文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 知事 > ようこそ!愛媛県知事室へ > 知事記者会見録 > 平成15年度重要施策要望に関する知事記者発表の要旨について

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

平成15年度重要施策要望に関する知事記者発表の要旨について

日時 14年6月17日

場所 知事会議室

 

(知事)
平成15年度政府予算の概算要求に向けて、本県の最重点要望項目を取りまとめましたので、発表させていただきます。項目の選定にあたりましては、昨年度と同様、地方分権の推進や国の公共事業に対する取組み方針等を踏まえまして、効果的・効率的な要望活動を行う方針のもと、現時点で、国に対し、特に提案・要望する必要があるものを厳選いたしました。
項目数については、昨年11月の要望項目から、概ね目的が達成された項目を削除いたしまして、新たな項目を追加した結果、1項目減の23項目となっており、県の重要施策として適当な数字ではないかと思っております。
新規項目のうち、特に「愛媛大学無細胞生命科学工学研究センター」につきましては、愛媛大学の遠藤教授が世界に先駆けて開発しましたタンパク質を自由に作り出す技術を活用し、タンパク質の機能解析や新しい製薬の開発など、ポストゲノム研究の拠点となるものでございまして、文部科学省に対して、積極的に働き掛けたいと考えております。愛媛大学の方では、ノーベル賞ものであるということでございましたし、私も素人なりにいろいろ勉強させてもらいましたが、無細胞タンパク合成ということは、これからの21世紀の大きな大きな役割を果たすことができるものだと強く期待をいたしております。
このほか、福祉関係では、県立医療技術短期大学が4年制大学に円滑に移行するために必要な大学設置認可、農林関係では、価格の暴落により極めて厳しい状況にあります「うんしゅうみかんの経営安定対策」や手入れがされないまま放置された森林の機能回復を図るための「森林環境保全整備事業の拡充」について、新たに要望することといたしました。
また、全国に比べて遅れております社会資本整備の面では、新たに、JR松山駅の連続立体交差事業の実質的な事業採択となります新規着工準備採択と松山港多目的国際ターミナル大型岸壁の新規着工を要望いたしますほか、四国8の字ルートの早期完成に向けた高速道路の整備をはじめとする道路整備や、山鳥坂ダムの建設事業の促進等についても、引き続いて力を入れて要望することといたしました。詳細につきましては、後ほど企画情報部長から説明いたします。
なお、要望日程は、6月議会終了後の7月10日及び11日を予定いたしておりまして、私自らが上京して各省庁の幹部に対する要望を行いたいと考えております。以上でございます。

 

(質問)
今回の重要施策要望で目玉的に位置付けているものは何か。

 

(知事)
私の感覚としては、愛媛大学の無細胞生命科学工学研究センターは、おそらく全世界的にも注目されることだと思いますし、また、独立行政法人化に向けております愛媛大学にとりましても、目玉商品として今後の発展が大きく期待される分野だと、そう認識しておりますので、愛媛県としても、全面的強力にバックアップして、実現を図りたいと思っております。それと、森林環境保全整備事業の拡充については、おそらくこれは、多くの同様な状況を抱えた県のご賛同が得られるものと思っておりまして、愛媛県の要望と同様な形で各県取り組んで頂きますれば、国を動かす力になり得るのかなと、そんな意味でがんばりたいと思っております。

 

(質問)
新規に「上島架橋の推進」が入っているが、これは地元の合併に向けた動きを受けて盛り込んだものか。

 

(知事)
そうですね、当然のことながら、生名-岩城-弓削が合併しても、橋がなければ、なかなか行政の効率性を期しがたいという点もありますし、合併の方向ということで、県としてもそのスピードアップを図りたいという意味で、展望が見えるように国側の配慮をお願いしたいという趣旨でございます。ただ、今、名乗りを挙げたからすぐという形では、順番的に全国各地の状況あるでしょうから、道行きは楽観を許しませんけれども、少なくとも、合併重点地域に指定をして、国としての合併重点地域だという認識をもって対応してもらえれば、そういった点では、採択の方向へ向けてのステップは早まるものと期待をいたしております。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画振興部総合政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2230

ファックス番号:089-921-2002

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ