close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 選挙・市町行政 > 愛媛県市町振興課 > 行革甲子園 > 行革甲子園2022の事例募集について(受付終了)

ここから本文です。

更新日:2022年6月15日

行革甲子園2022の事例募集について(受付終了)

 愛媛県では、全国の市区町村の創意工夫あふれる取組を発表・表彰する「行革甲子園2022~創・効・種で魅せる!地方公務員によるもう一つの甲子園~」を開催します。多くのノウハウを共有し、自らの取組に活用していただくことが目的ですので、全国から一つでも多くの応募をお待ちしております。

 応募にあたっては、審査を希望しない応募(事例共有のみ)も可能です。応募のあったすべての取組はホームページで公開し、応募団体をはじめ多くの関係機関で共有させていただきたいと考えておりますので、先進性や取組の大小にかかわらず応募いただきますようお願いします。
 なお、過去の行革甲子園で既に応募した事例についても、その後、取組が拡大・深化している場合は応募可能です。

募集期間

 令和4年3月22日(火曜日)~5月20日(金曜日)      募集を締め切りました。

応募資格

 全国の市区町村(一部事務組合等を含む)

対象事例

市区町村が取り組む「行政改革事例」とします。ここでの「行政改革事例」とは、行政運営や事業実施における「効率化事例」や「効果の拡大事例」、「新しい手法の導入事例」等とし、例えば、次のような事例を対象とします。

  1. 他の市区町村や都道府県との連携による効率化・効果拡大事例
  2. 公共施設等の有効活用・効果的なマネジメント事例
  3. 民間企業や大学等の知恵・ノウハウ・資金・パワーの有効活用事例
  4. デジタル技術の活用による効率化・課題解決事例
  5. 業務効率化や働き方改革に関する事例
  6. 歳入増加や経費削減、組織の見直し事例
  7. 住民との協働や住民のネットワーク等の活用事例
  8. 新たな手法の導入等による地域活性化事例
  9. SDGsの達成に向けた持続可能なまちづくりに関する事例
  10. その他の先進的・独創的な事例

応募方法

次の3つのデータをダウンロードし、必要事項を入力のうえ、メールにて提出してください。

(参考)エントリーシート等の作成にあたっては、過去の行革甲子園の事例をご参照ください。

 行革甲子園の提出事例

 行革甲子園2014の提出事例

 行革甲子園2016の提出事例

 行革甲子園2018の提出事例

 行革甲子園2020の提出事例

 提出先

 愛媛県 総務部 総務管理局 市町振興課

 メールアドレス g-koushien@pref.ehime.lg.jp

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部市町振興課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2216

ファックス番号:089-912-2209

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ