close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 選挙・市町行政 > 県内市町による自治体クラウド導入に向けた協定締結について

ここから本文です。

更新日:2020年8月6日

県内市町による自治体クラウド導入に向けた協定締結について

 この度、県内の7市町(※1)は、令和4年度からの自治体クラウド(※2)導入に向けて、8月7日付けで「情報システムの共同利用に関する協定書」を締結しますので、お知らせします。

※1・・・八幡浜市、大洲市、西予市、久万高原町、内子町、伊方町、鬼北町(事務局は大洲市。令和4年度以降、準備ができた市町から順次参加予定。)

※2・・・複数の自治体によりクラウド化された情報システムを共同運用するものであり、割り勘効果による情報システムに要する経費、人的コストの削減や、データセンターの活用により自然災害に強く、情報セキュリティ面の確保などの効果が期待される。

 

お問い合わせ

総務部市町振興課 行政係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2211

ファックス番号:089-912-2209

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ