文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 税金 > 申告・納税 > 令和元年度徴収確保対策の概要

ここから本文です。

更新日:2019年9月6日

令和元年度徴収確保対策の概要

県税収入は、県財政を支える根幹であり、厳しい財政状況の中で、税負担の公平性の確保や納税者の信頼に基づく県政を展開する観点から、これまで以上に県税の徴収確保対策に取り組まなければならない。県は、平成15年度を「滞納整理元年」と位置付け、大多数の納期内納税者の視点に立ち、滞納処分(差押)を前提とした滞納整理を積極的に推進している。平成30年度は、預金や給与などの差押を中心に効果的・効率的な滞納整理に取り組んだ結果、県税徴収率は99.11%(29年度比0.17ポイント増)と8年連続で上昇し、平成元年度以降で初めて99%を超え、また、県税滞納繰越額は約11億4,300万円(同約2億6,700万円減)と、着実に成果を上げています。

今年度は、平成28年度に策定した【長期数値目標(H28~R2)】の達成に向け、今年度も引き続き、全職員が一丸となって、県税徴収率の向上及び県税滞納繰越額の縮減に取り組むこととし、

(1)迅速な滞納整理と早期解決を目指した進行管理の徹底

(2)効果的・効率的な滞納整理と公正・厳格な滞納処分の実施に重点を置きます。

特に、滞納繰越件数の約8割を占める「自動車税」について、重点的に徴収確保対策に取り組むほか、滞納繰越額の約75%を占める「個人県民税」については、県税徴収率向上と滞納繰越額の削減を図るうえで”特に重要な税目”であるため、市町との連携強化を図り、各種の徴収確保対策に取り組むこととしています。

長期数値目標(H28~R2)

徴収確保基本方針

数値目標及び活動目標

参考1

【県税徴収率と全国順位の推移】(単位:%)

年度

H14

H15

H16

H17

H18

H19

H20

H21

H22

H23

H24

H25

H26

H27

H28

H29

H30

徴収率

94.50

94.44

95.53

96.09

96.57

97.38

97.00

96.50

96.37

96.50

96.79

97.18

97.63

98.40

98.68

98.94

99.11

全国順位

42位

42位

37位

35位

37位

21位

25位

18位

25位

23位

22位

23位

26位

9位

6位

4位

2位

考2

【県税滞納繰越額の推移】(単位:百万円)

年度

H14

H15

H16

H17

H18

H19

H20

H21

H22

H23

H24

H25

H26

H27

H28

H29

H30

滞納繰越額

6,628

5,666

5,081

4,446

3,765

3,834

4,204

4,236

4,332

4,109

3,721

3,188

2,600

1,939

1,688

1,410

1,143

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部税務課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2204

ファックス番号:089-912-2199

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ