県長期計画」の策定体制

3.「第五次愛媛県長期計画」策定・審議状況

お問い合わせ

企画振興部総合政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2230

ファックス番号:089-921-2002

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ