close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化 > 関連施設 > 文化交流施設整備構想の検討 > 愛媛県文化交流施設整備構想検討委員会専門部会設置要領

ここから本文です。

更新日:2018年1月13日

愛媛県文化交流施設整備構想検討委員会専門部会設置要領

(設置)

第1条 愛媛県文化交流施設整備構想検討委員会設置要綱(平成13年4月18日制定)第5条の規定に基づき、愛媛県文化交流施設整備構想検討委員会(以下「委員会」という。)に別表左欄に掲げる専門部会(以下「専門部会」という。)を設置する。

(任務)

第2条 専門部会は、別表左欄に掲げる区分に応じ、同表中欄に掲げる施設等に関し、次に掲げる事項について検討を行い、その結果を委員会会長に報告する。

(1)各施設の整備方針

(2)各施設の整備内容

(3)その他部会長が必要と認める事項

(組織)

第3条 各専門部会は、知事が委嘱する委員11人以内をもって組織する。

2 各専門部会に部会長を置く。

3 部会長は、各専門部会の委員が互選する。

4 部会長は、各専門部会を代表し、会務を総理する。

5 部会長に事故があるときは、あらかじめ部会長が指名した委員がその職務を代行する。

(会議)

第4条 各専門部会の会議は、部会長が招集し、議長となる。

2 各専門部会は、必要があるときは、部会委員以外の者の出席を求め、その意見を聴くことができる。

(解散)

第5条 専門部会は、その任務が達成されたときに解散する。

(庶務)

第6条 各専門部会の庶務は、別表左欄に掲げる区分に応じ、同表右欄に掲げる課において処理する。

(補則)

第7条 この要領に定めるもののほか、専門部会の運営に関し必要な事項は、部会長が定める。

附則

この要領は、平成14年6月14日から施行する。

別表(第1条、第2条、第6条関係)

専門部会名

担当施設等

庶務担当課

図書館専門部会

図書館(映像コーナーを含む)、公文書館

教育委員会生涯学習課

国際交流センター専門部会

国際交流センター(パスポートセンターを含む)

県民環境部国際交流課

ホール専門部会

文化活動支援型多機能ホール

教育委員会文化スポーツ部文化振興課

広域交流施設等検討専門部会

広域交流施設等の内容、効率的整備運営手法

企画情報部企画調整課

戻る

お問い合わせ

企画振興部総合政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2230

ファックス番号:089-921-2002

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ